より使いやすく進化 ハイエース・標準ボディキャンピングカー「TAMA2023年モデル」

キャンピングカー製造会社のDream Driveは、2023年モデルのキャンピングカー「TAMA」を発表しました。

TAMAはトヨタ・ハイエース標準ボディをベースにしたキャンピングカーで、普通車と同じ感覚で運転しやすく、取り回しの良いボディサイズと快適な車内空間を売りにしています。

2023年モデルでは、新しいリアシートを採用し、ドライビング、スリーピングモードの切り替えがより容易になりました。また、リアシートをフラットにすることで、小さな子供を2名まで寝かせることが可能になりました。

キッチンカウンターは、耐水性がありカビに強いウォールナット材を使用。2023年モデルでは、従来型よりも大容量化した40Lの冷蔵庫を収納し、より多くの食材を保管できるようになっています。車内の水道システムには、新たに高圧のアウトドアシャワーを採用することで、汚れたアウトドアグッズなどを洗浄できるようになっています。

乗車定員は6名。就寝定員は2名(大人2名、小さい子供2名まで)です。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img