今のエントリーMTBはどこまでハードな使い方ができるのか

価格が安いエントリーMTBは、どの位の性能があるか語る人が余りいないので実際の性能はどの位あるのか分からないことが多い。

そんな中、GTブランドの自転車を取り扱っているRITEWAYの、GTのページでこんな動画を見つけた。

GTの27.5インチマウンテンバイク、アグレッサーのプロモーションビデオだ。アグレッサーは、エントリーモデルの安価なモデルで、動画に登場する自転車は、アグレッサーの中でも安価なアグレッサースポーツだ。

動画の中では、アグレッサースポーツで階段を下ったりするなどハードな走りをおこなっている。

正規輸入代理店の動画でこういう走りをしているのを見ると、エントリーMTBでもある程度はハードな使い方はできるかもしれないけど、個人的にはブレーキ性能等を考えたら、林道走行でそこそこスピードを出すなど、ある程度ハードな使い方をするのなら、ブレーキがディスクブレーキになっていたり、油圧ダンパーがついたサスペンションフォークが搭載されている6~7万円以上のマウンテンバイクを買ったほうが良いと思う。

スポンサーリンク