オートバイ部品や電アシで有名なデイトナが電動キックボードの参入を発表

オートバイパーツや電動アシスト自転車などを展開している株式会社デイトナは8月29日、電動キックボードの市場へ参入すると発表しました。

このキックボードは、同社で人気のある電動アシスト自転車「DE01」をリデザインしており、「Daytona Mobility DK01」と名付けられました。”ちょっとそこまでのお出かけを、もっと楽しく、もっとおしゃれに”というコンセプトのもと、ネオクラシカルな雰囲気にデイトナの特色を融合させたアイコニックなデザインを持つモビリティとなっています。

機能面に関しては、12インチタイヤ、前後ディスクブレーキ、そして左右に分割されたステップボードなど、多くの年齢層にアピールする使いやすさを備えているとのこと。ただし、開発中の車両であり、販売される最終製品の細部に違いが出る可能性があると会社側は述べています。

デイトナは2023年内に受注を開始する予定であり、WEBサイトで随時、新製品の開発状況や先行受注の情報などを公開していくとのことです。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img