8インチ小径折りたたみ自転車「Pacifc Carry-me」で300キロを25時間走る鉄人の世界

dscn8862

8インチホイールを装着した超小径自転車で有名な「Pacific Carry-me」は、メーカーサイトを見ると10キロの短距離移動用の自転車のコンセプトで作られたようだ。実際に乗った感じも10キロ程度の短距離以上で使うのは、振動や車輪径の小ささによる不安定さでそれ以上は走りたくないと思った。

ところが、そんなCarry meで300キロを走る人が世の中にはいるようだ。

"キャリミで葛西臨海公園→直江津300kmを24h以内に走破"ponicさんによる極小径車キャリミ(=pacific cycle社製極小径8インチ自転車CarryMe)の限界性能追求ライド。

駆動系は完全ノーマルでDHバーを装着したCarry me。コンセプトである走行距離10キロの30倍以上の314km(東京湾→直江津)を約25時間で走破したとのこと。普通のスポーツ自転車でも大変なのに、Carry-meで行うとは凄いとしか言いようがない。

超小径車で超長距離を走る人はパナソニック・トレンクルでもいるが、8インチ折りたたみ自転車で300キロ以上走った例はこれだけなのではないかと思う。

スポンサーリンク