カテゴリ別記事一覧

ニュース

ニュース 動画

2019/8/21

岡山を走って跳んで岡山市の魅力をアピール 「BMXのまち おかやま」PR動画が公開

公益社団法人岡山青年会議所は、スポーツを通じて岡山市の魅力をアピールし、独自の地域活性化を目指すため、岡山市が聖地といわれている自転車競技の一種「BMX」を題材としたPR動画「Excite OKAYAMA,Excite BMX!」を公開している。 ブランド総合研究所が年に1度発表する「都道府県魅力度ランキング2018」。このランキングで岡山市の魅力度は47都道府県中34位という低い結果になった。岡山青年会議所はスポーツに着目し、岡山市の魅力を発信するため自転車競技「BMX」を題材にしたPR動画を作成したと ...

ReadMore

2020年モデルの自転車まとめ クロスバイク・トレッキングバイク

2019/8/17

2020年モデル注目のクロスバイクまとめ【随時更新】

ディスクブレーキロードバイクがブームになっているが、クロスバイクでも、その流れが来そうな2020年モデルのクロスバイク。また、E-Bikeブームで、クロスバイクのE-Bikeも増えている。この記事では2020年モデルのクロスバイク、クロスバイクタイプのE-Bike「E-クロスバイク」の中でも、注目のモデルを紹介する。 目次1 Cannnondale1.1 Quick42 TREK2.1 FXシリーズ3 GIANT3.1 Escape RX Disc4 Liv4.1 Escape RX-E+(E-クロスバイ ...

ReadMore

2020年モデルの自転車まとめ グラベルロード ロードバイク

2019/8/11

2020年モデルの注目のロードバイク、グラベルロードまとめ

ここ数年はグラベルロードバイクが注目されている自転車業界。2020年モデルでは、ロードバイクでもグラベルロードのようにタイヤを太くする流れが発生している。グラベルロードではサスペンションを装着したモデルや、低価格帯でも本格的な装備を搭載した車種が登場している。 目次1 ロードバイク1.1 GIANT CONTEND ARシリーズ1.2 GT GTRシリーズ2 グラベルロード2.1 Cannondale Topstone Carbonシリーズ2.2 GT GRADEシリーズ2.3 Charifuri CF0 ...

ReadMore

2020年モデルの自転車まとめ 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/8/9

スポーツミニベロ電動アシスト自転車 「TRANS MOBILLY E-MAGIC」が登場

Gic株式会社スポーツモデルのミニベロ電動アシスト自転車「TRANS MOBILLY E-MAGIC(トランスモバイリー イーマジック)」を2019年9月中旬に発売すると発表した。 自動車ブランドの自転車で有名なGic。その中でも、電動アシスト折りたたみ自転車をラインナップ「TRAN MOBILLY」シリーズから、新たに20インチのスポーツミニベロ電動アシスト自転車「TRANS MOBILLY E-MAGIC」が登場する。 TRANS MOBILLY E-MAGICは、アルミフレームのダイヤモンドフレーム ...

ReadMore

2020年モデルの自転車まとめ 特集 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/8/8

2020年モデルの注目のE-Bikeまとめ【随時更新】

ヨーロッパを中心に注目されている電動アシストスポーツサイクル「E-Bike」。日本でも2020年モデルでは、多くの企業が参入を行うようだ。この記事ではシクロライダーが注目した2020年モデルのE-Bikeをまとめてみた。 目次1 BESV1.1 TRS2 XC:E-MTB1.2 TRS2 AM:E-MTB1.3 PSF1:E-フォールディングバイク2 GIANT3 MERIDA3.1 eONE-SIXTY 9000:E-MTB3.2 ePASSPORT TK 600 EQ:E-トレッキングバイク4 MIY ...

ReadMore

モビリティ

パーソナルモビリティ 折りたたみ自転車

2019/7/14

電動キックボードと超小径折りたたみ自転車を比較する パーソナルモビリティに未来はあるか

人間の歩く速度+αのスピードで楽に動き回れて、常に持ち運びできる人力の乗り物というのは非常に少ない。この手の乗り物と言えばキックスケーターが浮かびあがるが、筆者ならキックスケーターよりもDAHON DOVE(BYA412)、ルノー・ウルトラライト7/ライト8といった14インチ折りたたみ自転車を選ぶだろう。かつて、旅行先で回る場合、徒歩よりもスピードが出て楽に移動できる乗り物としてキックスケーターを考えていた。しかし、キックスケーターは以下の問題がある。 最初に思い浮かぶのが走行性能が低いことだ。多くのキッ ...

