木曜日, 11月 26, 2020
タグ 自転車通勤

Tag: 自転車通勤

カジメイクから自転車通勤向けの防水リュック「PIRARUCU 防水タウンロールパック20」が登場

カジメイクは11月12日、防水ギアブランド「PIRARUCU」の新商品「防水タウンロールパック20」を発表。クラウドファンディング「machi-ya」にて展開している。 「防水タウンロールパック20」は、コロナ禍による生活様式の変化により自転車での通勤、通学など始めた方や、キャンプや山登りなどのアウトドアを始めた方をターゲットに開発した防水バックパック。カラーは、ヘザーグレーとヘザーブラックの2色。素材はTPUラミネートで、防水性と軽量化を実現し、シンプルな設計となっている。容量は20リットル。 リターン内容は、定価から最大20パーセント引きで、PIRARUCU 防水タウンロールパック20単品とPIRARUCU レインシェイカーのセットも用意されている。募集期日は2020年10月12日(月)から11月19日(木)。 関連リンク クラウドファンディングページ  

サイクルベースあさひの通勤仕様の電動アシストスポーツサイクル「オフィスプレスe」が2020年度グッドデザイン賞を受賞

あさひは10月1日、スポーツタイプの通勤快速電動アシスト自転車「オフィスプレスe」が、2020年度グッドデザイン賞を受賞したと発表した。 オフィスプレスeは、通勤用自転車「オフィスプレス」シリーズ初の電動アシスト自転車。独自に考案したアシストプログラム「通勤快速設計」を採用。スポーツサイクル風デザインを採用した車体には、泥除けやカゴを装着し実用性も重視している。モーターは、スピーディーに走っている間もしっかりアシストがかかる、スポーツサイクルらしい伸びのある走行感を売りにしている。価格は12万9980円(税込)。 「オフィスプレスe」の特徴とグッドデザイン賞評価 通勤利用を追求した機能性 通勤シーンに合わせたアシストプログラムをセッティングし、スピーディーに走っている間もしっかりアシストがかかる、伸びのよい走りを実現しました。直接体が触れるサドルやグリップには、人間工学に基づいた製品を採用し、心身ともに自転車通勤での疲労を軽減します。 また、車からの視認性が高いLEDライトや、雨による制動力の低下を抑える油圧ディスクブレーキなど、安全性の高いパーツを選定しています。 所有する喜びを感じさせる意匠 ハイドロフォーミングチューブを使用してエッジ感を強調したフレームワークと光に映える車体カラーにより、スーツのフォーマル感を損なわない、高級感のあるスタイリッシュな外観を作り出しました。 泥よけやバスケットなどの各部品形状にもこだわり、完成車としての一体感を追求しています。 <審査委員の評価> 日常使いとしての性能や機能性、凛とした佇まいを持つ自転車である。運転のしやすさ、安定感はさすがと言える。美しくデザインされた泥除けなど通勤自転車としての細かい配慮がなされ、質実剛健な仕上がりとなっている。とくに三次曲面の美しいフレームが際立っており、全体構成のバランスが良く、安心して毎日使いたくなる自転車だろう。ありそうでなかった、スタイリッシュな通勤に特化したバランスの良い構成を評価した。 名称:オフィスプレスe 販売開始予定:2020年9月17日より先行予約開始、10月下旬より販売開始 販売価格:129,980円(税込) カラー:ホワイト/メタルグレー/ボルドー フレーム:アルミ製 タイヤ:700×38C 変速:外装8段変速 ブレーキ:油圧式ディスクブレーキ フレームサイズ(適応身長):460mm(160~180cm) 重量:23.3kg 充電時間:5~6時間 バッテリー:リチウムイオンバッテリー 36v×10.3Ah (25.2V換算 14.7Ah相当) 走行距離:エコモード約100km/標準モード約65km/パワーモード約54km 関連リンク オフィスプレスe https://www.cyclorider.com/archives/40716

自転車通勤にも使えるタフなビジネスウェア「TOKYO RUN 1poundセットアップ」が登場

はるやま商事は9月29日、「TOKYO RUN(トウキョウラン)」から「1pound(パウンド)セットアップ」を発売した。 「1poundセットアップ」は、スポーツウェア要素を取り入れ、軽量性とストレッチ性を両立し、リラックスした着心地と撥水機能によるイージケアの機能性を売りにしている 重量は上下合わせて400グラム以下で、カーディガン感覚で軽く羽織ることができるのが特徴。生地は、撥水加工で水を弾くため、雨の日の仕事ウェアや自転車通勤の方の通勤ウェアとして使用できるのが売りだ。 テーラード衿タイプのジャケットと、トレンドであるジョガーパンツタイプのボトムの組み合わせにより、ワイシャツだけでなく、ロングTシャツやモックネックなどいろいろなインナーと合わせて、さまざまなコーディネートを楽しむことができる。 価格はジャケットが1万5900円(税抜、以下同)で、パンツが6900円。サイズはS、M、L、LLで、カラーはブラック、ネービーの2色。素材はナイロン86% ポリウレタン14%。展開店舗は、全国のはるやま店舗(一部店舗を除く)となる。 関連リンク はるやま

