木曜日, 10月 22, 2020
タグ レンタサイクル

Tag: レンタサイクル

スポーツバイクの個人間シェアサービス「CycleTrip」が「CycleTrip公式Twitter感謝キャンペーン」を実施 500円クーポンを全員にプレゼント

スポーツバイクの個人間シェアサービス「CycleTrip」を運営するZuttoRide Sharingは、2020年10月5日から、「CycleTrip公式Twitter感謝キャンペーン」を実施。 「CycleTrip」内で使える500円クーポンを全員にプレゼントを実施する。 「CycleTrip」は、ロードバイク、E-Bike等のスポーツバイクを、誰でも気軽にシェアできるサービス。今回のキャンペーンでは、サービスを多くのユーザーに体感するのをを目的として、「CycleTrip公式Twitter感謝キャンペーン」を開催する。 キャンペーンでは、CycleTrip公式Twitterで、10/5(月)23:59時点での、【プレゼント企画】ツイートのRT数に応じてCycleTripで使えるクーポンをプレゼントを実施。500RT(確定)で、500円分クーポンを、1,000RTで、1,000円分のクーポンを、1,500RTで1,500円分のクーポンを全員にプレゼントを行う。 今回のキャンペーンは、「CycleTrip」Twitter公式アカウントをフォローし、プレゼント企画ツイートをリツイートする事で参加できる。 ■特典付与条件 ※既存の登録ユーザー様へのクーポン付与は、2020/10/5(月)23:59を基準に行います。 ※クーポンは随時配付されますが、最大で1週間程度時間がかかる場合があります。 ※クーポンの有効期限は配付より1ヶ月間です。 ■注意事項 ・不正行為等によるクーポン取得を確認した場合、クーポン付与の対象外とし、付与されたクーポンは取消となる場合があります。 ・本キャンペーンは予告なく変更・中止・延長する場合があります。 ・CycleTripでは、今後も同種または類似のキャンペーンを行う場合があります。 関連リンク CycleTrip CycleTrip公式Twitterアカウント

SpecializedのE-Bikeで誰もがしまなみ海道を楽しめる「Turbo Experience Station Shimanami」がスタート

スペシャライズドジャパンは9月2日、しまなみ海道の真ん中にある大三島のサイクリング総合施設WAKKA、「自転車って、楽しいね!」をテーマに活動を続けるサイクルショップ「B-shop OCHI(ビーショップオチ)」、自転車メーカー「SPECIALIZED(スペシャライズド)」が"e-Bike Turbo"を通して、しまなみの魅力を余すことなく体験するサービス「Turbo Experience Station Shimanami(ターボ・エクスペリエンスステーション・しまなみ)」プロジェクトを開始すると発表した。 スペシャライズドは、Turboを使った新しいアクティビティを広めていくため、日本全国で"Turbo Experience Station"プロジェクトを開始する。 先駆けとして、サイクリストの聖地と名高い、しまなみ海道の真ん中にある大三島のサイクリング総合施設WAKKA、サイクルショップB-shop OCHIと協力。2020年9月5日(土)よりプロジェクトを開始する。 「WAKKA」は、しまなみ海道の中間地点である大三島で、旅行を総合的にサポートする総合施設。増加するしまなみ海道の観光客数に対して、総合的なサービスを提供する施設が少ない、全長70kmあるサイクリングロードにおいて適切な休憩地点やサポートサービス、インバウンドの受け入れ体制が足りていないなどの問題を解決すべく、しまなみ海道の真ん中である大三島にオープンした。 ホテルはコテージ・テント・ドミトリーを用意し定員34名で自転車持込が可能。また、サイクリスト専用タクシー(最大7名+自転車7台、乗客のみ9名積載可能)や、サイクリスト専用ボート(最大5名+自転車5台、乗客のみ9名積載可能 施設内に乗船所あり)を用意している。 WAKKAでレンタルできるE-BikeはVado SL 4.0(Sサイズ5台/Mサイズ4台/Lサイズ1台)。Turbo Vado SLは、SpecializedのE-ロードバイク「Turbo Creo SL」、フルサスE-MTB「Turbo Levo SL」に搭載されている軽量ドライブユニット「Specialized SL1.1」(最大トルク35Nm)を搭載することで、車体重量は14.9キロを実現。その軽量性からアシストが切れた場合でもスポーツバイクのライドフィールを損なわず、ライドを楽しむことができるのを売りにしている。バッテリーの容量は320Whで最大航続距離は130キロを実現した。 メンテナンスは愛媛県西条市にある「自転車って、楽しいね!」がキャッチフレーズのB-shop OCHIで定期点検を行っている。 レンタル料金は2時間2000円(税込)。延長料金は1時間1000円から。その他、事前予約制のカスタムガイドツアーや各種サポートサービスも用意している。予約は電話かメールで行っている。 関連リンク スペシャライズド WAKKA WAKKA レンタサイクル(SPECIALIZED turbo...

E-Bikeって沢山あるけど何が違う? 東京のレンタサイクル「CycleTrip BASE」で実際に乗り比べてみた

近年、ヨーロッパを中心に注目されている電動アシストスポーツサイクル「E-Bike」。日本でも少しずつ注目されている乗り物で、乗ってみたい人も多いと思います。しかし、実際にE-Bikeを乗って楽しめたり、試乗して比較できる場所は少ないのが現状です。 今回、東京・浅草にあるレンタサイクル「CycleTrip BASE」にあるレンタル可能なE-Bikeを一斉インプレッション。街乗りからサイクリングまで楽しめるミニベロタイプのE-Bikeから、高価なマウンテンバイクタイプのE-Bikeを紹介します。また、単体車種の紹介だけでなく、様々な違いも比較して解説します。 取り回しが良くて扱いやすいミニベロタイプのE-Bike 一般的な自転車よりも小さい車輪を装着した自転車として有名なのがミニベロ。E-Bikeにもミニベロタイプは販売されており、ミニベロの特徴である車体のサイズがコンパクトで、保管がしやすいのはそのままに、モーターとバッテリーの力により、ミニベロでは不得意な坂道や長距離もラクラク走ることができます。また、ファッショナブルなモデルが沢山用意されているのも特徴です。 サスペンション付きで街乗りからサイクリングまでオススメ「BESV PSA1」 台湾のE-Bike専門ブランド「BESV」のベストセラーモデルとして有名なのがPSA1。前後サスペンションを搭載した独特のデザインは、グッドデザイン賞を採った事で有名です。 マウンテンバイクを連想させる前後サスペンションに、ママチャリよりも太いタイヤは、街中の段差も安心感が高いのが特徴。また、ハンドル位置も高いため、E-Bike初心者でも安心して走行することができます。 後輪に装着されたモーターはスーッとアシストを行い、外装7段変速機の組み合わせでスポーティな走りが楽しめるのが特徴。その他には、BESV独自のスマートモードを搭載しています。これは、踏み込む力を車体が判断し、登り坂の時は強めにアシスト機能が働き、スピードが出ているときは軽めにサポートを行います。 1充電でのアシスト可能な距離は最大90キロメートル。街乗りや普段使いに便利ですが、サイクリングも使えます。実際にアップダウンがある伊豆大島でも楽々と走れる実力があり、ポタリングからサイクリングまで幅広く楽しめるE-Bikeです。 https://www.cyclorider.com/archives/27210 CycleTrip BASEでBESV PSA1(白)をレンタルするCycleTrip BASEでBESV PSA1(黄)をレンタルする CycleTrip BASEでBESV PSA1(赤)をレンタルする レンタル料金:¥6,000/日(2日目以降 ¥4,000/日)¥19,000/月 • フレーム:アルミフレーム(リアサスペンション付き) • フロントフォーク:RST CAPA 20 50mmトラベル • 重量:19.6kg • ブレーキ:TEKTRO 機械式 ディスクブレーキ (エレクトリックブレーキ装備) • ギア(前):48T • ギア(後):12-28T 外装7段変速 • フロントホイール:20インチ • リアホイール:20インチ インホイールモーター •...

