雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーを体験した感想をまとめ

ファットバイクで雪道を楽しめるイベントが増えてきている。自分も八ヶ岳サイクリングや飯山の町中を走るツーリングを楽しんできたことがあるが、今回体験した「雪チャリナイター エキサイティングダウンヒルツアー」はファットバイクツアーの中で異色に入るだろう。

雪ちゃりナイター エキサイティングダウンヒルツアーは、戸狩温泉スキー場の自転車ダウンヒルイベント「雪ちゃりナイター」を、手ぶらで楽しむことができるツアーだ。今回は2017年1月28日の雪ちゃりナイター エキサイティングダウンヒルツアー(ペガサスゲレンデ・雪面は締まり気味)をレポートしたい。

雪ちゃりナイターで使用されるレンタサイクル

2017年の雪ちゃりナイターで使用されたレンタサイクルは、信州自然郷アクティビティセンターでレンタルやガイドツアーで使用されているファットバイクだろう。車種はMONGOOSE・ARGUS SPORTSとROCKY MOUNTAIN BLLIZARDの2種類で、どちらも本格的なファットバイクだ。

ROCKY MOUNTAIN BLIZZARDは油圧ブレーキを装備していてハイスペックだが、MONGOOSE ARGUSのほうが多く、BLIZZARDは1台しかないため基本的にはMONGOOSE ARGUSに乗ることが出来ると思えばいい。また、子供用ファットバイクもありMONGOOSE ARGUS KIDSとルック車ではない。

メイン車種のMONGOOSE ARGUS SPORTSを見て注目したのは、パワーモジュレーターが装着されていること。前後ブレーキに装着されていたため恐らく後付だろう。(一般的に純正でパワーモジュレーターを装着する場合前ブレーキのみのため。)パワーモジュレーターを装着しているのはスポーツ自転車に慣れていない人がブレーキをかけても、ブレーキがロックしにくくするためだろう。初心者でも安心して乗ることができるようになっているのは関心した。

但し、今回自分にやってきたレンタルバイクはROCKY MOUNTAIN BLIZZARD。そのためARGUS SPORTSに乗ることはなかった。

雪ちゃりナイターでは自転車と人はリフトで上まで行く

雪ちゃりナイターでは最初にリフトで上る。自転車はリフトにいる係員が運んでくれる。リフトに座りながらリフトで自転車が運ばれるのを見ると、写真で見る海外のMTBパークを連想した。リフトに乗る時間は長いが退屈ではない。あまり見ることができない視点で、ゲレンデを下っている自転車のを見ることが出来るからだ。今回、筆者が行った時はモーグルスキー用のコースを自転車でポンポン飛びながらダウンヒルを楽しんでいる人を見ることが出来た。

スタート地点は急な下り坂だが迂回路がある

ペガサスゲレンデではスタート地点は急な下り坂となっている。自分みたいな普通の人で足がすくみ非常に躊躇する下りだが迂回路があるので安心していい。ただ、こんな急な下り坂でも少なくない人が下っているのは驚く。

スキーよりもエキサイティングな雪ちゃりナイター

雪ちゃりナイターを体験する前は、ファットバイクはブレーキがついているのでスキーよりも安全にゲレンデを下ることが出来ると思っていた。しかし、実際にファットバイクでゲレンデを下ったところ。その考えは間違いと気づいた。

スキー場の路面をよく見ると凸凹がある。スキー、スノーボードだと多少の凸凹があっても左右に下ることが簡単に通過できるが、車輪で下る自転車はスキーやスノーボードのように左右に走ろうとするのは難しいのだ。そのためスキーよりも前転する危険性があると思っていい。雪ちゃりナイター中にガイドの人に感想を聞かれたら、想像よりもずっと怖いと言ったら、他の人(恐らく雪ちゃりナイターのリピーターだと思う)から「スキーよりも怖い」という発言があったほどだ。

スピードに関しては想像よりも出る。スキー場は斜度がきついため想像以上にスピードが出るのだ。今回レンタルした、BLIZARDの油圧ディスクブレーキでも安心できなかったため、ファットバイクルック車でダウンヒルしたら大事故になる。ファットバイクルック車はあくまでもカッコ重視の街乗り用自転車なのでスキー場のダウンヒルは向かない。基本的には、エキサイティングダウンヒルツアーで使用される本物のファットバイクに乗り、タイヤの空気圧を下げれば、スピードを出さなければ初心者でも大丈夫だと思う。

その点を注意すれば、スキー場を自由に走る開放感とエキサイティングの両方を体験できる。これは、他にはない体験だ。雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーの良さは、上記の動画のようなフリーライドムービー特有の高揚感を、普通の人でも自転車に乗ることによって簡単に楽しむことができることだ。この高揚感は実際に体験しないとわからないだろう。