ブリヂストンサイクルの電動アシスト自転車「TB1e」が2020年度グッドデザイン賞を受賞

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2020年度グッドデザイン賞」で、ブリヂストンサイクルの電動アシスト自転車「TB1e」が受賞した。 TB1eは、通勤・通学向けクロスバイク「TB1」の電動アシスト自転車版。スポーツサイクル風のデザインを採用しながら、一般車や軽快車に使われている27インチタイヤや、リング錠、泥除け等を標準装備。それに加え、オプションでカゴも用意されているので、通勤や通学需要に対応している。 ドライブユニットは、前輪インホイールモーター「BSデュアルドライブ」を採用。下り坂や平地を走行中にペダルを漕がないと自動で発電し充電する機能を搭載した。 アルミフレームに外装7段変速を採用した車体は、36.5V×9.9Ah(25.2Vの場合14.3Ah相当)バッテリーを採用することで、航続距離は54キロから130キロを実現。充電時間は4.5時間。タイヤサイズは27×1-3/8で、乗車可能身長は151センチメートルから。重量は22.3キログラム。BAA、3年間盗難補償、賠償責任補償付き傷害保険 フリーケア・プログラム付きで価格は12万9800円(税抜、以下同)。 <評価者によるコメント> コロナ禍で通勤・通学・買物での自転車利用が大きく見直されている中、実用性とスタイルを両立させたこの電動アシストクロスバイクは、時代の最先端を今後担うであろう。前輪駆動のモーターによる回生ブレーキで航続距離は130kmにも延び、充電の手間は大きく減った。泥除け、チェーンケース、サークルロック、LEDライトなど普段使いに便利な機能が満載されてはいるが、ママチャリには見えないスポーティなスタイルを実現した。 関連リンク ブリヂストンサイクル   https://www.cyclorider.com/archives/33254

自転車通勤にも便利 ace.(エース)からショルダーバッグ「ハンスリーSD」が登場

エースは9月25日、バッグ&ラゲージブランド「ace. 」からショルダーバッグ「ハンスリーSD」を発表。直営店・オンラインストアはじめ、全国の百貨店・専門店で発売する。 ace.(エース)は、1940年創業の日本のバッグメーカー『エース株式会社』が手掛けるバッグ&ラゲージブランド。「すべての移動を旅と捉え、その移動を快適にする最適なカタチを提供する」ことをコンセプトに、トラベルからカジュアル、ビジネスまで幅広い種類のバッグを提供。日本含むアジアマーケット中心に展開している。 ハンスリーSDは、「密を避けるための自転車通勤」「テレワークで家から打ち合わせ先に外出」などコロナ禍で働き方が変化するなか、昨今のミニマル志向や書類のデジタル化で荷物が少なくなったビジネスパーソンに向けてビジネスリュックより小型で、荷物を取り出しやすい「ショルダーバッグ通勤」を提案すべく開発されたバッグ。 バッグを左右どちらの肩に掛けても荷物を取り出しやすい「三方向から取り出せる前ポケット」や荷物を取り出す際など、バッグを体の背面から前面に引き寄せるのに便利な「サブハンドル」等を採用している。価格は1万円(税抜、以下同)から。 ハンスリーSD 商品詳細 ブランド/シリーズ:ace.(エース)/ハンスリーSD 素材:ポリエステル カラー:ブラック、ネイビー 形状/品番/サイズ(W×H×D)/税抜き価格(税込価格) 横型小/62881/30×19×08cm/11,000円(12,100円) 横型大/62882/35×23×10cm/13,000円(14,300円) 縦型小/62883/19×30×08cm/10,000円(11,000円) 縦型大/62884/23×35×10cm/12,000円(13,200円) 関連リンク ace.(エース)

ブリヂストンサイクルから自転車通勤にも合うヘルメット「KURMS(クルムス)」が登場

ブリヂストンサイクルは、スタイリッシュなデザインでビジネススタイルやカジュアルなファッションにも合わせやすい自転車用ヘルメット「KURMS(クルムス)」を2020年10月中旬から発売する。以下、リリースから。 現在自転車は、国による自転車通勤を推進する企業・団体の認定制度が創設されたり、新しい生活様式として通勤時の利用が注目されるなど、機運の高まりを感じます。 一方、自転車需要の高まりによる事故リスクの低減も課題となります。警察庁によると、自転車乗用中にヘルメットを着用していない場合の致死率は、着用時に比べて約2.4倍高い※1ことが確認されています。 今回発売する自転車用ヘルメット「クルムス」は、SG基準※2をクリアした品質に加え、自転車通勤時のビジネススタイルや街乗りのカジュアルファッションなどに合わせやすいシンプルでスタイリッシュなデザインの自転車用ヘルメットで、カラーは3色、サイズは2サイズからお選びいただけます。   ※1 出典:警察庁ウェブサイト(https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/toubuhogo.html) ※2 SG基準とは、一般財団法人製品安全協会が定めた製品の安全性を認証するための基準で、この適合性に関する認証を得た製品にはSGマークがついています。(https://www.sg-mark.org/)​ 関連リンク ブリヂストンサイクル クルムス