E-BIKEで愛媛の魅力を楽しむ「E-BIKEアクション」プロジェクトが愛媛県内各地で始動

愛媛県サイクリングプロジェクトは8月12日、「E-BIKEアクション」プロジェクトを愛媛県内全域に拡大し、E-Bikeの普及活動を行うと発表した。 「E-Bike」は電動アシスト機能が付いたスポーツタイプの自転車で、既に海外では人気が高まりをみせるなか、2018年、日本も「E-BIKE元年」と呼ばれ、ニュースやテレビ番組で取り上げられるなど、トレンドのひとつになりつつある。マーケット拡大に向けた業界の動きも活発化しており、今後、国内においても、シニア層や女性層など、年齢、性別、体力に関係なく、幅広い層が楽しめるE-BIKEの需要が高まってくると予想されている。 愛媛県サイクリングプロジェクトは2019年7月からしまなみ海道で、電動アシスト機能が付いたスポーツタイプの自転車「E-BIKE」の魅力を発信するプロジェクト「E-BIKEアクションしまなみ」を始動。2020年度も多くの人にE-BIKEの魅力を伝えるために「E-BIKEアクション」プロジェクトを愛媛県内全域に拡大し、E-BIKE普及活動を行う。 2020年度「E-BIKEアクション」プロジェクト取り組み内容 ①「E-BIKEアクション」ポータルサイトでの情報発信 E-BIKEの魅力やルール・マナーといったE-BIKEの基本情報をはじめ、「しまなみ」「佐田岬」「石鎚」「四国カルスト」のおすすめサイクリングコース、愛媛県内の絶景やグルメなどおすすめ情報、レンタサイクル情報を紹介。さらに今後、愛媛県内で実施されるE-BIKE関連イベントの情報も掲載予定。 〈E-BIKEアクションポータルサイト〉https://e-bike-action.com/ ②E-BIKEアクション参画事業者(各レンタサイクルターミナル等)によるPR 参画事業者のレンタサイクルターミナル等では、「E-BIKEアクション」プロジェクトの目印として、統一ロゴマークを使用したのぼり旗、ポスターを掲出し、E-Bikeの認知向上と利用促進を図る。 ③しまなみエリアの強化 レンタサイクル利用者からの要望を踏まえ、新たなサービスとして、今治⇔尾道間の乗り捨て、貸出時間も従来の6時間から4時間または1日貸し出しへと変更した。また、しまなみエリアのレンタサイクルターミナルでは、しまなみ海道でのE-Bikeサイクリングの魅力を伝えるデジタルサイネージの放映とガイドブックの配布を行う。 ④愛媛県内各エリアで連携したPR 愛媛県自転車新文化推進協会が実施する各種イベントやPRにおいて、各エリアと連携してE-Bikeの情報や地域の魅力を発信し、地元や近場での観光目的としてE-Bikeの活用を提案する。 愛媛県内でのE-BIKE普及活動(E-BIKE通勤推進モデル事業) 愛媛県内の事業者を対象に、1事業者につきE-BIKEを5~10台程度、2年間無料貸出する『E-BIKE通勤推進モデル事業者』の募集を開始した。 型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた3密対策として、従業員の自転車通勤、営業回り等近隣移動用の社用車として利用、事業者の福利厚生サイクリングの活用など、E-BIKEを幅広い用途に活用していただくと同時に、事業者の取り組みや効果を広く発信していく。 第一次募集を2020年8月17日(月)まで行っています。概要はPRTIMESのプレスリリースファイルからダウンロード可能。事業詳細、募集要項、申し込み様式等については、愛媛県ホームページ(https://www.pref.ehime.jp/h12180/ebike/model.html)から確認できる。 E-BIKEアクション参画事業者一覧(27社・団体/2020年8月現在) 【しまなみエリア】〈自転車メーカー〉グローブライド㈱、㈱ジャイアント、パナソニックサイクルテック㈱、㈱プロト、㈱BESV JAPAN、ボッシュ㈱、㈱ミヤタサイクル、ヤマハ発動機㈱ ※五十音順 〈レンタサイクル事業者等〉今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山(一般社団法人 今治勤労福祉事業団)、尾道港レンタサイクルターミナル(一般社団法人 しまなみジャパン)、ジャイアントストア今治店・尾道店、しまなみ温泉 喜助の湯(キスケ㈱)、せとうち交流館〈弓削レンタサイクルターミナル〉(上島町観光協会) 【佐田岬(さだみさき)エリア】道の駅 八幡浜みなっと/伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな(佐田岬広域観光推進協議会)、一般社団法人 八幡浜市ふるさと観光公社、伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな(NPO法人 佐田岬ツーリズム協会) 【石鎚(いしづち)エリア】西条市観光交流センター(㈱ソラヤマいしづち)、B-shop OCHI、WINDS BIKES、CAFÉ BASE(NPO法人K2) 【四国カルストエリア】四国カルストレンタサイクルステーション(一般社団法人 久万高原町観光協会) 【愛媛県内各地】フラワーさいくる(フジリネンサプライ㈱)、しまのテーブルごごしま、東温市さくらの湯観光物産センター(一般社団法人 東温市観光物産協会)、道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場(宇和島市観光物産協会)、イヌガイ自転車商会(㈱イヌガイ・バイシクル) 関連リンク E-Bikeアクションポータルサイト

