相模原市が東京2020オリンピック大会1周年を記念して、新たな大型横断幕の設置やサイクルイベントを実施を発表

相模原市は7月27日、東京2020オリンピック自転車ロードレース競技開催1周年を記念して新たなデザインの大型横断幕の設置やサイクルイベントを開催すると発表した。

以下、リリースから。


  • 大型横断幕について

東京2020オリンピック自転車ロードレース競技のコースの一部となった相模原市では、大会時にピクトグラムを使用した大型横断幕を掲出し、出場選手を歓迎しました。

大会1周年を迎えるこのタイミングで、オリンピックレガシーの継承やサイクルツーリズムの推進を目的に、新しいデザインの大型横断幕を掲出しました。

設置日:令和4年7月25日(月)

設置場所:小倉橋西側道路擁壁(緑区小倉)
内容:大型横断幕(縦9m×横 約20m) 1枚

 

  • 【7月30日開催】さがみはらサイクルフェスティバル2022について

大会の感動を思い返すとともに、体験などを通じて自転車競技の魅力に触れてもらうことを目的に「さがみはらサイクルフェスティバル2022」を開催します。
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kankou/sports/1025680.html

また、同日に東京2020大会自転車競技ロードレースコースをベースとした約110km(そのうち約30kmが相模原市区間)を、自転車ロードレース経験者が交通法規に従って走行する「東京2020オリンピック・パラリンピック1周年記念  自転車ロードレース  レガシーサイクリング」が開催されます。走者の休憩場所「エイドステーション」が青山神社内に設置され、地域のみなさまによる軽食提供などのおもてなしや走者との交流を予定しています。

日程:令和4年7月30日(土)
主催:ジャパンサイクルリーグ(JCL)
参加者:片山右京さん(JCL)、増田成幸さん(東京2020オリンピック自転車ロードレース競技日本代表) ほか

◇トークショー
マウンテンバイクやBMXの第1線で活躍されているお二人によるトークショーを開催します。
時間:9時40分〜
会場:串川地域センター  多目的ホール(緑区青山1012)
定員:先着120名  ※申込不要・当日直接会場へ
費用:無料
出演者:

設置日:令和4年7月25日(月)

設置場所:小倉橋西側道路擁壁(緑区小倉)
内容:大型横断幕(縦9m×横 約20m) 1枚

 

  • 【7月30日開催】さがみはらサイクルフェスティバル2022について

大会の感動を思い返すとともに、体験などを通じて自転車競技の魅力に触れてもらうことを目的に「さがみはらサイクルフェスティバル2022」を開催します。
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kankou/sports/1025680.html

また、同日に東京2020大会自転車競技ロードレースコースをベースとした約110km(そのうち約30kmが相模原市区間)を、自転車ロードレース経験者が交通法規に従って走行する「東京2020オリンピック・パラリンピック1周年記念  自転車ロードレース  レガシーサイクリング」が開催されます。走者の休憩場所「エイドステーション」が青山神社内に設置され、地域のみなさまによる軽食提供などのおもてなしや走者との交流を予定しています。

日程:令和4年7月30日(土)
主催:ジャパンサイクルリーグ(JCL)
参加者:片山右京さん(JCL)、増田成幸さん(東京2020オリンピック自転車ロードレース競技日本代表) ほか

◇トークショー
マウンテンバイクやBMXの第1線で活躍されているお二人によるトークショーを開催します。
時間:9時40分〜
会場:串川地域センター  多目的ホール(緑区青山1012)
定員:先着120名  ※申込不要・当日直接会場へ
費用:無料
出演者:

小田島 梨絵さん(写真左)
競技:マウンテンバイク
実績:北京・ロンドンオリンピック日本代表(2008/2012)、アジア選手権優勝(2008/2012)ほか

大池 水杜さん(写真右)
競技:BMXフリースタイル・パーク
実績:東京2020オリンピック7位入賞 ほか

◇マウンテンバイク競技体験会
マウンテンバイクの魅力を体験してもらうため、初めて乗る人でも楽しめる凸凹道などの模擬コースを青山神社内に設置します。
※当日順番にご案内しますが、会場が混雑した場合は入場規制する可能性があります。

時間:9時〜12時
会場:青山神社(緑区青山1013)
費用:無料

◇レガシーサイクリング走者の紹介
会場を訪れたレガシーサイクリング走者を、人気ラジオDJのサッシャさんと元プロロードレーサーの栗村修さんが紹介します。

時間:10時55分頃~
会場:串川地域センター 多目的ホール(緑区緑区青山1012)
定員:先着120名  ※申込不要・当日直接会場へ
費用:無料

  • その他の自転車競技に関する取組について

(1)銘板の設置
東京2020大会の感動や記憶を後世に引き継ぎ、シビックプライド(市への愛着)の推進に繋げることを目的に、令和4年3月に自転車ロードレース競技のコース上の8箇所にその場所付近の出来事や写真等を掲載した銘板を設置しました。

関連リンク

相模原市 https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/index.html

関連記事

新着記事

spot_img