自転車用冬物ウェアは、ブロックテック等の一般用防風ウェアと何が違うのか考えてみた

自分は自転車用ウェアを殆ど所有していないが、冬用ウェアだけは自転車用ウェアを持っている。自分が所有している自転車用冬用ウェアはパールイズミのウインドブレークジャケットとウインドブレークタイツ(Saitoimportウインドブレークジャケットは譲渡)があり、両方共高価だが納得できるレベルの作りで愛用している。

高いウインドブレークジャケットと安いウインドブレークジャケットの違い(Pearl Izumi・Saito Import編)

パールイズミなどのブランド品は高価なのが欠点だが、今は安価な自転車用冬用ウェアも存在する。SaitoimportやWellcls等の低価格の冬用自転車ウェアが売られているため、

ただ、サイクルウェアはいくら地味でもスポーツ用品で街中で使うには違和感があると思う人が多いと思う。最近ではユニクロのブロックテック等、防風性の高い極薄の特殊フィルムを布地と布地に挟み込み、防風・透湿素材を実現したのを売りにした日常向けの一般用防風ウェアが存在する。このような日常用防風ウェアを自転車に使う時、問題になるのはどういった部分なのか考えてみた。

風の侵入の問題

自転車で走行するとき体に風が当たるが、風が体に当たると体温が下がってしまう。そのため、通常のサイクリングウェアは袖や首部分はできるだけ風が入らないようにした設計を採用している。一方、日常用防風ウェアはデザインを優先させるためか、袖部分が空いている物が多く、袖を絞るタイプでも、簡易的な物が多い。

ウインドブレークジャケットなどの自転車用暴風ウェアは、自転車専用品のため前傾姿勢になっても背中や手首が出ない構造になっているが、日常用防風ウェアは自転車専用設計ではないため前傾姿勢になった場合、手首や背中が出る可能性がある。

背中の作りの違い

自転車用ウインドブレークジャケットには、背中の一部部分に背中のムレ防止のために通気性を高めている部分を採用している。これはパールイズミのウインドブレークジャケットは0度対応のプレミアムモデルでも採用している。

一方、ブロックテック等の日常用防風ウェアを多く見ると、背中にムレを抑えるために通気性がある素材を採用した物は、自分がざっと見た限りではなく、背中も防風素材を採用しているものが殆どだ。背中も防風素材を採用していると汗をかいたときの汗冷えが悪化するのでは無いかと思う。

素材の違い

サイクリングウェアで有名なパールイズミが採用しているウインドブレーク素材は、ポリエステル95%、ポリウレタン5%。透湿性能(10,000g/㎡/hrs)、耐水性能(10,000mm/H2O)を売りにしている。一方、ユニクロは公式サイトでの公式のスペックは特に書いてない。パールイズミは物を選んで買うハイエンド層向けのためか素材のスペックを書いているが、ユニクロ等の低価格日常用防風ウェアは、高負荷の使い方をしないためイメージと手頃な価格を重視したのか、素材のスペックは書いてない。

また、ユニクロのブロックテック素材を採用したウェアのページを見ると気になる文面が書いてある。

この商品には樹脂を使用しています。
・樹脂加工品は、時間の経過と共に、空気中の湿気や紫外線、熱や汚れなどにより、約3年で劣化(剥離・べたつき)します。
・空気中の水分により劣化しますので、新品のまま収納していても劣化を抑える事は出来ません。

樹脂加工されているため、約3年で劣化すると明確に書いてある。少なくとも言えるのは、パールイズミのウインドブレークジャケットにはそのような注意事項は書いていない。

ブロックテック等の日常用防風ウェアは街乗り用で使うのがベストか

ブロックテック等の防風ウェアをサイクルウェアと比較すると、日常用防風ウェアはあくまでも日常用の街乗りで使うのがベストだろう。これは、設計の時点から自転車で長距離を走るのには適していないという理由があるからだ。

関連記事一覧