ReadMore

モビリティ 自動車

2019/6/24

人気のコンパクトミニバン「ホンダ・フリード」「トヨタ・シエンタ」に自転車を載せる方法まとめ

ファミリーカー=ミニバンとなっている現代、大小様々なミニバンが売られている。その中でも、全長4mクラスで3列シートを装備したコンパクトミニバンは、車体が小さいので扱いやすく、燃費も良いため、多くの人に支持されている。 コンパクトミニバンの中でも、人気を2分しているのがトヨタ・シエンタとホンダ・フリードだ。どちらも、同じくコンパクトな車体で、7人乗れる3列シートモデルと、2列シートモデルをラインナップし、ガソリンタイプとハイブリッドタイプの2種類を用意している。この手のミニバンで気になることの1つといえば自 ...

ReadMore

自動車

2019/6/17

自転車が積めてベッドがある移動基地「N-VAN ミニチュアシマウザー」

p助手席側のセンターピラーをなくし、助手席とリアシートがフラットになる軽商用車として注目されている「ホンダ・N-VAN」。商用ユーザーだけでなく、車中泊やアウトドアを楽しむ人にも注目されている。 そんな、N-VANのキャラクター性に注目して作られたのが「ミニチュアシマウザー」だ。 出典:http://www.okamotors.co.jp/originalmodel/shimauzer/ ミニチュアシマウザーは、大きな荷物が仕舞うことができ、車内で寝ることも可能な簡易キャンピングカー。一般的なキャンピング ...

ReadMore

モビリティ 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/3/27

E-Bike/電動アシスト自転車は原付きやオートバイを殺すか

大手自転車会社から新興企業まで、様々な所から電動アシスト自転車やE-Bikeが登場している現代。その一方で、50CCの原動機付き自転車は電動アシスト自転車に市場を食われ、風前の灯だ。日本では衰退しつつあるオートバイ業界だが、復活するのだろうか? 目次1 10年以内に原付はさらに売れなくなり、電動アシスト自転車がモビリティの中心になる(2015年4月14日の記事)2 オートバイの趣味化はオートバイ業界を衰退させる3 E-Bike/電動アシスト自転車はオートバイを殺すか 10年以内に原付はさらに売れなくなり、 ...

ReadMore

no image

シクロライダーコラム 電動バイク

2019/2/5

折りたたみ電動バイク「Glafitバイク」と折りたたみ電動アシスト自転車の違いを紹介

電気の力で走る電動モビリティで注目されているブランドがある。それは和歌山県にある「Glafit」。2019年1月24日にはヤマハ発動機と電動モビリティの製品開発に向けた資本業務提携を締結し、多くの人に注目されている。 Glafitの名前を一躍有名にしたのが「Glafitバイク GFR-01」だろう。GFR-01は「人々の移動をもっと便利で、快適で、楽しいものにする」というコンセプトのもとつくられた折りたたみ可能な電動バイク。電動バイクのため運転するには免許が必要だ。世の中に数多くある電動バイクが既存のガソ ...

ReadMore

クロスバイク

2020年モデルの自転車まとめ クロスバイク・トレッキングバイク

2019/8/17

2020年モデル注目のクロスバイクまとめ【随時更新】

ディスクブレーキロードバイクがブームになっているが、クロスバイクでも、その流れが来そうな2020年モデルのクロスバイク。また、E-Bikeブームで、クロスバイクのE-Bikeも増えている。この記事では2020年モデルのクロスバイク、クロスバイクタイプのE-Bike「E-クロスバイク」の中でも、注目のモデルを紹介する。 目次1 Cannnondale1.1 Quick42 TREK2.1 FXシリーズ3 GIANT3.1 Escape RX Disc4 Liv4.1 Escape RX-E+(E-クロスバイ ...