サイクルベースあさひから通勤用電動アシスト自転車「オフィスプレス e」が登場

あさひは9月17日、自転車通勤向け電動アシスト自転車「オフィスプレスe」を10月下旬より発売開始すると発表。発売開始に先駆け9月17日より先行予約を開始する。 オフィスプレスは、2005年に登場した通勤スポーツタイプ自転車シリーズで、今回登場したオフィスプレスeは、シリーズ初の電動アシストスポーツタイプ。 車体は、スポーツサイクルスタイルのアルミ製フレームに、ビジネスバッグを収められるワイドバスケットやスーツを汚れから守るフェンダーを採用。ブレーキは、安定した制動力を得られる油圧式ディスクブレーキを搭載した。 さらに比較的走行距離が長くスピーディーに走ることが多い通勤利用をサポートするために独自に考案したアシストプログラム「通勤快速設計」を採用。スピーディーに走っている間もしっかりアシストがかかる、スポーツサイクルらしい伸びのある走行感を売りにしている。価格は12万9980円(税込)。 オフィスプレスe スペック 名称: オフィスプレスe 販売開始予定: 2020年9月17日より先行予約開始、10月下旬より販売開始 販売価格:129,980円(税込) カラー:ホワイト/メタルグレー/ボルドー フレーム :アルミ製 タイヤ:700×38C 変速:外装8段変速 ブレーキ:油圧式ディスクブレーキ フレームサイズ(適応身長):460mm(160~180cm) 重量:23.3kg 充電時間:5~6時間 バッテリー:リチウムイオンバッテリー 36v×10.3Ah 370Wh(25.2V換算 14.7Ah相当) 走行距離:エコモード約100km/標準モード約65km/パワーモード約54km 購入・予約方法:全国のサイクルベースあさひおよびサイクルベースあさひ公式オンラインショップ※オンラインショップでのご予約は「ネットで注文・お店で受取り」サービスご利用に限り承ります。 予約特典:2020年10月14日までのご予約で、オフィスプレスeのサドルにセット可能な電池式テールライトをプレゼント 関連リンク オフィスプレスe

ヘリーハンセンが「自転車」を意味する「Syklus Commuter」シリーズ登場 通勤や通学を快適にするバッグ

ゴールドウインは、HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)「Syklus Commuter」シリーズを発表した。 HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)は、1877年にノルウェーで誕生したアウトドアブランド。通勤や通学を快適にするマルチパーパスなバッグシリーズ「Syklus Commuter」シリーズが登場した。ノルウェー語で「サイクル(自転車)」を意味を持っており、通勤や通学を快適にするデザインや機能を追求しているのが特徴。生地は、強度の高いコーデュラを採用している。 Syklus Commuter Backpack バックパックは、書類やPC、小物類をすっきり収納できる2気室タイプ。メインの開閉部分は180度以上あり、ぐるりと開いて中身の出し入れが容易だ。フロントは大型ポケットになっており、内側にはキーフックや小物の整理に便利なオーガナイザー付き。ウエストハーネスは、取り外し可能。容量は26Lで、価格は1万7600円(税込み、以下同)。 Syklus Commuter Tote トートは、斜め掛けできるショルダーストラップと手持ちハンドルが付いた2WAY仕様。底面の両サイドにもハンドルが付き、電車内などでの取りまわしをしやすくしている。メインコンパートメント内には、ファスナーポケットとオーガナイザーポケットを配置。外側にもポケットがあり、小物の収納も可能。底面に補強をしているため、自立を行う。価格は1万3200円。 Syklus Commuter Sacoche サコッシュは、サブバッグだけでなく、荷物が少ないスタイルにも重宝。外側は、小物の収納に役立つファスナーポケット付き。ロールトップ仕様で、開口部をロールせずに使うと容量がアップする。斜め掛けストラップを採用。価格は6,600円。 関連リンク HELLY HANSEN

