GORIXからドロップハンドル用防寒ハンドルカバー「もっとほっと」が発売

- Advertisement -

ごっつは12月4日、冬のサイクリング時の防風防寒対策用の「ドロップハンドル用防寒ハンドルカバー(もっとほっと)」を発売した。

ロードバイクやミニベロなどのドロップハンドルに取り付ける防風防寒グローブで、冬の季節の冷たい風や急な雨を防ぎ暖かく快適に走行できるのを謳っている。

一般的なドロップハンドルタイプで、ドロップ部分からブラケットを覆い包み込めるハンドルカバーで
フラット部分と、ドロップバー先端をベルクロで締めて取付可能。前方には夜間走行に便利な反射素材を採用している。価格は4999円(税込み、送料込み)。スペックは以下の通り。

サイズ:長さ28.5 x高さ26 x厚み1.6(片側0.8) cm
取り付けバーエンド幅:Φ2.5 cm(締め付けベルクロ調整)
※若干の伸縮性のある材質。
重量:300g(ペア)
材質:ポリエステル、ネオプレン(高防水材質、潜水生地)

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連