高いロードバイクと安いロードバイクの違いとは? 東京のレンタサイクル「CycleTrip BASE」で実際に乗って確かめてみた

ドロップハンドルと軽量な車体で、舗装路を軽快に走行できるロードバイク。今ではレースだけでなく、サイクリングなど幅広い楽しみ方があります。人気のロードバイクは、様々なメディアで購入ガイドが公開されていますが、高価なロードバイクと安価なロードバイクの違いや、レーシングタイプのロードバイクとエンデュランスの違い、アルミとカーボンの違いなど疑問に思う事も少なくないでしょう。 今回、東京・浅草にあるレンタサイクル「CycleTrip BASE」にあるレンタル可能なロードバイクを一斉インプレッション。アルミフレームでお手頃な価格で購入できるエントリーロードバイクから、何十万円もするカーボンフレームのロードバイクまで紹介します。また、単体車種の紹介だけでなく、様々な違いも比較して解説します。 10万円以下で購入できるエンデュランスロードバイク ロードバイクの中でも、レース用ロードバイクよりも、ライダーの姿勢が少し起きるように設計されたロードバイクが「エンデュランスロードバイク」です。 レーシングタイプのロードバイクよりも、ライダーの首や背中にかかる負担を軽減してくれるのが特徴です。手頃に購入できる10万円以下のロードバイクでは多くのブランドが、このような設計を採用しています。CycleTrip BASEでレンタルロードバイクの主流がこのタイプで、街乗りからサイクリングまで幅広い楽しみ方を行いたい人に向いています。 SCOTT SPEEDSTER 40 レーシング用ロードバイク「FOIL」シリーズや「ADDICT」シリーズで有名なSCOTT。アルミフレームのロードバイク「SPEEDSTER」シリーズは、エアロダイナミクスも考慮した、FOIL譲りのチュービングとADDICT同様のアップライトなエンデュランスジオメトリーを採用したロードバイクです。 SCOTTのレーシングロードバイク風のデザインながら、乗車姿勢はアップライトのため、レース用ロードバイクの前傾姿勢のキツイ所は少ないです。 また、タイヤはスポーティなクロスバイクと同じ700×28Cタイヤを採用しています。これにより、荒れた舗装路でも安定性を確保。ロードバイクらしいスタイルに外連味がない走りを実現しています。 レンタル料金:¥6,000/日(2日目以降 ¥4,000/日)¥18,000/月 CycleTrip BASEでSCOTT SPEEDSTER 40をレンタルする フレーム:Speedster / D.Butted 6061 Alloy Endurance geometry /Integrated Headtube, int. cable routing フロントフォーク:Speedster Alloy 1...

JR西日本が「尾道・しまなみサイクリングきっぷ」を発売 レモン色のオリジナルレンタサイクルでしまなみ海道が楽しめる

JR西日本は2020年7月1日から、往復JRと指定の航路に、JRオリジナル自転車(レンタサイクル)をセットにしたおトクなきっぷ「尾道・しまなみサイクリングきっぷ」を発売する。 JR 西日本では、瀬戸内エリアを一大周遊エリアになることを目指すために「せとうちパレットプロジェクト」を展開している。2020 年春から尾道市の協力で市内のレンタサイクル事業者や、JR西日本レンタカー&リース株式会社と連携し、尾道市内や「サイクリストの聖地」と言われているしまなみ海道で、サイクリングを気軽に快適に楽しめるように、JR西日本オリジナル自転車「SHIMANAMI LEMON BIKE」を導入している。 「尾道・しまなみサイクリングきっぷ」では、発地~尾道駅の往復JR(新幹線普通車指定席)、瀬戸内クルージング(尾道港~瀬戸田港往復)、JR 西日本オリジナル自転車(レンタサイクル)が利用できるお得な切符。瀬戸内クルージングの往復切符がついているため、気軽に愛媛県エリアのしまなみ海道を楽しむこともできる。 レンタサイクルはJR西日本オリジナル自転車「SHIMANAMI LEMON BIKE」。地元自治体・大学との連携で実施した「せとうちカレッジ」で出された神戸松蔭女子学院大学の学生チームの提案から誕生した自転車で、「若い女性をターゲットにした”乗って楽しい””写真を撮りたくなる”自転車を」というコンセプトにより、サドルやペダル・ハンドルも全てレモン色なのが特徴だ。 貸出箇所は尾道エリアの場合「m³ HOSTEL (エムスリーホステル)」、瀬戸田エリアの場合「汐待亭、しまなみロマン、旅館つつ井、島ごころ SETODA」、福山エリアの場合「駅レンタカーJR 福山駅営業所(JR 西日本レンタカー&リース株式会社)」。通常料金は3時間1000円、1日2000円なので、きっぷはお買い得だ。 2名から利用でき、こどもの設定はない。有効期間は1日。料金の設定区間は「京都市内」「大阪市内」「神戸市内」「岡山」「広島」「新山口」「新下関」で、それぞれ、1万2000円、1万1000 円、1万500円、5500円、5500円、1万500円、1万2000円。発売はJR西日本インターネット予約「e5489」で発売する。 関連リンク 尾道・しまなみサイクリングきっぷ

東京のレンタサイクル「CycleTrip BASE」がスポーツバイクのレンタルで、リアキャリア無償提供を実施

東京浅草でスポーツ自転車のレンタルショップ「CycleTrip BASE」を運営しているZuttoRide Sharingは4月30日、レンタルスポーツ自転車に取り付けるリアキャリア(荷台)を無償で装着すると発表した。 「CycleTrip BASE」は浅草でロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、E-Bike(電動アシストスポーツ自転車)のレンタルを行っている。今年2月頃から電車やバス等の公共交通手段から自転車へシフトする人が急増し、同時にフードデリバリーサービスの方から自転車を使用した配達の需要も増え、月額レンタルプランが好調だ。 今回、スポーツ自転車には装備されていないリアキャリアだが、荷物を載せて移動したい通勤、通学、Uber Eats等でスポーツバイクをレンタルをされた方からは好評を得ているので実施する。 ※リアキャリアには数に限りがございますので、在庫が無い場合はご了承のほどをお願い致します。 CycleTrip代表中村のメッセージは以下の通り 「家族のために出勤等で外出をせざるを得ない方々は意外と沢山いらっしゃいます。そうした方々へ少しでもお力添えが出来ればと思い、緊急事態宣言の中ではございますが、レンタルサービスを継続しております。最小限のスタッフで運営しておりますので、現在スポーツバイクの宅配レンタルサービスを見合わせておりますことをご了承下さい。皆様が少しでも安心できる移動手段を確保するサポートをスタッフ一同、精一杯提供させていただきます!」 関連リンク CycleTrip BASE公式サイト

宅配レンタサイクル「CycleTrip BASE」が期間限定で最大2,000円割引の応援プランを実施

ZuttoRide Sharingは3月26日、浅草に拠点を構えるスポーツバイク(E-Bike・ロードバイク・MTB)の宅配レンタルサービス「CycleTrip BASE」で、自転車通勤・通学を始める人や、Uber Eatsを行っている人に向けて、通常より割安な料金でスポーツバイクレンタルを行うと発表した。 CycleTrip BASEは浅草に拠点を持つ宅配レンタサイクル。本格的なカーボンロードバイクから、エントリーモデルのアルミロードバイクに、クロスバイクやMTBといったスポーツ自転車に加え、近年注目されているE-Bikeもレンタルできる。また、上野、浅草、東京駅周辺なら、配達料を無料で届ける事が可能だ。その他の地域でも、東京23区内であれば希望の場所まで宅配を行う。 今回、コロナウイルス問題で電車に乗ることを見直したいなど、自転車を利用する人に向けた特別応援プラン。料金は月額料金(最初の1ヵ月間)、ロードバイク、MTB、クロスバイクは1,000円割引、E-Bikeは2,000円の割引を実施する。 本プランの申込する場合は、必ず申込サイトのメッセージ欄に、「特別応援プラン希望」と記載し、本プラン利用の内容をレンタル開始日より1週間以内にSNSにアップロードを行うのが条件となる。 公式サイト:CycleTrip BASE

