2020年モデルの自転車まとめ クロスバイク・トレッキングバイク

ディスクブレーキが付いた650Bクロス「GIANT GRAVIER Disc」

投稿日:2019/09/13 更新日:

グラベルロードブームの流れで、クロスバイクにも太いタイヤを装着したグラベルクロスバイクが増えつつある。そんなグラベルクロスバイクの先駆車と言えるのが「GIANT GRAVIER」だろう。

Escape Rより多目的に使えるクロスバイク GIANT GRAVIER/Liv GRAMME

GIANT GRAVIERは軽量なフレームに、650B用のホイールとタイヤを搭載したクロスバイク。軽量フレームの軽快な走りに、太いタイヤの安定性も持っており、多目的な使い方を行う人にピッタリのクロスバイクだ。そんなGRAVIERで気になっていたのがディスクブレーキモデルが無かったことだが、2020年モデルでついにディスクブレーキモデル「GRAVIER DISC」が登場した。

出典:giant.co.jp

GRAVIER DISCは名前の通りディスクブレーキを搭載している。ブレーキはSHIMANO MT200油圧ディスクブレーキ。6万円台で軽い力で握れる油圧ディスクブレーキが装着されているのは貴重だ。

ギアはフロント3段、リア8段の24段変速。近年流行のフロントダブルやフロントシングルではない古典的な組み合わせだが、峠越えやグラベルライド、ロングツーリング等、幅広い使い方に対応している。グリーンやネイビーのフレームカラーや、ブラウンサイドのタイヤは、アドベンチャーバイクをイメージさせるだろう。

GRAVIER DISCはクロスバイクのスタンダードになるか?

クロスバイクと言えば、GIANT Escape R3のように、舗装路を軽快に走行できるスピードクロスが一般的だ。しかし、クロスバイクは舗装路のサイクリングだけでなく、荒れた道がある街中や、砂利道など幅広い道を走る必要がある。そんな人にはグラベルクロスバイクが合っている。その中でもGRAVIER DISCは、GIANTの販売網や¥62,000と手頃な価格等で売れるだろう。

GRAVIER DISCのようなグラベルクロスバイクをスタンダードにする場合、重要なのがタイヤだ。低価格の太いタイヤは、重量が重く走りが鈍重なモノが多い。軽快な走りを楽しむ場合、軽量なタイヤを付ける必要があるが高価だ。このようなグラベルクロスバイクは、軽いタイヤを装着して、走りの良さをアピールしたほうが良いだろう。

https://www.giant.co.jp



-2020年モデルの自転車まとめ, クロスバイク・トレッキングバイク

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.