ファットバイクで雪道を楽しめるイベントが増えてきている。自分も八ヶ岳サイクリングや飯山の町中を走るツーリングを楽しんできたことがあるが、今回体験した「雪チャリナイター エキサイティングダウンヒルツアー」はファットバイクツアーの中で異色に入るだろう。

雪ちゃりナイター エキサイティングダウンヒルツアーは、戸狩温泉スキー場の自転車ダウンヒルイベント「雪ちゃりナイター」を、手ぶらで楽しむことができるツアーだ。今回は2017年1月28日の雪ちゃりナイター エキサイティングダウンヒルツアー(ペガサスゲレンデ・雪面は締まり気味)をレポートしたい。

雪ちゃりナイターで使用されるレンタサイクル

2017年の雪ちゃりナイターで使用されたレンタサイクルは、信州自然郷アクティビティセンターでレンタルやガイドツアーで使用されているファットバイクだろう。車種はMONGOOSE・ARGUS SPORTSとROCKY MOUNTAIN BLLIZARDの2種類で、どちらも本格的なファットバイクだ。

ROCKY MOUNTAIN BLIZZARDは油圧ブレーキを装備していてハイスペックだが、MONGOOSE ARGUSのほうが多く、BLIZZARDは1台しかないため基本的にはMONGOOSE ARGUSに乗ることが出来ると思えばいい。また、子供用ファットバイクもありMONGOOSE ARGUS KIDSとルック車ではない。

メイン車種のMONGOOSE ARGUS SPORTSを見て注目したのは、パワーモジュレーターが装着されていること。前後ブレーキに装着されていたため恐らく後付だろう。(一般的に純正でパワーモジュレーターを装着する場合前ブレーキのみのため。)パワーモジュレーターを装着しているのはスポーツ自転車に慣れていない人がブレーキをかけても、ブレーキがロックしにくくするためだろう。初心者でも安心して乗ることができるようになっているのは関心した。

但し、今回自分にやってきたレンタルバイクはROCKY MOUNTAIN BLIZZARD。そのためARGUS SPORTSに乗ることはなかった。

雪ちゃりナイターでは自転車と人はリフトで上まで行く

雪ちゃりナイターでは最初にリフトで上る。自転車はリフトにいる係員が運んでくれる。リフトに座りながらリフトで自転車が運ばれるのを見ると、写真で見る海外のMTBパークを連想した。リフトに乗る時間は長いが退屈ではない。あまり見ることができない視点で、ゲレンデを下っている自転車のを見ることが出来るからだ。今回、筆者が行った時はモーグルスキー用のコースを自転車でポンポン飛びながらダウンヒルを楽しんでいる人を見ることが出来た。

スタート地点は急な下り坂だが迂回路がある

ペガサスゲレンデではスタート地点は急な下り坂となっている。自分みたいな普通の人で足がすくみ非常に躊躇する下りだが迂回路があるので安心していい。ただ、こんな急な下り坂でも少なくない人が下っているのは驚く。

スキーよりもエキサイティングな雪ちゃりナイター

雪ちゃりナイターを体験する前は、ファットバイクはブレーキがついているのでスキーよりも安全にゲレンデを下ることが出来ると思っていた。しかし、実際にファットバイクでゲレンデを下ったところ。その考えは間違いと気づいた。

スキー場の路面をよく見ると凸凹がある。スキー、スノーボードだと多少の凸凹があっても左右に下ることが簡単に通過できるが、車輪で下る自転車はスキーやスノーボードのように左右に走ろうとするのは難しいのだ。そのためスキーよりも前転する危険性があると思っていい。雪ちゃりナイター中にガイドの人に感想を聞かれたら、想像よりもずっと怖いと言ったら、他の人(恐らく雪ちゃりナイターのリピーターだと思う)から「スキーよりも怖い」という発言があったほどだ。

スピードに関しては想像よりも出る。スキー場は斜度がきついため想像以上にスピードが出るのだ。今回レンタルした、BLIZARDの油圧ディスクブレーキでも安心できなかったため、ファットバイクルック車でダウンヒルしたら大事故になる。ファットバイクルック車はあくまでもカッコ重視の街乗り用自転車なのでスキー場のダウンヒルは向かない。基本的には、エキサイティングダウンヒルツアーで使用される本物のファットバイクに乗り、タイヤの空気圧を下げれば、スピードを出さなければ初心者でも大丈夫だと思う。

その点を注意すれば、スキー場を自由に走る開放感とエキサイティングの両方を体験できる。これは、他にはない体験だ。雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーの良さは、上記の動画のようなフリーライドムービー特有の高揚感を、普通の人でも自転車に乗ることによって簡単に楽しむことができることだ。この高揚感は実際に体験しないとわからないだろう。

リフトに乗るため自転車で走る時間が短い

雪ちゃりナイターは、一旦下ったら再度リフトに乗る必要がある。そのため、実際に走る時間が短い。雪ちゃりナイターエキサイティングダウンヒルツアーは、2.5時間ほどダウンヒルを行える時間があるが、筆者の場合は5~6本しか下れなかった。個人的にはタイヤの空気圧を変更しなから楽しみたかったが、時間が短かかったため色々な事を試せなかった。トイレに行くのを我慢するほどダウンヒルを優先していた。

本当に手ぶらで行くことができる雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアー

雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーで集合する場所は、飯山駅内にある信州自然郷アクティビティセンター。信州自然郷アクティビティセンターでは、様々なアウトドア用品がレンタルすることができる。大抵のレンタサイクルツアーは何かしらの物を持っていく必要があるが、信州自然郷アクティビティセンターでは、防寒用品までレンタルできるため、本当に手ぶらで楽しむことができるだろう。

参考:https://shinetsu-activity.jp/rental/

クロスカントリーコースのような緩やかな道で楽しむプランも欲しい

雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーは、スノーダウンヒルを行うことができ独特の高揚感を楽しむことができるが、個人的にはエキサイティングに慣れる時間があまり無く、様々なライディングを楽しむことができなかった。

飯山エリアでファットバイクのスノーライドが楽しめるのが、2017年現在は飯山市内を巡る初心者向けツーリングのみとなっている。

個人的には山の中やクロスカントリーコースなど、ダウンヒル以外のコースも楽しんでみたい。ガイドの人に話したら、飯山の山の中については開拓しているとのことで今後は期待できそうだ。

https://www.facebook.com/%E9%9B%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%8A%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC-191771114497267/

(マツモトケンタロウ)