6輪生活 ホンダ・N-BOX SLASHに自転車を積む

ホンダのN-BOXと言えば、街中でよく見るスーパートールワゴンで、自転車の積載ができるのを売りにしている。ただ今回登場するのはN-BOXでもN-BOX SLASHという派生モデルだ。

N-BOX SLASHは屋根が高いN-BOXの屋根を低くしたモデル。アメリカ車などで見るチョップドルーフの改造車のデザインを参考にしているためか、メッキのモールやホイールキャップなどを装備して、アメリカン的なスタイリング重視のモデルとなっている。

通常タイプのN-BOXの全高が1780㎜なのに対し、N-BOX SLASHは1670㎜と低くなっているため、N-BOXのようにシティサイクルを入れることはできないが、自転車を積むことはできるようだ。カタログでは26インチのクロスバイク(Tokyobike 26?)を後席を畳んで車体を斜めに入れるようにして1台を積載している。またN-BOX SLASHのオーナーのブログを見ると、車輪を外した状態で積載している写真があり、コンパクトカーのフィットよりも楽に積載できるとの評価になっている。屋根を低くしたN-BOX SLASHだが、荷室などの実用性はなかなかあるようだ。

参考:

http://www.honda.co.jp/Nboxslash
http://maki-ron.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img