宅配レンタサイクル「Cycletrip BASE」でロードバイク、E-Bike等の月額プランを開始

ZuttoRide Sharingは、2月26日、浅草に拠点を構えるスポーツサイクル(E-Bike・ロードバイク・MTB)の宅配レンタルサービスで、新たに月額プランを開始したと発表した。 CycleTrip BASEは、サイト上から希望の車種を選択し、希望の時間、配達場所を選択するだけの簡単申込でスポーツサイクルのレンタルが出来るサービス。今までは月額レンタルは無かったが、多くのユーザーから長期レンタルを希望する声があり、月額プランを新しく設定した。上野、浅草、東京駅周辺では、配達料無料で宅配が可能。また、23区内であればご希望の場所まで宅配が可能とのこと。 車種は、BESVのE-Bike(PSA1、LX1、TRS2 XC、TRS2 AM)やBenelliのE-MTB(TAGETE27.5)、NEILPRYDE(BURA ULTEGRA)、GIANT(CONTEND SL1、DEFY ADVANCED)等のロードバイク、COMMENCALブランドのマウンテンバイクやキッズMTB(EL CAMINO 650B/29、RAMONES 24+)等を用意している。 公式サイト: CycleTrip BASE

淡路島にレンタサイクル&総合サイクリングショップ Cyclism AWAJIが誕生

兵庫県南部にある瀬戸内海で最大の島「淡路島」に、レンタサイクル&総合サイクリングショップ「Cyclism AWAJI(シクリズム アワジ)」が2020年2月22日(土)にオープンする。 シクリズムアワジは淡路市東浦バスターミナル内にあるレンタサイクルショップ。レンタルできる自転車はTREKブランドのクロスバイク、ロードバイク、E-Bike、キッズバイク。ロードバイクのレンタサイクルに関しては、タイヤが太くて初心者でも運転しやすいグラベルロードバイクや、カーボンフレームのレーシングタイプのロードバイクがレンタルできる。レンタルプランは、4時間、1日、1泊2日、2泊3日を用意。レンタルサイクルには、ヘルメット、鍵、パンク修理セット、ドリンクホルダー、ライト、スタンド(一部車種のみ)が付属し、希望者にはズボン裾バンド、簡易マッドガード(ドロよけ)も無料でレンタルできる。 また、事前予約を行えば有料で淡路市、洲本市、南あわじ市の配送も可能。上記以外の場所や、宿泊施設でのレンタルや乗り捨ても、できる限り対応するとのことだ。公式サイトではシクリズムアワジからスタート&ゴールのおすすめサイクリングルートの紹介や、サイクリングイベントスケジュール、おすすめグルメ&宿情報も公開している。 Cyclism AWAJI シクリズムアワジ TEL 090-6662-3196 LINE ID cyclism-awaji Mail info@cyclism-awaji.com address 〒656-2305 兵庫県淡路市浦648 東浦バスターミナル内 営業時間 平日  8:00〜18:00 土日祝 7:30〜18:00 定休日 水曜日(事前にレンタル予約があれば営業します) *定休日以外に臨時でお休みする場合があります シクリズムアワジ公式サイト:https://www.cyclism-awaji.com

伊豆大島でロードバイクやクロスバイク等がレンタルできるレンタサイクル一覧

東京から南に約120kmの場所にある伊豆大島。高速ジェット船で最短1時間45分で行くことができ、伊豆諸島の中では気軽に観光が楽しめることでも有名だ。日本唯一の砂漠「裏砂漠」や、三原山のトレッキングやダイビング等、様々なアクティビティがあり、サイクリングも楽しめる。伊豆大島のレンタサイクルは、マウンテンバイクが多いが、電動アシスト自転車を用意している所があり、伊豆諸島の中ではレンタサイクルが豊富だ。レンタサイクルは日時や時間、注意事項は季節などにより違うため、実際にレンタルを行う場合は公式サイトで確認してほしい。 レンタサイクルらんぶる 伊豆大島内では、たくさんのレンタサイクルを取り扱っている。メインは街乗り用マウンテンバイクだが、クロスバイクやロードバイクもレンタルできる。レンタサイクルだけでなく、50CCや125CCクラス のレンタルスクーターも取り扱っている。 http://ranburu.sakura.ne.jp/ 場所:東京都大島町元町 車種:ブリヂストンサイクルのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク。その他にママチャリやジュニアマウンテンバイクもある。 料金:シティサイクルは1日1,500円。マウンテンバイクは1日2,000円。その他のプランあり みよし土産店 伊豆大島内にある土産店のレンタサイクル。車種はマウンテンバイクとママチャリの2種類。また、オプションで三原山や大島温泉ホテルからスタートするプランも用意している。 http://miyoshi-miyage.com/menu2.html 場所:東京都大島町元町 車種:マウンテンバイク その他にママチャリもある 料金:1日2,000円 その他のプランあり 戸井商店 低価格帯のクロスバイクが1泊2日で2,000円で借りることが可能。その他にも、デイトナポタリングバイクブランドや、リアチャイルドシート付きの電動アシスト自転車も用意。また、三原山山頂からスタートできるプランも実施している。 https://rentalcycletoi.amebaownd.com 場所:東京都大島町元町1-2-2 車種:クロスバイク、電動アシスト自転車(デイトナポタリングバイク、リアチャイルドシート付き電動アシスト自転車) 料金:1日2,000円(クロスバイク)/3,000円(電動アシスト自転車) その他のプランあり Volcanic Island izuoshima 持ち込みの自転車を屋内に保管できるゲストハウス。レンタサイクルも用意されており、1日3,000円でスポーツタイプの電動アシスト自転車がレンタルできる。 https://www.volcanic-island.tokyo/ 場所:東京都大島町元町2丁目2番2号 車種:電動アシスト自転車、その他にもママチャリも用意 料金:1日3,000円(電動アシスト自転車) 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/23019 https://www.cyclorider.com/archives/26434 https://www.cyclorider.com/archives/31406