au損保が東京都の「自転車通勤」に新型コロナが与えた影響を調査 自転車通勤者のうち、4人に1人が新型コロナ流行後に開始

au損害保険株式会社(以下、au損保)は7月10日、東京都在住で週1回以上自転車通勤をしており、かつ勤務先から自転車通勤を認められている会社員の男女500人を対象に、新型コロナウイルス感染症(以下新型コロナ)が通勤形態に与えた影響を調査した。 緊急事態宣言が全国で解除されて1ヵ月以上が経過し、テレワークで働いていた人も、出社する機会が段階的に増えてきている。政府から発表された「新しい生活様式」および東京都から発表された「新しい日常」では、いわゆる「3密(密閉、密集、密接)」を避けるため、公共交通機関と徒歩や自転車との併用が示された。 au損保は、日本で新型コロナの流行が始まった後に、どれくらいの人が自転車通勤を新しく始めたのか、自転車通勤への関心は高まっているのかといった、新型コロナが通勤形態に及ぼした影響について調査した。 ※本調査における「自転車通勤」は、週に一回以上、自宅から勤務先まで自転車で通勤していることを指す。自宅から最寄り駅まで、また勤務先の最寄り駅から勤務先まで自転車を使っている場合等は含まない。 以下、プレスリリースから 自転車通勤者500人のうち、新型コロナ流行後に開始した人 23.0%  新しく始めた理由「公共交通機関での通勤を避けるため」95.7% 自転車通勤を始めたタイミングを尋ねたところ(単一回答)、日本で新型コロナの流行が始まった後、新たに自転車通勤を始めた人は23.0%(115人)となりました。新たに始めた115人にその理由を尋ねたところ(複数回答)、「公共交通機関での通勤を避けるため」が95.7%(110人)と、ほぼ全員という結果となりました。次いで「運動不足解消のため」44.3%(51人)、「ストレス解消のため」27.8%(32人)、「交通費を節約するため」21.7%(25人)となりました。 4人に1人が新型コロナの流行後に新たに自転車通勤を始めたことが分かりました。 自転車通勤によって、公共交通機関での通勤よりも新型コロナ感染のリスクが下がっていると感じる 88.0% 自転車で通勤することによって公共交通機関で通勤するよりも新型コロナの感染リスクが下がっていると感じるかどうかを尋ねたところ(単一回答)、「感じる」60.8%(304人)と「やや感じる」27.2%(136人)を合わせると計88.0%(440人)となりました。感染リスクが下がっていると感じる人が9割近い結果となり、自転車通勤が新型コロナへの感染防止に役立っていると感じられていることが分かります。 新型コロナ流行後、会社から自転車通勤を推奨するアナウンスがあった 32.0% 日本で新型コロナの流行が始まった後、勤務先から自転車通勤を推奨するアナウンス(公共交通機関の代わりに自転車通勤を推奨するなど)があったかどうかを尋ねたところ(単一回答)、「あった」と回答した人は32.0% (160人)となりました。 従業員の新型コロナ感染のリスクを下げるための一つの手段として、自転車通勤が有効だと考える企業もあるようです。 周りで以前よりも自転車通勤への関心が高まっていると感じる 72.4% 日本で新型コロナの流行が始まった後、周りで以前よりも自転車通勤に対する関心が高まっていると感じるかどうかを尋ねたところ(単一回答)、「感じる」34.2%(171人)と「やや感じる」38.2%(191人)を合わせると計72.4%(362人)となり、関心が高まっていると感じる人が大半を占めました。 「感じる」、「やや感じる」と答えた計362人にその理由を尋ねると(複数回答)、「会話で話題になることがあったから」58.3%(211人)が最多となりました。次いで「街中で自転車通勤している人を今までよりも見かけるようになったから」が57.7%(209人)、「身近な人たちが自転車通勤を始めるようになったから」50.0%(181人)、「テレビ・SNSなど、メディアで言及されているのを見たから」37.6%(136人)となりました。関心が高まっている理由として、周囲の会話や街中で実際に自転車通勤を目にする機会が増えていることが挙げられます。 アフターコロナの日本社会で自転車通勤が広がっていくと思う 79.0% 広がるために必要なこと「自転車通勤を認める会社が増えること」71.8% アフターコロナの日本社会において、自転車通勤の利用は今後広がっていくと思うかどうかを尋ねたところ(単一回答)、「思う」33.4%(167人)と「やや思う」45.6%(228人)を合わせると計79.0%(395人)となり、今後日本社会で自転車通勤は広がっていくと思う人が大半を占めました。 また、自転車通勤の利用が今後広がるために必要なことを尋ねたところ(複数回答)、「自転車通勤を認める会社が増えること」が71.8%(359人)で最多となりました。次いで「自転車用のレーン・道路の増加など、交通環境の整備」68.0%(340人)、「会社が制度を整えること」67.8%(339人)、「自転車運転時の交通ルールの周知」56.2%(281人)となりました。 「会社が制度を整えること」と答えた人(339人)に、具体的にどのようなことを会社に求めるかを尋ねたところ(自由回答)、「会社からの自転車の貸与」、「駐輪場の用意・整備」、「自転車通勤手当の支給」などの声が多く挙げられました。 今回の調査では、新型コロナの影響で自転車通勤を始めた人が一定数いることや、自転車通勤は公共交通機関よりも感染リスクが低いと感じられていることが明らかになりました。また自転車通勤への関心が非常に高まっており、今後も広がっていくと多くの人が感じていることも分かりました。コロナと共に生きる「新しい日常」への関心が高まる中、今後自転車通勤を活用する人は増えることが予想されます。 【調査概要】※au損保調べ 調査方法:インターネットによる調査 対象者:週一回以上自転車通勤をしており、かつ勤務先から自転車通勤を認められている会社員の男女 対象地域:東京都 回答者数:500人 実施時期:2020年6月19日~2020年6月22日 ※n=母集団のデータの数 ※本調査では小数点第2位以下を四捨五入しています。 関連リンク au損害保険株式会社

ライトウェイプロダクツジャパンが自転車通勤を検討する企業向けにサポートプランを提供

スポーツサイクルや自転車用品の輸入・企画・製造・販売を行うライトウェイプロダクツジャパンは6月11日、自転車通勤の導入を検討されている企業向けに、自転車通勤規約のサンプル提供や安全講習、自転車の貸出しを無償にて提供する事を発表した。 COVID19(新型コロナウイルス)の流行を受け、都心部の交通機関として混雑による感染拡大が心配される電車・バス、に代え、自転車通勤が注目を集めているが、安全な走り方や、通勤規約・規則の作成に課題があり、なかなか導入が進められない企業様も多くある。ライトウェイプロダクツジャパンは自転車のレンタルや、規約づくりや安全講習をサポートする。 内容は以下の通り。 ・対象 豊島区池袋周辺の企業様(ご応募いただいた中より社内にて選考をさせていただきます) ・パッケージ内容 自転車通勤のための安全講習(管理者および通勤対象者向け) 自転車通勤規約のサンプル提供 自転・ヘルメットのお貸出し ・貸出期間:1 ヵ月間 貸出最小・最大人数:ご相談ください(2-3人ぐらいから、最大10人程度を想定) 貸出自転車:ライトウェイブランドのクロスバイク + ヘルメット(サイズに合わせて提供いたします) ・必須条件 自転車保険に加入していただくこと 自転車置き場が確保できること(公共の一時預かりでもOKです) ・費用 無料 ・応募 お問い合わせページよりお問い合わせください。担当より折り返し連絡をいたします。 https://www.riteway-jp.com/support/otoiawase.html ※写真の撮影やメディア・弊社による取材にご協力いただく場合がございますのでご了承ください。 関連リンク ライトウェイプロダクツジャパン

