薄い透明手袋を持って行って輪行を楽に行う

20160507_083659

輪行を行う上で問題になるのが油汚れ。自転車のチェーンには油があるため、輪行を行う時にチェーンが手に触れて、手が汚れてしまう場合がある。

そんな時に役に立つのが透明な手袋。薄いので破けやすいが、手の汚れを気にしないでガンガン輪行の準備を行うことが可能だ。この手袋のお陰で、手の汚れを気にせず輪行を行うことができるので、輪行が楽に準備てきるのでオススメだ。破けたら一気に駄目になりやすいため、何回も輪行を行う場合は複数枚持って行ったほうがいいだろう。

因みに、輪行時の油汚れを拭き取るのに、コンビニで売られている洗顔ペーパーを使うのも1つ。洗顔ペーパー内にアルコールが入っているので、比較的油汚れが落ちやすく、汗拭きにもなり幅広い使い方ができるので、自転車に乗る時は1つ持って行くと便利だ。

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img