ReadMore

2020年モデルの自転車まとめ クロスバイク・トレッキングバイク 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/8/5

コミュータータイプ電動アシスト自転車「ミヤタ EX-CROSS e」

ミヤタサイクルは、通勤・通学に最適なコミューターE-BIKE「EX-CROSS e」を 9 月に発売する。 EX-CROSS eは、ミヤタの通勤・通学向けクロスバイク「EX-CROSS」の電動アシスト自転車版。バッテリーから直接給電する LED バッテリーライトや幅広バスケット、スタンド、サークルロック、チェーンケース、前後ドロヨケを装備し、通勤通学や日常の移動手段で便利な機能を備えている。 タイヤは一般的な軽快車や電動アシスト自転車にも使われている27×1-1/2 インチタイヤを採用。万が一のパンク修理 ...

ReadMore

クロスバイク・トレッキングバイク ハンドル

2019/8/5

フラットハンドルでサイクリング/ツーリングを行う方法まとめ

日本では、サイクリングやツーリング用の自転車といえばドロップハンドルの自転車を薦められる風潮がある。筆者もかつてはドロップハンドルのシクロクロスバイク(Bianchi Lupo)を購入し、しまなみ海道など、様々な場所を走ったが、走っていくうちにドロップハンドルがサイクリング/ツーリングに良いという風潮に疑問を持つようになった。その後ロードバイク→クロスバイクに移行。今はメインマシンはドロップハンドルとフラットハンドルの2種類を持っている。ここではフラットハンドルの利点と、フラットハンドルで長距離を楽に走れ ...

ReadMore

クロスバイク・トレッキングバイク グラベルロード

2019/7/17

MTB風味を持つグラベルバイク GIANT TOUGHROAD SLR

2016年モデルで登場した、GIANTの新世代ツーリング自転車「TOUGHROAD SLR」シリーズ。マウンテンバイクみたいに太いタイヤを履き、道を選ばないツーリング自転車だ。 フレーム素材は、ALUXX-SLRというGIANTのアルミの中でも軽量を売りにしている。GIANTの自転車の中でも高価なモデルに採用されている種類のアルミだ。フレームはマウンテンバイクみたいだが、ヘッドチューブが長く、サスペンションの装着は想定していないように見える。全体的な形状もGIANTの近年のハードテールマウンテンバイクのよ ...

ReadMore

クロスバイク・トレッキングバイク ニュース ロングテールバイク

2019/6/2

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)から、トレンドを意識したニューカラーモデルが登場

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)日本総販売代理権を持つ株式会社あさひは、2019年7月下旬より2019年のトレンドカラーを取り入れた新色バイクを、全国のルイガノ取扱販売店にて販売を開始する。また、販売に先駆けルイガノ取扱販売店では6月1日より先行予約の受付を行う。 今回新色が追加されるのは、街乗りで映えるシンプルなデザインとポップなカラー展開のクロスバイク「SETTER8.0」、泥除けやサスペンションフォークを標準装備したトレッキングタイプのスポーツ車「CITYROAM9.0」、信号の多い道や狭い道 ...

ReadMore

レンタサイクル

レンタサイクル・自転車ツアー 特集 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/8/15

【全国版】E-Bike/電動アシスト自転車がレンタルできるレンタサイクル一覧

電気のパワーで脚力をアシストしてくれる電動アシスト自転車が観光地で注目されている。従来の自転車よりも楽に移動できるため、観光を楽しむ余裕が増えるので、徒歩よりも効率よく移動できるのだ。さらに最近では、電動アシスト自転車よりも爽快で高速で走れるE-Bikeのレンタサイクルも登場している。このページでは電動アシスト自転車とE-Bikeの違い、全国にある電動アシスト自転車・E-Bikeのレンタサイクルを紹介する。 レンタサイクルは、レンタサイクル会社の都合によって情報が変わる可能性が非常に大きいため、ご自身の責 ...

ReadMore

レンタサイクル・自転車ツアー 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/8/7

しまなみ海道の玄関「尾道」にレンタサイクル「E-Bikeレンタルコミュニティ しまなみ海道」が登場

世界的に有名な「しまなみ海道」は、サイクルツーリズムが手軽に楽しめる場所としても有名だ。そんなしまなみ海道には、様々なレンタサイクルがあるが、新たに「E-Bikeレンタルコミュニティ しまなみ海道」が登場した。 出典:https://onomichi-base.com/ 「E-Bikeレンタルコミュニティ しまなみ海道」は尾道にあるレンタサイクル。ここのレンタサイクルの特徴は一般的なミニベロやクロスバイクだけでなく、E-bikeがレンタサイクルとして借りることができる事だろう。レンタルE-Bikeブランド ...