沖縄でロードバイクやクロスバイクがレンタルできるレンタサイクル一覧

美しい自然と独特の文化、温暖な気候で観光地として知られている沖縄。サイクリングを楽しむ人も少なくないため、レンタサイクルも豊富なことで有名だ。今回は沖縄県でロードバイクやクロスバイク、E-Bikeなどのスポーツサイクルがレンタル可能な店をまとめてみた。レンタサイクルは日時や時間、注意事項は季節などにより違うため、実際にレンタルを行う場合は公式サイトで確認してほしい。 沖縄輪業 初心者でも乗りやすいクロスバイクからロードバイク、E-Bikeまで幅広い自転車がレンタルできる。 http://okirin.ti-da.net/e2950894.html 場所:前島2号館(沖縄県那覇市前島2-10-3)か、南風原店(沖縄県島尻郡南風原町字兼城517-3) 車種:グラベルロード、アルミフレームロードバイク、カーボンフレームロードバイク、クロスバイク、E-Bike エコライダー那覇 http://www.eco-rider.jp/ 場所:沖縄県那覇市安里64-1 ヤスミヤアパート101 車種:カーボンロードバイク(GIANT TCR ADVANCEDなど)。アルミフレームロードバイク(Cannondaleなど)ジュニアロード。その他に、クロスバイク、ファットバイク、マウンテンバイク、電動アシストスポーツバイクもあり 料金:アルミフレームロードバイク・ジュニアロードバイク:1日2,500円。カーボンロードバイク:1日5,000円。 エコライダー安里倉庫 ロードバイクやクロスバイク、ファットバイク等を用意しているレンタサイクル。予約制のため注意が必要。 http://www.eco-rider.jp/2018/12/28/%E9%82%A3%E8%A6%87%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%86%8D%E9%96%8B%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ 場所:沖縄県那覇市安里13番地 高広アパート104号室 車種:エコライダー那覇と同じ エコステイ東村 サイクリング等の休憩所・宿泊拠点として利用できるグランピングハウス(宿泊施設)。レンタサイクルも行っている。 http://www.eco-rider.jp/ 場所:沖縄県国頭郡東村字有銘1033-2 車種: GIANT FASTROAD COMAX 2 、GIANT TCR ADVANCED等のカーボンロードバイク、Cannondale等のアルミフレームロードバイク、ジュニアロード、ファットバイク、マウンテンバイク、電動アシストスポーツバイク 琉Qレンタサイクル 街乗り用の買い物自転車(ミニベロ)が低価格でレンタルできるだけでなく、有名ブランドのクロスバイクやグラベルロードがレンタルできる。 http://cycle.sunnyday.jp/rental/ 場所:沖縄県那覇市寄宮1-33-7-1F 車種:グラベルロード、クロスバイク、ミニベロ、電動アシストスポーツバイクもあり サンセットバイク クロスバイクやロードバイクが1時間500円で気軽にレンタルできる。 http://sunset-bikes.com/rental/ 場所:沖縄県中頭郡北谷町美浜2-5-17 車種:クロスバイク、ロードバイク ノレジオサイクル 配送型レンタサイクル。レンタサイクルのGIOSミストラルはペダル、BB、タイヤ、チューブ、ブレーキなどを交換したカスタムモデル。 https://www.noleggio-cicli.blue/ 場所:名護市と今帰仁村内は無料配送回収。※その他地域は有料、相談が必要。 車種:GIOS MISTRAL。その他にキッズバイク、ミニベロもあり。 うるま市観光協会 場所:沖縄県うるま市与那城屋平4番地先 車種:クロスバイク AsoViewで詳細を見る ebike okinawa 様々な電動アシスト自転車が借りられる専門ショップ。E-Bikeは2019年8月15日時点ではTern・Vektronを用意している。 https://www.ebike-okinawa.com/rental.php 場所: 沖縄県うるま市石川白浜1-4-25 車種:電動アシスト自転車(ママチャリ・クロスバイク・3輪自転車)E-Bike(Tern Vektron) 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/23019 https://www.cyclorider.com/archives/26434 https://www.cyclorider.com/archives/31406  

WHeeLING TOKYOから「日本全国どこでも届く デリバリー・レンタサイクル」が登場

FANGOWは、オンライン デリバリー・レンタサイクル ショップ ”WHeeLING TOKYOで、全国配送レンタサイクルのサービスを開始した。 WHeeLING TOKYO は、超小径折りたたみ自転車「A-bike」を日本全国に届ける全国配送レンタサイクルのサービスを開始した。A-bikeとは英国のスティーブ・ジョブズともいわれる発明家クライブ・シンクレアにより産み出された、超小径折りたたみ自転車。簡単にコンパクトに折りたためるだけでなく、バックパックに入れて携帯すると電車やバスを乗り継いだその行く先々でサイクリングを楽しめることでも有名だ。 配送地域は日本全国。自宅から旅行先のホテルなど、宅配便が届くところであればどこでも届けるとのことだ。基本レンタル日数は3日間。利用日前日に届くため朝早くから出発する旅行も可能。​返却は返却予定日に自転車を宅配便で返送するだけとのこと。 レンタル料金は以下の通り。 基本料金(3日間) 本州・四国にお届け:¥7,000 北海道・九州にお届け:¥7,500 ​沖縄県にお届け: ¥10,000 延長料金(各地方共通、1日毎に): +¥1,000 wheelingtokyo

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて下さい。 サイクルハーバーは、ロードバイクを中心としたスポーツ自転車のレンタサイクルだけでなく、お客様の自転車を預かりや、荷物を預けるコインロッカーにシャワー、コーヒーや軽食の提供を行うカフェなど、自転車やアウトドアを楽しむ人たちの基地として使って頂ける場所として運営しています。 -CycleTripに登録した理由は? 一番は営業です。サイクルハーバーの名前だけだと、お客様がなかなか呼べないため、営業も兼ねて登録しました。 -CycleTripには盗難補償やロードサービスが用意しています。これらのサービスに関して、サイクルハーバーさんはどのように考えていますか? 盗難補償やロードサービスは、店舗独自で行うと多額の費用がかかるため、此方としてはありがたいです。特に、レンタサイクルを行うにあたり必要だと実感するのがロードサービスです。かつて、レンタサイクルが壊れてしまい、代車を渡すことがありました。クルマがあれば代車を載せて運べますが、クルマがない場合は、部品を持って自転車で行くこともあったため、ロードサービスはありがたいのです。サイクルハーバーは、ワンオペで行っている事が多く、レンタサイクルのトラブルが発生した場合、お店を閉める必要があります。Cycletripのロードサービスがあれば、このようなことも少なくなるので助かります。 -サイクルハーバーでは、どのような自転車をメインにレンタルしていますか? スポーツ自転車を中心に取り扱っています。その中でもロードバイクをメインに用意しています。しかし、ロードバイクだけだと初心者の方も不安な場合もあるため、フラットハンドルで扱いやすいクロスバイクも用意しています。スポーツ自転車以外に関しては、街乗り用のママチャリや他には無い自転車を取り揃えています。 -他には無い自転車に関してですが、どのような自転車を借りることができますか? 一例を挙げるとすると折りたたみ自転車です。コンパクトに折り畳める折りたたみ自転車「ブロンプトン」や、独特の乗車姿勢で運転できる「タルタルーガType-F」といった、他ではあまり見られない折りたたみ自転車がレンタルできます。 -レンタサイクルはロードバイクをメインに取り揃えているとのことですが、どのような自転車を取り揃えていますか? GIANT DEFY等、乗りやすい初心者向けのロードバイクから、コルナゴ・マスターといったクラシックなクロモリフレームのロードバイク、カンパニョーロレコードを搭載したSCOTT CR1やSpecialized S-WORKS Tarmac等のレース用のカーボンフレームのロードバイクなど、ロードバイクを乗り込んでいる人向けのハイエンドモデルも用意しています。自分の自転車をサイクルハーバーに置いて、ハイエンドロードバイクをレンタルして乗っていく人もいます。 -サイクルハーバーは高い自転車も用意しているが不安はありますか? サイクルハーバーのコンセプトが「良い自転車を体験できる」のをコンセプトにしているので、高いスポーツ自転車も用意しています。高価なロードバイクに関しては経験者限定のため、安心感を担保にして貸しているのですが、不安はあります。そういう意味で言えば盗難補償は助かります。 -おすすめのサイクルコースはありますか? 初心者でお勧めなのが、クロスバイクを借りて青梅市内にある七福神を巡る10kmほどのコースです。もう少し走りたいのであれば、春の桜を見るコースや秋の紅葉を見る往復20kmのコースがお勧めです。 ロングライドを楽しみたいのなら、サイクルハーバーからスタートし、奥多摩湖の先を行く風張峠経由で五日市まで回って走る、山ありの1週コースや、山梨県の塩山に行くコース等、走りごたえがあるコースもあります。 -レンタサイクルを借りる人は、どのような楽しみ方をしていますか? 様々な人が借りていきます。山梨県の山中湖や河口湖を往復する200kmのロングライドを楽しむ人や、レンタル自転車を持ち帰り、3泊4日の長距離サイクリングを楽しむ方、借りた自転車をクルマに積んでサイクリングを行う人もいます。ハードなサイクリングだけでなく、50km先の秩父にサイクリングに行き1泊2日を行うなど、気軽にサイクリングを行う人もいます。 サイクルハーバーでレンタルできる自転車を一部紹介 Tartaruga Type-F URL:https://cycletrip.jp/bike/detail/1000000120 「タルタルーガ」ブランドの折りたたみ自転車。セミリカンベントとも言える独特の乗車姿勢は、他にはない特徴を持っている。坂道よりも平地をゆったりとした速度で走るのが良いだろう。車体デザインからは想像できないが、折り畳み機構があるため、折り畳めればクルマに載せることも可能だ。 Brompton URL:https://cycletrip.jp/bike/detail/1000000121 イギリスの折りたたみ自転車ブランド「ブロンプトン」の折りたたみ自転車。独特の折りたたみ構造により、コンパクトに折り畳める。変速機も装備しているので、ちょっとしたサイクリングなら楽しめる。街乗りやクルマに載せてサイクリングを楽しむのにオススメ。 Colnago MASTER URL:https://cycletrip.jp/bike/detail/1000000110 イタリアのスポーツ自転車ブランド「コルナゴ」のクロモリロードバイク。星形成形されたジルコ加工のパイプを採用した、80年代のレーシングロードバイクの復刻モデル。レンタサイクルで乗れるのは貴重だ。 CycleTripでサイクルハーバー青梅の自転車をレンタルする 提供:CycleTrip