リフトに乗るため自転車で走る時間が短い

雪ちゃりナイターは、一旦下ったら再度リフトに乗る必要がある。そのため、実際に走る時間が短い。雪ちゃりナイターエキサイティングダウンヒルツアーは、2.5時間ほどダウンヒルを行える時間があるが、筆者の場合は5~6本しか下れなかった。個人的にはタイヤの空気圧を変更しなから楽しみたかったが、時間が短かかったため色々な事を試せなかった。トイレに行くのを我慢するほどダウンヒルを優先していた。

本当に手ぶらで行くことができる雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアー

雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーで集合する場所は、飯山駅内にある信州自然郷アクティビティセンター。信州自然郷アクティビティセンターでは、様々なアウトドア用品がレンタルすることができる。大抵のレンタサイクルツアーは何かしらの物を持っていく必要があるが、信州自然郷アクティビティセンターでは、防寒用品までレンタルできるため、本当に手ぶらで楽しむことができるだろう。

参考:https://shinetsu-activity.jp/rental/

クロスカントリーコースのような緩やかな道で楽しむプランも欲しい

雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーは、スノーダウンヒルを行うことができ独特の高揚感を楽しむことができるが、個人的にはエキサイティングに慣れる時間があまり無く、様々なライディングを楽しむことができなかった。

飯山エリアでファットバイクのスノーライドが楽しめるのが、2017年現在は飯山市内を巡る初心者向けツーリングのみとなっている。

個人的には山の中やクロスカントリーコースなど、ダウンヒル以外のコースも楽しんでみたい。ガイドの人に話したら、飯山の山の中については開拓しているとのことで今後は期待できそうだ。

https://www.facebook.com/%E9%9B%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%8A%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC-191771114497267/

(マツモトケンタロウ)

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

滋賀県栗東市でデジタルサイクルスタンプラリー開催 抽選で近江牛などの名産品をプレゼント

栗東市観光協会、滋賀プラス・サイクル推進協議会、ナビタイムジャパンは、2021年2月26日から、「ビワイチ」専用アプリ「ビワイチサイクリングナビ」を用いて、栗東市内でサイクルスタンプラリーを実施すると発表した。 「ビワイチサイクリングナビ」は、自転車でびわ湖一周する「ビワイチ」をはじめ、滋賀県内周遊をより気軽に楽しむ人に向けて作られたアプリ。滋賀県内の観光地をスポット情報と記事の閲覧や、旅行の計画から目的地までのルート検索、自転車ナビゲーションまで、滋賀県での観光をサポートする。 サイクルスタンプラリーは、「ビワイチサイクリングナビ」アプリを起動し、スマートフォンのGPSをオンにした状態で栗東市内の最大12ヵ所のスポットを巡るスタンプラリー。合計13ポイント分のデジタルスタンプを取得すると、近江牛をはじめとした栗東市の名産品を抽選でプレゼントする。 また、3ポイントを取得した方は、先着200名に参加賞として栗東市のおみやげ・ナビタイムオリジナルグッズいずれかを、それぞれ先着100名にプレゼント。 栗東市内の魅力を発信して利用者に楽しむだけでなく、ICTの活用で、周辺地域の分散集客を図り、With/Afterコロナ時代における持続可能性のあるイベントのあり方を検証し、モデルケースを構築できるよう取り組むとのこと。 実施期間は2021年2月26日から3月31日まで。 サイクルスタンプラリー詳細 1.名称 豊かな自然と歴史あふれる「緑と文化のまち栗東」を巡るサイクルスタンプラリー 2.実施期間 令和3年2月26日(金)~3月31日(水) 3.場所 栗東市全域 4.景品 応募者の中から抽選で下記の景品をプレゼントいたします。 ・A賞(13ポイント):近江牛(2名様)、プレミアムステンレスタンブラー(1名様) ・B賞(10ポイント以上):ゼッケンバッグ&いちじくジャム(5名様) ・C賞(7ポイント以上):近江米&にんにくオイル漬け(6名様)、コインケース&うま缶バッジ(6名様) ・参加賞(3ポイント):たてば珈琲ドリップバッグ(先着100名様)、ナビタイムオリジナルグッズ(先着100名様) 当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 5.実施主体 主催:一般社団法人栗東市観光協会、滋賀プラス・サイクル推進協議会 協力:株式会社ナビタイムジャパン 関連リンク 栗東市観光協会サイト内イベントページ

自転車漫画関連

【自転車漫画】ルート選びを他人に預けると…「サイクル。」Part11

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。ライトからルート選びなどのあるあるネタが豊富です。   View this post on Instagram   三色団子ちゃん 強烈ライト #イラスト#cycling #illustrations #illustration#roadbike #自転車 #自転車漫画 #自転車女子 #自転車 #自転車女子 #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク漫画 #ロードバイク乗り #ロードバイク女子 #ロードバイク女子 ##まんが #まんが #漫画 #漫画...

