2018年モデル 6万円台 ロードバイク

上位モデルのフレームと同じ6万円クラスのロードバイク NESTO FALAD-K

投稿日:

ホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO」には、自転車専門店で販売されるプレミアムモデルと、量販店など幅広い店舗で販売されるスタンダードモデルの2種類がある。NESTOブランドのロードバイクにはALTERNA・ALTERNA FLAT・FALADの3車種が存在するが、ALTERNAとALTERNA FLATは自転車専門店向けのプレミアムモデルで一部の店舗でしか販売されない。一方、スタンダードモデルのFALADは量販店向けのモデルのため多くの店で見ることができると思う。

http://nestobikes.com/products/falad-k/

今回、紹介するNESTO FALADは量販店向けのスタンダードモデルに分類されるロードバイク。一般的に量販店向けのロードバイクは、自転車専門店向けのロードバイクよりもフレームや部品の作りが悪いのが一般的だが、FALADはフレーム・フロントフォークをALTERNA FLATと同じ物を採用している。

エントリーロードバイクではピカイチのコストパフォーマンス NESTO ALTERNA/ALTERNA FLAT

アルミフレーム・アルミフォークを採用したFALADは、泥除けを装着するためのダボ穴が装備されている。フレームの溶接は滑らかなスムーズウェルディング加工がされていて、高価格帯のロードバイクで主流となっている上下異径ヘッドパーツを採用するなど、只の低価格ロードバイクとは違うのが見てとれる。

タイヤはMAXXIS DETONATOR。DETONATORの中でも、タイヤを折りたためるようにケブラービードを採用したフォルダブル仕様を採用している。定価では1本4,000円ほどと高価で、6万円クラスのロードバイクでは普通は採用されないタイヤだ。タイヤは乗り心地や操縦性を決める重要な部品だが、一般的な自転車はコスト削減で乗り心地が悪い低価格のタイヤを装着するのが普通だ。車体重量は9.7kgと6万円台のロードバイクとして見ると非常に軽い。

上位モデルと同じフレームを採用し、高価なタイヤを装着することで、他の低価格ロードバイクよりもポテンシャルの高さが期待できるFALAD。欠点はコンポーネント関連だろう。

ギアは、前はShimano Tourney(50-34T)。後ろはShimano CS-HG41 7段(11-28T)。ロードバイク用コンポーネントとしては一番安いTourneyを採用している。変速とブレーキを兼ねたSTIレバーは大ぶりで、スプロケット(後輪に装着されているギア)の選択肢が少ないため、ギア比の変更が難しい欠点がある。

NESTO FALADは初心者向けにふさわしいか

量販店向けロードバイクのFALADは、初心者向けの部品が装備されている。駐輪時に必要なスタンドや、ハンドルのフラット部分でもブレーキを握ることができる補助ブレーキレバーを装備しており、街乗りにも対応している。また、ALTERNA FLATと同じ車体設計のためロードバイクとしては太めの28ミリ幅タイヤの装着ができる。街乗り用にするときもタイヤを太くして、ある程度の段差に対応が可能だろう。

6万円台ロードバイクのFALADの一番の利点は、フレームが高価格モデルのALTERNAと同じことだろう。既に実績があるALTERNAとフレームが同じなら、コツコツとチューンナップしてやればALTERNAに非常に近いレベルまで高めることができる。世の中に沢山ある低価格ロードバイクの中でも、フレームが上位モデルと同じ低価格ロードバイクはFALADぐらいだ。6万円クラスロードバイクを選ぶ時、FALADは候補に挙げるべきロードバイクだと思う。

FALAD-K (2018NEW)|NESTO - ネスト







シクロライダーお薦めジャンル一覧



-2018年モデル, 6万円台, ロードバイク

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.