スポーツ自転車シェアリングプラットフォーム「CycleTrip」とはどのようなサービスか?【インタビュー】

近年、様々な所で注目されている物も1つと言えばシェアリングサービスだろう。自転車に関して言えば、都市部の移動手段となている「シェアサイクル」が有名だ。しかし、今回紹介する、スポーツサイクルのシェアリングプラットフォーム「CycleTrip」は、従来のシェアサイクルサービスとは違い、レンタサイクル会社や個人がスポーツ自転車を貸し借りを行うシェアリングプラットフォームだ。 今回は「CycleTrip」の運営元である、ZuttoRide Sharing株式会社代表取締役「中村 大」氏と、「CycleTrip」プロジェクトリーダーの「堺 達也」氏の2人にインタビューを行なった。 -自転車シェアリングプラットフォーム「CycleTrip」を運営するのは、「ZuttoRide Group株式会社」の子会社の1つである「ZuttoRide Sharing株式会社」です。しかし、多くの読者は「ZuttoRide Group株式会社」は知らないと思うため、「ZuttoRide Group株式会社」の子会社を教えてください。 中村 大(以下:中村))ZuttoRide Grope株式会社は、経営陣が保有する持株会社で、以下の会社があります。 【国内】 ZuttoRide 株式会社 ZuttoRide 少額短期保険株式会社 ZuttoRideインシュアランス 株式会社(保険代理店) ZuttoRide Sharing 株式会社(シェアリング事業) 【海外】 ZuttoRide Vietnam Company Limited(ベトナム現地法人) PT.ZuttoRide Indonesia(インドネシア現地法人) 現在、メインとなっているZuttoRide...

静岡県でロードバイクやクロスバイクがレンタルできるレンタサイクル一覧

近年、サイクルツーリズムで注目されている場所が静岡県だ。平坦が多く観光場所もあることで有名な浜名湖には、ロードバイク・クロスバイク・E-bikeのレンタサイクルが揃っている。それだけでなく、山道が多くハードなサイクリングコースとして有名な伊豆半島も、電動アシストスポーツ自転車「E-Bike」を使ったサイクルツーリズムが行われている。今回は静岡県にあるレンタサイクルをまとめてみた。レンタサイクルは、レンタサイクル会社の都合によって情報が変わる可能性が非常に大きいため、ご自身の責任において利用してください。 コナステイ伊豆長岡:ロードバイク・クロスバイク・E-bike サイクリングを行う人にも気軽に泊まれる宿泊施設。一般客用のレンタサイクルでクロスバイク・E-Bikeも用意している。宿泊者は割引料金でレンタルできる。 じゃらんで詳細を見る 場所:静岡県伊豆の国市古奈307 コナステイ伊豆長岡 車種:サイクルカタログ(PDF)から E-Bike:Miyata CRUISE(E-クロスバイク)、BESV PSA1(E-ミニベロ)、BESV JR1(E-ロードバイク)、DAVOS E-600(E-グラベルバイク) クロスバイク:MERIDA CROSSWAY、Bianchi C Sport、TREK FX、Specialized Sirrus、Felt Verza Speed、Khodaa-Bloom Rail700 ロードバイク:MERIDA SCULTURA 4000、EDDY MERCKX BLOCKHAUS 67 キッズバイク:MARIN DONKY Jr26 料金:1日:¥4,000(クロスバイク) アロハバイクトリップ:ロードバイク・クロスバイク 下田市内ならどこでも配達する宅配レンタサイクル。1台のみの利用には配達料金500円が別途必要。レンタルできる自転車はTREKブランドのロードバイク、クロスバイク。 http://www.alohabike.com/shimoda-chari/shimoda-rental.htm 場所:貸し出しと返却は下田市内どこでも配達 ...

利尻島でクロスバイクに乗れるレンタサイクル一覧

日本最北の名峰としても有名な利尻山がある利尻島。ここは島1週のサイクリングも有名だ。距離は約60kmとそれなりにあるため、レンタサイクルもスポーツ自転車のほうが楽だろう。 離島でロードバイクやクロスバイクなどのスポーツサイクルのレンタサイクルを楽しむ場合、離島以外の場所から借りて持っていく方法もあるが、利尻島近くにある稚内には、ロードバイクやクロスバイクが等、スポーツ自転車のレンタサイクルが無いため、利尻島でレンタルするのがベストだ。ここでは利尻島でスポーツサイクルがレンタルできるレンタサイクルをまとめてみた。 旅館雪国 http://ryokanyukiguni.com/?page_id=46 場所:北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町4番地2 車種:マウンテンバイク。この他にもママチャリやジュニアマウンテンバイクもある 料金:1日¥1,500。その他プランもあり。 利尻ぐりーんひる inn http://rishiri-greenhill.net/jp/rental_bike.html 場所:北海道利尻郡利尻富士町鴛泊 鴛泊字富士野35-3 車種:GIANT Escape。この他にもMTBもある 料金:1日¥1,300 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/23019 https://www.cyclorider.com/archives/26434

