帆布の老舗「タケヤリ」から高機能なメッセンジャーバッグが登場

倉敷にある帆布の老舗「タケヤリ」から、第二弾となるプロジェクト「メッセンジャーバッグ」を国内最大級のクラウドファンディングサイト「MAKUAKE(マクアケ)」で開始した。

明治21年(1888年)創業の「タケヤリ」は、岡山県倉敷市にある日本で最も古い帆布工場。日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュックや職人の工具入れからはじまり、産業資材としては、 とび箱や体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を作ってきた。また、タケヤリが保有するセルビッチのシャトル織機は、タケヤリにしか織ることができない 超高密度の極厚帆布を実現し、国内だけでなく世界中で愛され続けているとのこと。

今回登場したメッセンジャーバッグの容量は16ℓ。A4サイズのノートやタブレット、13インチのパソコンなどが収納可能。

布は自衛隊のテント加工技術を応用した、綿素材ながら撥水するタイガー帆布を採用し、雨に濡れても安心して使うことができるとのことだ。

会社HP:http://takeyari-tex.co.jp

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

THIRDBIKESから手軽に乗れる街乗りスポーツ自転車「SUPERSONIC」登場

総合自転車メーカーのホダカは2月11日、スポーツバイクブランド「THIRDBIKES (サードバイクス)」から、街乗り向け低価格クロスバイク「SUPERSONIC (スーパーソニック)」を発売した。 SUPERSONICは細身のフレームに、街乗りで必要なスタンドやバッテリーライトを装備した量販店向けのクロスバイク。車体色はレッドとダークブルーが単色でシンプルなもの加え、サイケデリックシルバーはシルバー地にカラフルな色やカタカナを取り入れた個性的なデザインとなっている。また、自転車業界の自主基準である BAA (一般社団法人自転車協会認証) を取得している。 適応身長は160センチメートルからで、カラーはサイケデリックシルバー、レッド、マットダークブルーの3植。重量は13.8キロ。付属品はベル、LEDバッテリーライト、リフレクター、キックスタンド、バルブアダプター、ペダル。取扱店舗は全国の自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店。価格は2万4000円(税抜)。 関連リンク THIRDBIKES

自転車漫画関連

【自転車漫画】伝道師こまめスペシャル【サイクル。総集編】

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は伝道師こまめを中心した総集編です。   この投稿をInstagramで見る   三色団子ちゃん 伝道師小豆 #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク漫画 #ロードバイク乗り #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク乗り #自転車 #自転車女子 #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #まんが #まんが #漫画 #漫画 #4コマ漫画 #illustrations #roadbike #cyclocross #cycling...

【自転車漫画】新たにヒルクライマー「堂島マキ」が登場「サイクル。」Part14

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は新たな新キャラクターの堂島さんやビンディングペダルについてのネタになります。 https://www.cyclorider.com/archives/24974 View this post on Instagram   三色団子ちゃん 何やら進展 クライマー堂島マキ登場1 #コミック #コミックエッセイ #コミック #コミックエッセイ #イラスト #イラストレーター #イラスト #イラストレーター #まんが #まんが #マンガ #マンガ #漫画 #漫画 #4コマ漫画 #illustration...

屋内で楽しむキャンプ「アウトドアカフェ ogawa GRAND Lodge CAFE」とは?(#チャリと来た。)

キャンプと言えば、多くの人は、ミニバンやSUVを購入して遠くのキャンプ場に行きテントを張ったり、キャンピングカーで泊まるなど、本格的なキャンプを思い浮かべるだろう。自転車の世界も似ており、ロードバイク等のスポーツサイクルに荷台やバッグを装備してキャンプを行う人もいる。しかし、本格的なキャンプは楽しいことだけでない。シャワーが有料、調理やテントの設営が大変、虫にさされる、野生動物が出現する等大変なことが沢山あるのだ。 本格的なキャンプは大変で難しいが、気軽にキャンプの雰囲気を楽しみたいー。そんな人にあったアウトドア体験施設が登場している。 #チャリときた。で、折りたたみ自転車を使った自転車旅漫画で知られているさえこ(@rinkosaeco)さん。本格的なキャンプに興味があるが、きっかけがなくてキャンプに踏み出せないとのこと。そんなとき「アウトドアカフェ ogawa GRAND Lodge CAFE」という東京都にあるアウトドアカフェに訪れたとのこと。 「アウトドアカフェ ogawa GRAND Lodge CAFE」は1914年創業の老舗アウトドアブランド「ogawa」が運営するカフェ。ソロキャンからグルキャンまで、様々なキャンプシーンでマネしたくなる料理やドリンクが楽しめる。 カフェ内部には、本物のテントが置いてありテントの中で寛いで料理が楽しめるとのこと。アウトドアカフェ ogawa GRAND Lodge CAFEの詳しい内容については「#チャリときた。」の「うわさのアウトドアカフェ ogawa GRAND Lodge CAFEに行ってきた話」からどうぞ。 アウトドアカフェ ogawa GRAND Lodge CAFEの場所は?行き方は? 住所:東京都小平市花小金井4-34-6 2F 営業時間:11:00~21:00 URL:https://www.campal.co.jp/shops/sort/cafe/index.html 漫画内でも紹介されているが、西武新宿線やJR中央線などから離れているため、行くには自動車や自転車がおすすめとのことだ。自転車シェアサービス「HELLO...