シェアサイクル向けの法人用E-Bike「KURODO」が登場 シェアサイクルを運営しているHelloCyclingから

- Advertisement -

OpenStreetから、法人向けのE-Bike「KURODO」が登場した。

出典:kuroad.com、以下同

OpenStreetは、シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」を運営している会社。KUROADは同社が開発したE-Bikeで、シェアサイクルで利⽤されることを前提に開発されている。

カラーリングは名前の通りブラック一色を採用。フレームはクロモリ製でSRサンツアーサスペンションフォークを採用し、重量は26キロ。ドライブユニットはShimano STEPSで、500Whバッテリーの組み合わせで航続距離は最大140キロを実現した。価格もシェアサイクルを前提とした設計にすることで、国内他メーカー同スペックのE-Bikeに⽐べて、30パーセントから50パーセント安く設定していると謳っている。

KUROADはシェアサイクリング専⽤のE-Bikeで、個人向けの販売は行っていない。2020年12月25日現在、各事業者に向けて10台からのロット販売を⾏っている購⼊⽅法や導⼊費⽤などの情報は公式Webサイトのフォームより問い合わせする必要がある。

関連リンク

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連