NESTOからタウンユース向けカゴ付きクロスバイク「SCORTO(スコルト)」が登場

総合自転車メーカー「ホダカ」のスポーツサイクルブランド「NESTO (ネスト)」は5月27日、タウンユースに最適なカゴ付きタイプの通勤・通学向けクロスバイク「SCORTO(スコルト)」をモデルチェンジして発売した。 SCORTO はシティサイクルの利便性を受け継いたクロスバイク。NESTOのスポーツサイクル開発のノウハウを取り入れたのを売りにした6061アルミフレームは、体格に合わせて選びやすいよう2 サイズ展開に加え、自然な前傾姿勢での乗りやすさと、ペダルに力を込めやすい設計を売りにしている。また、本格的スポーツサイクルと同じくダウンチューブ下のケーブル格納を採用した。 通勤、通学や街乗りでの実用性を重視しており、カゴ、ライト、フェンダー、カギ、スタンドを標準装備。タイヤは27x1-3/8 インチと、ホームセンターや街の自転車などでも入手性の高い一般的なサイズなので、パンク等のトラブルが起きた際に修理がしやすいことが特長。後ブレーキはローラーブレーキで雨の日でもブレーキ制動力が変わりにくく、長期間メンテナンス不要で使用できる耐久力がある。 クランクはアルミ 48T、スプロケットは MF-TZ21 14-28T 6速。ブレーキはダブルピボットキャリパーブレーキ (フロント) SHIMANO BR-IM31-R(リア)。タイヤは KENDA K-192 27X1-3/8。重量は15.4kg(480mm、保安部品除く)。カラーマットガンメタル、ダークブルー、ホワイトの3色で、価格は4万円(税抜)。2021年継続モデルとなる。 関連リンク NESTO https://www.cyclorider.com/archives/34387 https://www.cyclorider.com/archives/37871  

ライトウェイの街乗りスポーツ自転車「スタイルス」に通勤通学仕様が登場

スポーツバイクブランド「RITEWAY」の企画・製造・販売を行うライトウェイプロダクツジャパン4月30日は、街乗りスポーツ自転車「スタイルス」に前後フルフェンダーをセットにした「スタイルス クロスバイク通勤通学キット」の販売を開始すると発表した。 ライトウェイ「スタイルス」は、1960年のフランスビンテージスタイルを現代に再現した街乗りスポーツ自転車。名前はデザインの様式・型を意味する「スタイリング」が名前の由来だ。 スタイルスの設計は、サイズ別ホイールサイズを採用したNiauデザイン。ホイールサイズごとに各部の寸法を細かく調整あい、身長150cmから180cmの人まで、誰が乗っても快適な設計を実現しているのを売りにしている。 フレームは、パイプの厚みを場所によって変化させたダブルバテッド仕上げのクロモリに、ラグ接続のフォーククラウンを採用したクロモリストレートフォークの組み合わせでクラシックなスタイルを実現した。 クラシックな車体に合わせて、レトロなレザーグリップとサドルを装着することで、1960年代のフランスのビンテージバイクをイメージしている。ハンドルは、手前に曲がったトレッキングタイプを採用。手前に33度曲がるスイープ角と22mmライズにより、上下を反転させればちょっと前傾姿勢にもなる。 装着されているフェンダーは、ダブルステーフェンダーで、アクリル素材の50倍の強度を持つポリカーボネート素材で長期間安心して使用できる泥除けを装着。カラーはシルバーで、アルミ膜の上に透明なポリカーボネートでカバーすることで金属の質感を持ちながら、曲がりやへこみが生じない。 メインコンポーネントはシマノアルタスで、クランクは、700Cは44T、26インチは46T、24インチは48T、リアスプロケットはシマノ 8速 11-34Tの組み合わせ。ブレーキは、TEKTRO R559デュアルピボットキャリパーブレーキ。タイヤはフレームサイズによって異なり、700x35C、26x1.35インチ 24x1.35インチとなる。 スタイルス クロスバイク通勤通学キットモデルの価格は69,900円(税抜)で、5月25日までの期間限定となる。 関連リンク ライトウェイ スタイルス スタイルス クロスバイク通勤通学キットを発売

”スーツ自転車通勤”の約50%が 「汗が気になる」。オアシススタイル「自転車通勤」に関するアンケート調査を発表

スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(以下、WWS)」を企画販売するオアシススタイルウェアは、年間を通して自転車購入にかける支出が最も高い3月を目前に、東京都在住の20〜30代で自転車通勤時にスーツを着用している男性109名を対象に実施した「自転車通勤」に関するアンケート調査の結果を発表した。 WWSは「スーツに見える作業着」をコンセプトとした次世代のスーツ型作業着。素材に独自開発を行った「Ultimex/アルティメックス」を使い、ストレッチ性、速乾・撥水、水洗い可、形態安定などの高機能性とストレスを感じさせないなめらかさ・手触りを実現した。また、自宅の洗濯機で丸洗いでき、フォーマルなシーンに使用可能なジャケットとパンツのため、自転車通勤者の使用を売りにしている。 アンケートでは、自転車通勤を行っている理由として、53.2%が「健康のため」と回答。次いで「気持ちが良いため」が42.2%、「電車・バス通勤が嫌なため」が37.6%の順になった。また、自転車通勤を行うなかで、着用しているスーツへの不満については、「汗が気になる」が47.7%で最多、次いで「動きにくく、自転車に乗りづらい」「シワになる」が同率で34.9%の結果となった。 そして、「下記の特徴を持つスーツのうち、特に興味がある内容を教えてください。」という質問に対しては、「洗濯機で丸洗いできるスーツ」が46.8%で最多、次いで「伸縮性が高く動きやすいスーツ」が45.0%の順となった。今回の調査では、気持ちの良さを求めて自転車通勤をしているにもかかわらず、移動中にかく汗や動きにくさに不満を持っていることが明らかになった。 ■自転車通勤に関するアンケート調査 調査概要:自転車通勤に関する意識調査 有効回答:東京都在住の20〜30代で自転車通勤時にスーツを着用している男性109名 調査期間:2020年1月17日(金)~2020年1月20日(月) ※参考資料 総務庁家計調査より引用:https://www.stat.go.jp/data/kakei/longtime/csv/h-mon-2015.csv (補足資料) 「仕事用のスーツを何着お持ちですか?」という質問に対して、33.9%の人が「3着」と回答。週5日が出勤日数と仮定してもスーツ所持数はそこまで多くないことが判明した。 スーツのクリーニングの頻度について、30.3%の人が「月に1回」と回答。次いで、「2週間に1回」が18.3%,「週に1回」が17.4%となった。 洗濯機で丸洗いできる・伸縮性があり動きやすい・撥水性があり、雨に強い・アイロン不要の特徴を持つスーツを欲しいと思いますか?質問に対し、「欲しい」が57.8%、「価格次第だが欲しい」と合わせると99%の自転車通勤者が欲しいと回答した。 WWS公式オンラインサイト:https://www.workwearsuit.com