ReadMore

レンタサイクル・自転車ツアー

2019/8/2

利尻島でクロスバイクに乗れるレンタサイクル一覧

日本最北の名峰としても有名な利尻山がある利尻島。ここは島1週のサイクリングも有名だ。距離は約60kmとそれなりにあるため、レンタサイクルもスポーツ自転車のほうが楽だろう。 離島でロードバイクやクロスバイクなどのスポーツサイクルのレンタサイクルを楽しむ場合、離島以外の場所から借りて持っていく方法もあるが、利尻島近くにある稚内には、ロードバイクやクロスバイクが等、スポーツ自転車のレンタサイクルが無いため、利尻島でレンタルするのがベストだ。 目次1 旅館雪国2 利尻ぐりーんひる inn 旅館雪国 http:// ...

ReadMore

レンタサイクル・自転車ツアー

2019/7/30

伊豆諸島でロードバイクやクロスバイクがレンタルできるレンタサイクル一覧

東京23区から気軽に島の雰囲気を味わえる伊豆諸島。多くの島でレンタサイクルを行っている。離島のレンタサイクルは、上り坂に弱いママチャリタイプが多いが、電動アシスト自転車を採用している島も増えつつある。また、伊豆諸島なら東京23区のレンタサイクル業者から自転車を借りて、持っていくことも可能だ。今回は、伊豆諸島でロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車から、電動アシスト自転車が借りられるレンタサイクルを紹介する。 目次1 東京23区内で自転車をレンタルして持っていく方法2 伊豆諸島内でレンタルする2.1 ...

ReadMore

レンタサイクル・自転車ツアー ロードバイク 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/7/26

秋田県でロードバイクやE-Bikeがレンタルできるレンタサイクル一覧

近年、観光地のレンタサイクルでスポーツ自転車が使われている事が増えている。その流れは地方にも広がっている。今までスポーツ自転車の観光レンタサイクルが無かった秋田県でもスポーツ自転車のレンタサイクルが登場した。今回は秋田県でロードバイクやクロスバイクなどのスポーツサイクルがレンタル可能な店をまとめてみた。レンタサイクルは日時や時間、注意事項は季節などにより違うため、実際にレンタルを行う場合は公式サイトで確認してほしい。 男鹿自転舎 前日までに予約が無い場合、火・水・木曜の当日貸し出しは未実施。12〜2月は冬 ...

ReadMore

自転車用品

ウェア・ヘルメット 未分類

2019/8/14

真夏のサイクリング対策に 汗が目に入らないヘッドバンド等まとめ

サイクリングの夏対策で有効な物の1つがヘッドバンド。しかし、ヘッドバンドは汗を吸収するスペースが少ないため、付けていてもすぐに汗でびっしょりと濡れてしまう。筆者が現在使用している、HALOというヘッドバンドは、汗が目に入らないというヘッドバンドだ。汗が目にはいらない理由は、ヘッドバンド自体が吸汗速乾素材を採用しているのと、ヘッドバンド内側にあるシリコン部分が汗を受け止め、左右に流れて目に入らないようにしているようだ。 HALOのヘッドバンドは様々な種類がある。筆者が選択したのはHALOV ヴェルクロという ...

ReadMore

ペダル

2019/8/13

磁石の力で靴を固定する自転車ペダル「Magped」

ロードレース等の自転車競技で使われている足を固定する「ビンディングペダル」。今ではレースだけでなく、一般公道を走行するサイクリングでも使う人が多い。筆者は、脱着時を頻繁に行う必要がある公道で、ビンディングペダルを使うのは疑問に思っているので、ビンディングペダルは使わないだろう。足を固定するリスクがあるビンディングペダルだが、足を固定する事で、ペダルを回す時に余計な事を考えず綺麗に回すことができる利点も持っている。 今回、注目したペダルは「magped」。このペダルが従来のビンディングペダルと違うのは、マグ ...

