リユース自転車専門店バイチャリ ブランド別買取数量ランキングを発表 2023年下半期に最も買取が多かった自転車ブランドは

株式会社ちゃりカンパニーは、自社運営の自転車買取販売専門店「buychari」を通じて、2023年7月から12月までに買取された自転車のデータを基に、ブランド別の買取数量とシェア率のランキングを発表しました。

ランキングでは、GIANT(ジャイアント)が最も多く買取されたブランドとしてトップに立ち、シェア率では全体の10.8%を占めました。続いてTREK(トレック)が9.6%、BIANCHI(ビアンキ)が6.2%のシェア率でそれぞれ2位、3位にランクインしました。これらの結果から、クロスバイクやロードバイクなど、通勤通学から本格的なスポーツサイクリングまで幅広い用途で利用される自転車がリユース市場でも高い人気を博していることがわかります。

また、ランキング上位には「アメリカ3大ブランド」と称されるTREK、Cannondale(キャノンデール)、SPECIALIZED(スペシャライズド)が全て名を連ね、これらのブランドの根強い人気とリセールバリューの高さが窺えます。特に、クロスバイクは新車価格と中古買取額の価格差が小さく、「リセールバリューの高い車種」として注目されています。

国内ブランドでは、電動アシスト自転車の買取により、BRIDGESTONE(ブリヂストン)が6位、Panasonic(パナソニック)が7位にランクインし、それぞれ全体の2.8%、2.6%のシェアを占めるなど、電動アシスト自転車の市場における存在感を示しています。

関連リンク

スポーツの自転車高価買取【バイチャリ公式オンラインショップ】 (buychari.com)

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img