伊豆諸島でロードバイクやクロスバイクがレンタルできるレンタサイクル一覧

東京23区から気軽に島の雰囲気を味わえる伊豆諸島。多くの島でレンタサイクルを行っている。離島のレンタサイクルは、上り坂に弱いママチャリタイプが多いが、電動アシスト自転車を採用している島も増えつつある。また、伊豆諸島なら東京23区のレンタサイクル業者から自転車を借りて、持っていくことも可能だ。今回は、伊豆諸島でロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車から、電動アシスト自転車が借りられるレンタサイクルを紹介する。 東京23区内で自転車をレンタルして持っていく方法 東京23区では、ロードバイクやクロスバイク、E-Bikeのレンタルを行っているレンタサイクル店が何箇所か存在する。伊豆諸島内ではレンタルできない自転車を借りることが可能だ。 この方法の欠点は、伊豆諸島に持ち運ぶ際に料金がかかってしまうこと。例えば、伊豆諸島内で大型客席や高速船を運航している東海汽船は、自転車をそのまま載せると片道1,500円必要となる。島内で自転車を借りるのよりも高額になってしまうが、気に入った自転車を使いたい場合はお薦めの方法だ。 https://www.cyclorider.com/archives/20504   伊豆諸島内でレンタルする 手軽にレンタサイクルを楽しみたいのなら、島内にあるレンタサイクルを使う事だろう。レンタサイクルは島によって種類が異なるため注意が必要だ。スポーツ自転車を取り扱っているレンタサイクル業者は少ないので、本格的なロードバイクやクロスバイクでサイクリングを楽しみたいのなら、東京23区のレンタサイクルショップから借りて持っていくのがベストだ。 伊豆大島 レンタサイクルらんぶる 伊豆大島内では、たくさんのレンタサイクルを取り扱っている。メインは街乗り用マウンテンバイクだが、クロスバイクやロードバイクもレンタルできる。レンタサイクルだけでなく、50CCや125CCクラス のレンタルスクーターも行っている。 http://ranburu.sakura.ne.jp/ 場所:東京都大島町元町 車種:ブリヂストンサイクルのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク。その他にママチャリやジュニアマウンテンバイクもある。 料金:シティサイクルは1日1,500円。マウンテンバイクは1日2,000円。その他のプランあり みよし土産店 伊豆大島内にある土産店のレンタサイクル。車種はマウンテンバイクとママチャリの2種類。 http://miyoshi-miyage.com/menu2.html 場所:東京都大島町元町 車種:マウンテンバイク その他にママチャリもある 料金:1日2,000円 その他のプランあり 戸井商店 低価格帯のクロスバイクが1泊2日で2,000円で借りることができる。また、三原山山頂からスタートできるプランも実施しているとのこと。 https://rentalcycletoi.amebaownd.com 場所:東京都大島町元町1-2-2 車種:クロスバイク、電動アシスト自転車(デイトナポタリングバイク) 料金:1日2,000円(クロスバイク)/3,000円(電動アシスト自転車) その他のプランあり 利島 レンタサイクルショップは無い。 新島 スポーツサイクル・電動アシストスポーツサイクルのレンタルは無い。電動アシスト自転車のレンタルを実施している店舗がある。 吉山商店 Asoviewで見る http://www.shokokai.or.jp/13/1336310033/index.htm 場所:東京都新島村本村1-6-8 車種:電動アシスト自転車 料金:8時間2,000円 その他のプランあり 式根島 電動アシスト自転車のレンタサイクルのみ まんぼう http://shikinejimamanbow.com/itemlist.html 場所:東京都新島村式根島281-2 車種:電動アシスト自転車 その他にママチャリやジュニアマウンテンバイクもある 料金:4時間以上8時間以内2,000円 (電動アシスト自転車)その他のプランあり げんぺい Asoviewで見る https://shikinejima.net/genbeicyclecenter 場所:東京都新島村式根島中心部 車種:電動アシスト自転車 その他にママチャリやジュニアマウンテンバイクもある 料金:4時間以上8時間以内2,000円(電動アシスト自転車)その他のプランあり 神津島 神津島オートサービス http://www.kouzushima.info/s11.html 車種:マウンテンバイク その他にママチャリもある 料金:4時間以上8時間以内2,000円。(電動アシスト自転車)その他のプランあり 御蔵島 自転車持込不可のためレンタサイクル店は無い。 三宅島 電動アシスト自転車のレンタサイクルのみ 三宅島観光協会 https://www.miyakejima.gr.jp/play/bicyclerental/ 場所:阿古漁港船客待合所(ここぽーと)内 観光協会窓口 車種:電動アシスト自転車 ...

Most Read

2021年モデル最新版 10万円以下のロードバイクまとめ ディスクロード等もピックアップ

(2020年10月13日更新)ロードバイクと言えば何十万円もするモデルや、100万円クラスの非常に高価なモデルが少なくない。そんなロードバイクの世界でも、10万円以下のロードバイクもエントリークラスの価格帯が用意されている。自転車ブランドのロードバイクなら、安価なロードバイクでも楽しく走れるだろう。 今回は10万円以下のロードバイクをピックアップ。また、参考として10万円にプラスアルファで購入できるロードバイクも紹介する。10万円に少し加えると、最新のトレンドを採用したモデルを選ぶ事ができるので、可能であれば予算は増やしたほうが良いだろう。価格は追記が無い限り税抜き表示。 2021年モデルの10万円以下のロードバイクの傾向 2021年モデルでは、10万円プラスアルファや10万円以下で購入できるロードバイクでも、ディスクブレーキ仕様が増えてきた。高価格帯のロードバイクでは定番となっているディスクブレーキロードバイク。2021年モデルでは低価格のエントリーモデルと呼ばれている物でも増えている。 また、時代の流れに合わせて、フレームとタイヤの隙間にゆとりがある車体設計が増えている。これにより、ロードバイクでも28ミリや32ミリ以上の太いタイヤを装着できるモデルが増えている。 ディスクブレーキを採用したロードバイク ハイエンドロードバイクで主流になりつつあるディスクブレーキ付きロードバイク。10万円以下のモデルでもディスクロードが登場している。従来のキャリパーブレーキよりも軽いタッチで効くため、エントリーモデルでも普及するのは時間の問題だ。規格に関しても、殆どのモデルがハイエンドモデルと同じ規格(前後12ミリスルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキ)を採用しているのがほとんどだ。   GT ROAD SPORT アメリカの自転車ブランド「GT」と言えば、マウンテンバイクやBMXで有名だがロードバイクもある。GT ROAD SPORTは、GTのアイコンであるシートステイはシートチューブと接触することなくトップチューブに接続されたフローティングデザインのトリプルトライアングルを採用。10万円を切る価格では貴重なディスクロードバイクの1台。 フレームはアルミフレームで、フロントフォークはフルカーボンフォークを採用。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはFSA Tempo、50/34T、スプロケットはSunrace, 11-32 8速。ブレーキはPromax Render R機械式ディスクブレーキ。タイヤはVittoria Zaffiro、700x28c。価格は9万9800円。 出典:GT Bicycles KhodaaBloom FARNA DISC Claris KhodaaBloom FARNA DISC Clarisは8万円台で購入できる貴重なディスクロードバイク。小柄で手足が短めな日本人に合わせたフレーム設計のエンデュランスロードバイク「FARNA」をベースにしたディスクロードバイク。8万円台と低価格ながら、コスト削減しやすいクランクやスプロケットはシマノ製を採用したり、コンチネンタル製のタイヤを装着するなど、低価格ながら細かい所にこだわっている。 フレームはAll-New“EAST-L”Triple butted.SmoothWeldアルミフレームで、フロントフォークはフルカーボンフォークを採用。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはSHIMANO FC-R2000、50/34T、スプロケットはShimano, 11-32 8速。ブレーキはTEKTRO...