ReadMore

ボトル・ボトルケージ

2019/8/7

サーモスから 保温・保冷対応の自転車専用ボトルが登場

サーモスから、自転車用のボトルケージに装着できる、自転車専用設計のケータイマグ「サーモス 真空断熱ケータイマグ(FJF-580)」が登場した。2019年9月1日(日)より発売する。 「サーモス 真空断熱ケータイマグ(FJF-580)」は、2017年2月に発売した「サーモス 真空断熱ストローボトル(FFQ-600)」と同じ自転車専用ボトル。FFQ-600はストロータイプの保冷専用ボトルで、ユーザーから「直接口をつけて飲めるマグタイプの自転車ボトルが欲しい」「寒い季節は温かい飲み物を入れて使用したい」というユ ...

ReadMore

クロスバイク・トレッキングバイク ハンドル

2019/8/5

フラットハンドルでサイクリング/ツーリングを行う方法まとめ

日本では、サイクリングやツーリング用の自転車といえばドロップハンドルの自転車を薦められる風潮がある。筆者もかつてはドロップハンドルのシクロクロスバイク(Bianchi Lupo)を購入し、しまなみ海道など、様々な場所を走ったが、走っていくうちにドロップハンドルがサイクリング/ツーリングに良いという風潮に疑問を持つようになった。その後ロードバイク→クロスバイクに移行。今はメインマシンはドロップハンドルとフラットハンドルの2種類を持っている。ここではフラットハンドルの利点と、フラットハンドルで長距離を楽に走れ ...

ReadMore

ミラー

2019/7/29

後方確認の必需品 自転車用バックミラーの選び方を紹介

自動車やオートバイよりもスピードが出ない自転車は、様々な物がオミットされている。その1つがバックミラーだろう。即座に後方を見ることができるバックミラーは自転車に関して言えば装着義務はない。しかし、公道走行を行う場合は欲しいと思うことも多い。 特に左折、右折の際には後方確認は必ず行わなければならないが、バックミラーが無い場合は目視しかないが、目視の場合は、僅かに正面から目線を外してしまい、バランスを崩す可能性もある。そのような事を考えると、バックミラーを使用すれば安全性も高まるだろう。今回は様々な自転車用バ ...

ReadMore

コラム

シクロライダーコラム

2019/8/19

衰退しつつあるオートバイ界から自転車やE-Bikeが学ぶことはあるか?

8月19日はバイクの日として、各地でオートバイに関するイベントが行われている。オートバイ業界は2020年までに国内販売台数100万台を掲げているが、ここ数年間の販売台数が30万台という現状では絶望的とも言えるだろう。 目次1 オートバイが売れない理由2 趣味の乗り物という危険性3 オートバイは復活するか?4 趣味の乗り物は全部E-Bikeに流れてしまうか5 自転車が自動車やオートバイから学ぶのは、安全性・実用性・社会性をいかに維持できるか オートバイが売れない理由 オートバイが売れない理由を一言で上げると ...

ReadMore

シクロライダーコラム ロードバイク

2019/6/19

ロードバイクでキャンプは無理?ロードバイクの積載重量を覚えておきたい理由

舗装路を高速で走行できるロードバイクは、レースだけでなくサイクリングでも使う人がいる。ロードバイクでサイクリングを行う時に問題になるのが、荷台が装着できないため、沢山の荷物が積めないことだ。しかし、近年は、ロードバイクに大型のバッグを車体に直接装着する自転車ツーリングスタイル「バイクパッキング」で長距離サイクリングを行う人もいる。 荷台を装着しなくても荷物を積むことができるバイクパッキングをロードバイクで行う人たちもいる。ここで注意したいのが積載重量。自動車やオートバイには積載重量が書いてあることが多いが ...

ReadMore

シクロライダーコラム 特集

2019/5/2

令和の主流になるモビリティはE-Bike・パーソナルモビリティ・自動運転車か

平成では、自動車はヒエラルキーが変化し最後は只の実用品に落ち、かつては一時代を築き上げた原動機付自転車(50CC)は死に体となり、オートバイはマニアの乗り物になった。そして電動アシスト自転車が登場した。令和では一体どのようなモビリティが主流となるのか。筆者はE-Bike・パーソナルモビリティ・自動運転車が、今後の社会の主流と考えている。その理由を紹介する。 目次1 令和時代を中心になるモビリティ1.1 電動アシスト自転車/E-Bike1.2 パーソナルモビリティ1.3 自動運転車2 自動車は社会の中心から ...