自転車通勤にもおすすめの紳士靴 ムーンスター「バランスワークス」シリーズから新モデルが登場

ムーンスターは、足のストレスの軽減を目指した紳士靴「バランスワークス」シリーズから、移動のストレスに配慮した新機能「TOUGH SHOCK(タフショック)」を採用したモデル3型(SPH4640TS、SPH4641TS、SPH4642TS)を発売すると発表した。 バランスワークスは、インソールに施したドット形状により足裏を適度に刺激しバランス力を高める上、アウトソール中央部のくぼみが地面をとらえることで安定性を高める独自構造を採用。更に歩行時の足の動きにフィットするアウトソール設計としなやかに曲がる柔らかな本革を採用することで、歩行時のストレスの軽減をめざしている。 新機能「TOUGH SHOCK(タフショック)」は、軽量性と耐摩耗性の両立に着目し開発された。剛性と軽量性を併せ持つグラスファイバーシャンクの採用やボニス縫いにより軽量化を図り、アウトソールの擦り減りやすい部分に耐摩耗ラバーを配置するなどの工夫が施されている。更に、カップインソールに衝撃吸収材を使用し高発泡アウトソールとの相乗効果で衝撃吸収率を約30%(当社従来比)向上。また、自転車通勤や階段の上り下りなどのシーンでグリップ力を発揮するペダルグリップ意匠を採用した。 価格は税込み9,790円(本体価格¥8,900)。29㎝以上は税込10,780円(本体価格9,800円)。  

「ザ・スーツカンパニー」から自転車通勤向け機能性スーツを発売

ファッショントレンドを重視したトータルショップ「ザ・スーツカンパニー」から、自転車通勤を行うビジネスマン向けの機能性スーツが登場した。 通勤手段の一つとして認知されている自転車通勤。ビジネスマンがスーツで自転車を利用する際は、動きやすさや通気の良さなど様々な機能性が求められる。今回登場したスーツは、伸縮性、通気性、防しわ性に優れた機能性スーツで、サイクルウェアブランド「ナリフリ」と共同開発した。 このスーツは、ジャケットの両脇下と襟裏およびパンツのウエスト背面の、合計5箇所に通気口を施している。これにより、自転車走行時に衣服内に籠った熱気や汗などの湿気を外に排出するとのこと。また、パンツのウエスト内側にはシャツのズレを防ぐ滑り止めシリコンテープを施し、背面が高くデザインされたウエストは前傾姿勢になった際のシャツの飛び出しを抑える。ジャケットの襟裏には蛍光反射テープを施し、夜間の自転車走行時の視認性を高める。 生地バリエーションは2種類を用意。一つはスポーティーな雰囲気のジャージ素材で、アクティブなビジネスマンへ提案する。もう一方はウール混素材を採用し、ネクタイ着用のビジネスシーンにもふさわしい仕様となっている。 アイテム:ジャケット、パンツ*共生地の組み合わせでスーツとして着用可能。 生地種類:2種類 全4色展開 カラー:ネイビー、グレー / ネイビー、カーキ 主素材:ウール×ポリエステル×ポリウレタン / ナイロン×ポリウレタン 価格:ジャケット27,000円、パンツ13,000円(税別) サイズ展開:S、M、L、LL 販売数量:ジャケット800着、パンツ800着 販売店舗:ザ・スーツカンパニー(主要16店舗、オンラインショップ)*「ナリフリ」直営店2店舗及びオンラインショップでも販売。 ザ・スーツカンパニー:https://www.uktsc.com

