木曜日, 8月 13, 2020
ホーム ニュース 2021年モデルの自転車まとめ GIANTのオールラウンドロードバイク「CONTEND」シリーズの2021年モデルが登場

GIANTのオールラウンドロードバイク「CONTEND」シリーズの2021年モデルが登場

GIANTからオールラウンドロードバイク「CONTEND」シリーズの2021年モデルが登場した。

写真はCONTEND AR1(出典:giant.co.jp、以下同)

CONTENDシリーズはGIANTのオールラウンドロードバイクのシリーズ。レーシングモデルの「TCR」と、エンデュランスモデル「DEFY」のアルミモデルを融合させたロードバイクとして知られている。CONTENDシリーズには、ALUXXアルミフレームを採用し、10万円以下でエントリー向けの「CONTEND」シリーズ。軽量なALUXX SLアルミフレームにチューブレスレディタイヤを装備し、オンロードライドの軽快さを重視した「CONTEND SL」シリーズ。38ミリ幅タイヤが装着でき、安定感が高く、様々な遊びができるディスクロードバイク「CONTEND AR」シリーズの3シリーズが用意されている。

CONTENDシリーズ

エントリーモデルの「CONTEND」シリーズは10万円以下で購入できるお手頃価格のロードバイク。ALUXXアルミフレームを採用したフレームは、スポーティなロードバイクとしては、前傾姿勢が比較的緩く、安定性が高く快適な28ミリ幅タイヤを採用した。また、上位モデルと同じく、快適性重視のD-Fuseピラーやオフセットシートステイ、フルカーボンフォーク、内装式ケーブルを採用している。

CONTEND 2は、CONTENDシリーズで一番安いエントリーモデルで上体を起こしたままで操作が可能なサブブレーキレバーを採用。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはFSA TEMPO Compact 50/34T、スプロケットはShimano HG50, 11-34 8速。ブレーキはTektro TKB177 キャリパーブレーキ。タイヤはGIANT S-R3 AC 700x28C。価格は8万6000円(税抜き、以下同)。

CONTEND 1は、CONTEND 2をベースにシマノ Soraコンポーネントに変更したモデル。コンポーネントはShimano Soraで、クランクはShimano Sora 50/34T、スプロケットはShimano HG400, 11-34 9速。ブレーキはTektro TKB177 キャリパーブレーキ。タイヤはGIANT S-R3 AC 700x28C。価格は10万円。

CONTEND SLシリーズ

CONTENDの上級モデル「CONTEND SL」シリーズは、上級アルミ素材「ALUXX SL」フレームのオールラウンドロードバイク。剛性を維持しながら軽量化したフルカーボンフォークと、オフセットシートステイ設計が、振動吸収性を向上させ快適性を高めている。28mm幅チューブレスレディタイヤ「GAVIA FONDO」を採用し、オンロードの走行性能を重視している。

CONTEND SL2は、CONTEND SLシリーズのエントリーモデル。コンポーネントはShimano TIAGRAで、クランクはShimano TIAGRA 50/34T、スプロケットはShimano HG500, 11-34 10速。ブレーキはTektro TKB177 キャリパーブレーキ。タイヤはGIANT GAVIA FONDO 2 700x28C Tubeless Ready。価格は13万5000円。

シマノ 105コンポーネントを採用したCONTEND SL1。コンポーネントはShimano 105で、クランクはShimano RS510 50/34T、スプロケットはShimano HG700, 11-34 11速。ブレーキはTektro TKB177 キャリパーブレーキ。タイヤはGIANT GAVIA FONDO 2 700x28C Tubeless Ready。価格は15万円。

CONTEND ARシリーズ

CONTEND AR シリーズは、「コンテンド」をベースにしつつ、オールマイティな楽しみ方ができるディスクロードバイク。ALUXXアルミフレームには、高めのスタックハイトと38ミリ幅タイヤやフェンダーが装着可能で、スポーツライド以外の楽しみ方ができる。D-Fuseピラーと32mm幅タイヤを装着することで、乗り心地も重視した新コンセプトのオールロードだろう。

CONTEND AR4は、CONTEND ARシリーズで一番安いエントリーモデル。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはFSA TEMPO Compact 50/34T、スプロケットはShimano HG50, 11-34 8速。ブレーキはTektro MD C550機械式ディスクブレーキ。タイヤはGIANT S-R3 AC 700x32C。価格は10万5000円。

CONTEND AR3は、CONTEND AR4。コンポーネントはShimano Soraで、クランクはShimano SORA 50/34T、スプロケットはShimano HG400, 11-34 9速。ブレーキはTektro MD C550機械式ディスクブレーキ。タイヤはGIANT S-R3 AC 700x32C。価格は12万5000円。

CONTEND AR1は、CONTEND ARシリーズのトップモデル。シマノ・105コンポーネントと油圧ディスクブレーキを装備しているコンポーネントはShimano 105で、クランクはShimano RS510 50/34T、スプロケットはShimano HG700, 11-34 11速。ブレーキはシマノ105油圧式ディスクブレーキ。タイヤはGIANT GAVIA FONDO 2 700x32C Tubeless Ready。価格は20万円。

関連リンク

2021年モデル ロードバイク/グラベルロード最新情報まとめ【随時更新】

特別特集【Sponserd】