超軽量でスポーティなE-Bike Specialized(スペシャライズド)「Turbo SLシリーズ」を解説

レーシングロードバイクやマウンテンバイクで有名な自転車ブランド「Specialied」。海外では2010年代から、E-Bikeを製造していたが、長らくの間、日本市場では販売されていなかった。そんな中、2020年に登場し一躍有名となったのが「Turbo SLシリーズ」だ。 日本市場に導入されているSpecialized製E-Bikeの一番の特徴が軽さだ。Turbo SLシリーズの特徴は、従来の人力自転車(ペダルバイク)のフィーリングを重視したE-Bikeだということ。モーターの重量を従来型のE-Bike(3キロ台が多い)よりも軽量な1.95キロにし、バッテリーのサイズを一般的なE-Bikeよりもコンパクトなバッテリーにするなど、様々な部分で軽量化を重視した設計にすることで、一般的なE-Bikeよりも軽いのが特徴だ。 重量はE-ロードバイクの「Turbo Creo SL」の場合、S-Works Creo SLなら12.2キロと、クラス最軽量を実現。E-クロスバイク「Turbo Vado SL」は重量15キロ台と、一般的なE-Bikeと比較して40パーセント軽量なのを売りにしている。 Turbo SLシリーズの特徴 従来のE-Bikeと比較して軽さを重視したドライブユニット Specialized Turbo SLシリーズ(Turbo Creo SL、Turbo Vado SL、Turbo Levo SL)には、「Specialized SL1.1」という自社製ドライブユニットを搭載している。 Specialized SL1.1モーターのスペックは重量1.95キロ、最大出力240W、最大トルク35Nm。因みに、一般的なE-Bike用モーター(Bosch Performance Line CX)の場合、重量2.9キロ、定格出力250W、最大トルク85Nm(2021年モデルの場合。2020年モデルは75Nm)。従来型E-Bikeと比較して、パワーとトルクを少なくした代わりに、ドライブユニットをコンパクトに仕上げた。 Sprcializedによれば、アシストはさまざまなケイデンス範囲で一貫したパワフルなアシストを発揮させ、自然なペダリング感覚を得られるようにチューニングを施したとのこと。走行モードはECO、SPORT、TURBOの3種類。アシスト力は、ECOモードでモーター出力の30%、SPORTモードで60%、TURBOモードで100%となる。また、モーターから一切のアシストを受けたくない非アシストモードも搭載されている。 人力自転車感を重視したフィールで、力強い追い風のようなアシスト感とアシストOFFでも走行感が変わらないアシストは、E-Bikeというより夢のペダルバイク(人力自転車)に近い感覚だ。 従来型E-Bikeとフィーリングの違いは? 低トルク、軽量E-BikeのTurbo SLシリーズと、高トルクの従来型E-Bikeは何が違うのか。 シマノやBosch、ヤマハなどの従来型E-Bikeは、モーターの力強いトルクを生かして、平地や上り坂ではグイグイと走る事ができる。そのため、強い力を活かせばフルサスE-MTBでも、上り坂を時速18キロで走行し、人力ロードバイクを抜いていく芸当もできる。 その一方で、重いバッテリーを車体に装着しているため、コーナリングは人力自転車(ペダルバイク)とはジャンルが違う乗り味だ。また、アシストが切れる時速24キロ以上のスピードでは、人力自転車と比較して加速が緩やかだ。 軽量・低トルクユニットのE-Bike「Specialized...

パナソニックからフルサスE-MTB「XM-D2 V」が発売

パナソニック サイクルテックは7月20日、フルサスペンションE-MTB「XM-D2 V」を発表。2020年8月3日に発売する。パナソニック Xシリーズはパナソニックの電動アシストスポーツ自転車シリーズの中でも、高価格帯のハイエンドE-Bikeシリーズ。Xシリーズの中でも「XM-D2 V」はパナソニックの電動アシスト自転車スポーツタイプのフラッグシップとなる。 XM-D2 Vは、2019年3月1日に発売した限定モデル「XM-D2」をアップデートしたモデル。本格的な前後サスペンションに加え、要望の多かったドロッパーシートポストを採用し、オフロード走行時のパフォーマンスを向上させた。 ドライブユニットはパナソニック独自の内装2段変速「マルチスピードドライブユニット」を装備。フロントサスペンションはロック機構付きで、リアサスペンションはペダリングロスを極力軽減させるスレッシュホールド機構を搭載した。 車体はアルミダブルサスペンションタイプ 160mmトラベルROCKSHOX Monarch RT debonair ロックアウト付サスペンション搭載フレームと、SR SUNTOUR AURON35-Boost RLRC-PCS DS 27.5” 160mmトラベル リモートレバー付フロントフォークの組み合わせ。ドライブユニットは、マルチスピードドライブユニット 内装2段変速(定格出力250W)に、36V 12Ah 432Whバッテリーを組み合わせ、最大航続距離は107キロを実現。コンポーネントはShimano SLX 11段変速で、クランクは29T、スプロケットは11-42T。ブレーキはShimano DEORE XT...

クロスバイクタイプの電動アシスト自転車「パナソニック ジェッター」がモデルチェンジ E-Bike風デザインに進化

パナソニック サイクルテックは7月20日、電動アシスト自転車スポーツタイプ「ジェッター」をモデルチェンジしたと発表した。2020年8月3日に発売する。 クロスバイクのデザインを採用した電動アシスト自転車として知られている「ジェッター」は、今回のフルモデルチェンジでフォルムを一新。 ケーブル内装方式に、E-Bikeのようにダウンチューブに沿わせた新設計のバッテリーを搭載することで、スポーティなデザインに変わった。 ハンドルに装着されているサイド液晶ディスプレイを採用した手元スイッチは、走行速度や走行距離表示、スポーティーな走りをアシストするケイデンス表示など8項目表示に対応。 オプションで前後キャリアや前カゴも用意されているので、通勤などの需要にも対応している。 車体はアルミフレームに、フロントフォークの組み合わせ。ドライブユニットは、センターユニット(定格出力250W)で、25.2V 12Ah(302wh)バッテリの組み合わせで、最大航続距離85キロを実現した。外装8段変速で、タイヤは700×38C。BAA適合で、3年間盗難補償付帯。価格は15万円(税抜)。 関連リンク Panasonic https://www.cyclorider.com/archives/36913