Most Read

2021年モデル最新版 10万円以下のロードバイクまとめ ディスクロード等もピックアップ

(2020年10月13日更新)ロードバイクと言えば何十万円もするモデルや、100万円クラスの非常に高価なモデルが少なくない。そんなロードバイクの世界でも、10万円以下のロードバイクもエントリークラスの価格帯が用意されている。自転車ブランドのロードバイクなら、安価なロードバイクでも楽しく走れるだろう。 今回は10万円以下のロードバイクをピックアップ。また、参考として10万円にプラスアルファで購入できるロードバイクも紹介する。10万円に少し加えると、最新のトレンドを採用したモデルを選ぶ事ができるので、可能であれば予算は増やしたほうが良いだろう。価格は追記が無い限り税抜き表示。 2021年モデルの10万円以下のロードバイクの傾向 2021年モデルでは、10万円プラスアルファや10万円以下で購入できるロードバイクでも、ディスクブレーキ仕様が増えてきた。高価格帯のロードバイクでは定番となっているディスクブレーキロードバイク。2021年モデルでは低価格のエントリーモデルと呼ばれている物でも増えている。 また、時代の流れに合わせて、フレームとタイヤの隙間にゆとりがある車体設計が増えている。これにより、ロードバイクでも28ミリや32ミリ以上の太いタイヤを装着できるモデルが増えている。 ディスクブレーキを採用したロードバイク ハイエンドロードバイクで主流になりつつあるディスクブレーキ付きロードバイク。10万円以下のモデルでもディスクロードが登場している。従来のキャリパーブレーキよりも軽いタッチで効くため、エントリーモデルでも普及するのは時間の問題だ。規格に関しても、殆どのモデルがハイエンドモデルと同じ規格(前後12ミリスルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキ)を採用しているのがほとんどだ。   GT ROAD SPORT アメリカの自転車ブランド「GT」と言えば、マウンテンバイクやBMXで有名だがロードバイクもある。GT ROAD SPORTは、GTのアイコンであるシートステイはシートチューブと接触することなくトップチューブに接続されたフローティングデザインのトリプルトライアングルを採用。10万円を切る価格では貴重なディスクロードバイクの1台。 フレームはアルミフレームで、フロントフォークはフルカーボンフォークを採用。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはFSA Tempo、50/34T、スプロケットはSunrace, 11-32 8速。ブレーキはPromax Render R機械式ディスクブレーキ。タイヤはVittoria Zaffiro、700x28c。価格は9万9800円。 出典:GT Bicycles KhodaaBloom FARNA DISC Claris KhodaaBloom FARNA DISC Clarisは8万円台で購入できる貴重なディスクロードバイク。小柄で手足が短めな日本人に合わせたフレーム設計のエンデュランスロードバイク「FARNA」をベースにしたディスクロードバイク。8万円台と低価格ながら、コスト削減しやすいクランクやスプロケットはシマノ製を採用したり、コンチネンタル製のタイヤを装着するなど、低価格ながら細かい所にこだわっている。 フレームはAll-New“EAST-L”Triple butted.SmoothWeldアルミフレームで、フロントフォークはフルカーボンフォークを採用。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはSHIMANO FC-R2000、50/34T、スプロケットはShimano, 11-32 8速。ブレーキはTEKTRO...

超軽量でスポーティなE-Bike Specialized(スペシャライズド)「Turbo SLシリーズ」を解説

レーシングロードバイクやマウンテンバイクで有名な自転車ブランド「Specialied」。海外では2010年代から、E-Bikeを製造していたが、長らくの間、日本市場では販売されていなかった。そんな中、2020年に登場し一躍有名となったのが「Turbo SLシリーズ」だ。 日本市場に導入されているSpecialized製E-Bikeの一番の特徴が軽さだ。Turbo SLシリーズの特徴は、従来の人力自転車(ペダルバイク)のフィーリングを重視したE-Bikeだということ。モーターの重量を従来型のE-Bike(3キロ台が多い)よりも軽量な1.95キロにし、バッテリーのサイズを一般的なE-Bikeよりもコンパクトなバッテリーにするなど、様々な部分で軽量化を重視した設計にすることで、一般的なE-Bikeよりも軽いのが特徴だ。 重量はE-ロードバイクの「Turbo Creo SL」の場合、S-Works Creo SLなら12.2キロと、クラス最軽量を実現。E-クロスバイク「Turbo Vado SL」は重量15キロ台と、一般的なE-Bikeと比較して40パーセント軽量なのを売りにしている。 Turbo SLシリーズの特徴 従来のE-Bikeと比較して軽さを重視したドライブユニット Specialized Turbo SLシリーズ(Turbo Creo SL、Turbo Vado SL、Turbo Levo SL)には、「Specialized SL1.1」という自社製ドライブユニットを搭載している。 Specialized SL1.1モーターのスペックは重量1.95キロ、最大出力240W、最大トルク35Nm。因みに、一般的なE-Bike用モーター(Bosch Performance Line CX)の場合、重量2.9キロ、定格出力250W、最大トルク85Nm(2021年モデルの場合。2020年モデルは75Nm)。従来型E-Bikeと比較して、パワーとトルクを少なくした代わりに、ドライブユニットをコンパクトに仕上げた。 Sprcializedによれば、アシストはさまざまなケイデンス範囲で一貫したパワフルなアシストを発揮させ、自然なペダリング感覚を得られるようにチューニングを施したとのこと。走行モードはECO、SPORT、TURBOの3種類。アシスト力は、ECOモードでモーター出力の30%、SPORTモードで60%、TURBOモードで100%となる。また、モーターから一切のアシストを受けたくない非アシストモードも搭載されている。 人力自転車感を重視したフィールで、力強い追い風のようなアシスト感とアシストOFFでも走行感が変わらないアシストは、E-Bikeというより夢のペダルバイク(人力自転車)に近い感覚だ。 従来型E-Bikeとフィーリングの違いは? 低トルク、軽量E-BikeのTurbo SLシリーズと、高トルクの従来型E-Bikeは何が違うのか。 シマノやBosch、ヤマハなどの従来型E-Bikeは、モーターの力強いトルクを生かして、平地や上り坂ではグイグイと走る事ができる。そのため、強い力を活かせばフルサスE-MTBでも、上り坂を時速18キロで走行し、人力ロードバイクを抜いていく芸当もできる。 その一方で、重いバッテリーを車体に装着しているため、コーナリングは人力自転車(ペダルバイク)とはジャンルが違う乗り味だ。また、アシストが切れる時速24キロ以上のスピードでは、人力自転車と比較して加速が緩やかだ。 軽量・低トルクユニットのE-Bike「Specialized...

