自転車を宅配可能にできる輪行箱の一覧

自転車を分解し、公共交通機関を利用して一気に遠くの場所に移動する輪行は、安価で可能なため利用価値は高いが、時間的制約や場所的制約等の問題も多くあり、高速バスでは輪行できない問題もある。

自転車を一気に遠くの場所に移動させるのに、お金で解決させる方法では、宅配便を使用する方法がある。料金は高く箱が必要だが、輪行のストレスが無い利点があり、自転車イベントに行く時に使用することもできるらしい。

自転車を宅配便で送る方法では、通常の輪行袋は使用できず、輪行箱を使用するとのこと。この輪行箱は少ないながら種類があるので、調べてみた。

BTB輪行箱

BTB 輪行箱(輪行函) 4,800円

ダンボール製ながら、海外での航空便でもOKを売りにしている輪行箱。

折りたたみ輪行箱 3,400円

折りたたみ可能な輪行箱で、折りたたむと1/4まで小さくなるとのこと。折りたたんだ時の寸法は76cm(W)×43cm(L)×26cm(H)とコンパクト。国内の路線便1~2往復を目安にしているということなので、強度はあまり高くないかもしれない。

BTB 輪行箱 PRO 34,800円

ポリプロピレン(PP)ハニカムコアを採用した樹脂製の輪行箱。海外遠征に使用する人もいるらしい。

因みに、BTB輪行箱限定の自転車輸送・宅配便サービス自転車保管サービスも行っているようです。

Cyclo Express

自転車専用の宅配サービスのCycloExpressはダンボール製の輪行箱を販売しているとのこと。価格は3,400円。

BIKE SAND

調査中

カンガルー自転車便

シンプル輪行箱 2,900円

輪行箱の中では安価に購入することができる輪行箱。ダンボール製。

オリジナル輪行箱 7,200円

上フタと底フタをプラスチックダンボールで強化した輪行箱。レンタルサービスも行っていて、この場合は2,100円かかる。

ACOR バイクポーターPRO

スポンサーリンク