ReadMore

no image

シクロライダーコラム 電動バイク

2019/2/5

折りたたみ電動バイク「Glafitバイク」と折りたたみ電動アシスト自転車の違いを紹介

電気の力で走る電動モビリティで注目されているブランドがある。それは和歌山県にある「Glafit」。2019年1月24日にはヤマハ発動機と電動モビリティの製品開発に向けた資本業務提携を締結し、多くの人に注目されている。 Glafitの名前を一躍有名にしたのが「Glafitバイク GFR-01」だろう。GFR-01は「人々の移動をもっと便利で、快適で、楽しいものにする」というコンセプトのもとつくられた折りたたみ可能な電動バイク。電動バイクのため運転するには免許が必要だ。世の中に数多くある電動バイクが既存のガソ ...

ReadMore

no image

シクロライダーコラム 電動アシスト自転車/E-Bike

2019/1/17

E-BikeにもABSをつける意味とは?「Bosch eBike ABS」(海外市場向け)

世界中で注目されているE-Bike。ヨーロッパ市場を中心に力を入れているBoschは、E-Bike用ドライブユニットだけでなくE-Bike用ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)もあるようだ。急ブレーキで車輪がロックしないようにするABSは自転車の世界では馴染みがないが、自動車やオートバイの世界では知られている機構だ。 出典:Bosch 動画を見るとBosch E-Bike ABSは急制動時の前転や前輪ロックによる転倒の防止し、安全性が向上するようだ。既に海外の一部自転車ブランドではABS付きE-Bi ...

ReadMore

漫画

漫画

2019/8/6

真夏のサイクリングは要注意!ナイトロバンビで学ぶ熱中症

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は、特別編として真夏の熱中症対策についての漫画を紹介します。 目次1 熱中症とは?2 熱中症対策は?3 「サイクル。」の漫画 熱中症とは? 熱中症とは、熱によって起こる体の不調のこと。 暑さにより体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れる事が原因で発生する。激しい運動等で体内でたくさん熱が生まれただけでなく、暑さにからだが慣れていない、疲れや寝不足、病気等により体調が良くない事でも発生する ...

ReadMore

漫画

2019/7/9

【自転車漫画】ローラー台マットの正しい?使い方「サイクル。」Part32

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回はナイトロバンビ流?ローラー台の下に敷くトレーニングマットの使い方を紹介する漫画となります。 【サイクル。】マリーと福美の日常#イラスト #漫画 #まんが #4コマ漫画 #ロードバイク女子 #ロードバイク #サイクリング #自転車 #自転車漫画 #自転車女子 #ウエイブワン #ナイトロバンビ pic.twitter.com/tcQwOECYuK — レンゴク@サイクル。kindle版発売中 (@rengoku ...

ReadMore

漫画

2019/7/1

【自転車漫画】団子とマリーのビッグプーリー争奪戦「サイクル。」Part31

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は団子とマリーのビッグプーリー争奪戦になります。   この投稿をInstagramで見る   【サイクル。】団子とマリービッグプーリー争奪戦その1 ‪まるちゃんホイールを買う?kindle版発売中です!‬ ‪よろしくお願いします。‬ #イラスト #イラストレーター #漫画 #4コマ漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #サイ ...

ReadMore

漫画

2019/6/14

【自転車漫画】ナイトロバンビ達の日常「サイクル。」Part30

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回はナイトロバンビ達の日常をフォーカスした内容です。   この投稿をInstagramで見る   【サイクル。】‪堂島さんとチェレステ‬ #イラスト #イラストレーター #漫画 #4コマ漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #サイクリング #サイクリング女子 #サイクリング日和 #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイ ...

ReadMore

漫画

2019/5/17

【自転車漫画】団子VSガンテツの追跡バトル「サイクル。」Part29

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は団子VSガンテツの追跡バトルをお届けします。   View this post on Instagram   【サイクル。】追跡者1 #イラスト #イラストレーター #漫画 #4コマ漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #サイクリング #サイクリング女子 #サイクリング日和 #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイ ...

ReadMore

 

投稿日:

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.