E-Bike界のスーパーカー「Bianchi e-SUV」シリーズ【海外モデル】

今まで、自転車の世界に無かったジャンルの1つに「スーパーカー」タイプがある。スーパーカーとは、高い運動性能とひと目を引くデザインを採用した贅沢で高価なスポーツカーの事を指す。自転車の世界でスーパーカーが無いのは、運動性能は実質的には人間が出すものと、ひと目の引くデザインを採用すると、重くなり走行性能を悪くしてしまう問題があるからだ。 そんな中、E-Bike界から、スーパーカーならぬスーパーE-Bikeが登場した。 Bianchiの海外向けE-Bike「e-SUV」は、従来のE-MTBのデザインから外れたスーパーE-Bikeと言えるモデルだ。他のE-Bikeと違うのがデザイン。ダウンチューブの造形を立体的にし、単色でも立体的に魅せるのに成功し、更にフレーム上部にエンブレムを装着した。ダウンチューブにはエアインテークを搭載し、ダウンチューブ内に内蔵されているバッテリーを冷却する効果を持っているようだ。 一番特徴的なのが、Rallyモデル装着されたフレーム一体式のフロントライト。これにより、従来の自転車には無い「顔」をつけるのに成功した。フレームとハンドルの段差をできるだけ無くすために、コラムスペーサーを無くす代わりにオートバイのカウルを意識したヘッドチューブを採用し、統一感を出している。リアスイングアームにもテールライトを装備した。 デザインだけでなくパフォーマンス面も追求しており、フレームはフレーム・リアスイングアームはカーボン製。フロント29インチ、リア27.5インチの異径ホイールを採用しており、FOX製のサスペンションには、MTB用電子制御サスペンションシステム「Live Valve」を搭載。ドライブユニットはシマノのハイエンドE-Bike用ドライブユニット「STEPS E8000」に大容量の720Whバッテリーを装備し、E-MTBの性能を追求している。 Bianchi e-SUVが従来の自転車ではできなかったデザイン性を追求できたのは、E-Bikeなのもある。例えば、内蔵ヘッドライトやテールライトは一般的な自転車なら装飾で、メンテナンス面から見てもただの重りとなるので付けないだろう。(最上級モデルのe-SUV Racerはライト無し)また、細かい調整よりもデザインを追求した所も、ポジション調整を追い込むときに欠点になる。しかし、電動アシストユニットを搭載したE-Bikeなら、多少の装飾で重くなったり、ポジション調整が雑でも電気の力で楽に走ることができるので問題にならない。 e-SUVは現時点では日本市場にやってくるかは不明だ。価格はE-SUV Racerで10.490ユーロ、E-SUV Rallyで9.490ユーロ、E-SUV Adventureで 6.790 euroユーロと、下手な小型オートバイよりも高価だ。しかし、50~250CCのオートバイには、大手ブランドで非常に高価なスーパーモデルの物が無いため、E-Bikeでスーパーモデルが登場できた事だけで、E-Bike市場の深さがわかるだろう。 従来の自転車やE-Bikeにはなかった性能とデザインを両立したスーパーE-BikeのBianchi e-SUV。価格もスーパーだが、e-SUVが成功したら、各社がスーパーE-Bikeを投入する可能性は高い。 https://www.bianchi.com/e-suv/

初心者向けロードバイクの決定版か GIANT Escape R DROP

GIANTの定番クロスバイクと言えば、Escape Rシリーズだろう。軽量な車体にロードバイク風の細いタイヤを装備することにより、舗装路の軽快なライドを楽しめるクロスバイクとして有名だ。そんなEscape Rシリーズのカスタムで有名なのがドロップハンドル仕様だろう。 このドロップハンドル仕様は、長年に渡って行われてきたカスタマイズの1つだったが、ついにGIANTがEscape R Dropという、純正ドロップハンドル仕様を登場させた。 Escape R Dropは、Escape Rシリーズ初のドロップハンドルモデル。かつてはEscape T1(URL)というドロップハンドルモデルも存在したが、こちらはGIANTのシクロクロスバイク(TCX)をベースにEscapeのカラーリングを施した物があったが生産中止した。   Escape R Dropで注目を浴びたのが、デュアルコントロールレバーとミニVブレーキの組み合わせだろう。この組み合わせはシマノ非推奨だが、一部のカスタムユーザーが行っていた組み合わせだ。大手自転車ブランドが、この組み合わせを行うということは、実際に動かせるという事なので、どんな感じに動くのか見てみたい。 Escape R DropとEscape R3の違いは? Escape R DropはEscape R3を比較した時、一番わかり易いのがハンドルだろう。Escape R3が扱いやすいフラットハンドルを採用しているのに対し、Escape R Dropはロードバイクやシクロクロスバイク等に使われているドロップハンドルを採用した。ドロップハンドルは握れる場所が多くあり、下ハンドルを握ると力強く焦げる利点があるが、ブレーキレバーが握りにくい、ハンドル幅が狭いので押さえが効きにくい欠点がある。 ドロップハンドルを装着するために、フレームも変更している。一番わかり易いのがハンドル~サドル間の長さ(トップチューブ長)をEscape R3よりも短くしている事。これは、ドロップハンドル用フレームのポジションは、フレームのトップチューブ長+ステム長+ハンドルのリーチ長で合うようになっているため、フラットハンドル用のフレームよりもトップチューブ長を短くしている。 また、ギアも変更している。Escape R3はフロントクランク48-38-28T、リアスプロケット11-32Tの8速。Escape R Dropはフロントクランク46-30T、リアスプロケット11-34Tの8速。ドロップハンドルバージョンのほうが、ロードバイク風の前2段仕様となっている。 Escape...