【自転車漫画】ヒルクライムあるある「サイクル。」Part25

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回はヒルクライムあるあるを中心に紹介します。 View this post on Instagram   【サイクル。】三色団子ちゃん 富士ヒルクライム編1 #イラスト #イラストレーター #漫画 #4コマ漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #サイクリング #サイクリング女子 #サイクリング日和 #ロードバイク #ロードバイク女子...

【自転車漫画】クロスバイクは運転しにくい!?クロスバイクな日々 Part2

リアルな自転車ライフをわかりやすく紹介する只野うささんの自転車漫画「クロスバイクな日々」を解説。今回は、初めてのクロスバイクの運転についての話をまとめました。 自転車用品の使い方も練習:クロスバイクな日々06・納車その3 スポーツ自転車に使われている規格は、一般的な自転車(ママチャリ)と比べると特殊なため、事前に使い方を覚えておいたほうがいい。いい例がタイヤに空気を入れるバルブ。自転車のバルブには、一般車(ママチャリなど)に使われる「英式」、一部スポーツ自転車だけでなく自動車に使われる「米式」、多くのスポーツ自転車に使われる「仏式」の3種類がある。この中でも仏式バルブに関しては空気の入れ方が独特なので、初心者は事前に教えてもらったほうがいいだろう。 車輪の外し方も練習:クロスバイクな日々07・納車その4 一般的なクロスバイクは、工具無しで車輪の着脱が可能なクイックリリースレバーが使われている。この機構は、車輪を外し袋に入れて公共交通機関で運ぶ輪行やタイヤ交換、パンク修理など様々な場面で活躍するため、使い方は覚えたほうがいいだろう。 バッグをつけてもママチャリとは違います:クロスバイクな日々08・納車その5 フロアポンプも購入して帰ろうと思い、フロアポンプが持てないことに気づいた只野うささん。ママチャリにはたくさんの荷物が積める前かごがあるが、クロスバイクは小さい荷物しか入らないフロントバッグなので、フロアポンプが入らなかったとのこと。一般的なスポーツサイクルはカゴや荷台を装着しないとママチャリ並に荷物が積めないので、日常使いをしたい人は注意だ。 クロスバイクは運転が難しい!?:クロスバイクな日々09・1日め-1 クロスバイクを買い、試し乗りをした只野うささん。しかし、ママチャリと違う走りに戸惑ったようだ。なぜこのようになったのだろうか。 ・タイヤが細くて怖い 只野うささんが購入した自転車は恐らく Raleigh RF-Lというクロスバイク。 この自転車のタイヤ幅は28ミリ相当と細いタイヤが使われている。一般的なママチャリが35ミリ相当なのを考えると細い。メーカー側は高速走行の爽快感を重視して細いタイヤを採用したと思われるが、只野うささんにとっては逆効果だったようだ。この場合、一回り太い32ミリ幅相当のタイヤを装着すればいいだろう。 ・微妙に前かがみで手に力が入る スポーツ自転車は、空気抵抗削減や早くペダルを漕げるように前傾姿勢で運転する設計だ。この姿勢に慣れていないと運転しにくいだろう。 この場合、角度調整可能なステムに交換して、ハンドル位置を上げるのも1つ。ただ、ブレーキやワイヤー類の干渉などの問題があるので、装着時は注意したほうがいいだろう。 ・地面が硬い 地面が硬い≒乗り心地が硬いという意味だろう。乗り心地を簡単に向上させるには3つの方法がある。 1つ目は手のひらに均等に力がかかるハンドルグリップに交換すること。 2つ目がサドルのクッションを柔らかめのスポーツタイプにするか、バネ付きのスポーツタイプに交換する。 3つ目が柔らかく乗り心地が良いタイヤか太いタイヤに交換することだ。この3つを行うだけでも乗り心地は大きく向上するだろう。 初めてのクロスバイクは慎重に運転:クロスバイクな日々10・1日め-2 今まで乗ったママチャリとは違い、少し乗っただけで疲労困憊になったとのこと。これに関しては、安全な所で練習して慣れていくしかないだろう。 クロスバイクな日々は作者のWebサイトで見れます。 クロポタNOTE:作者のWebサイト 只野うささん|Twitter:作者のTwitter