「 月別アーカイブ:2016年09月 」 一覧

クロスバイクのGIANT Escape RX3に日東B261AAを装着しエビホーン化を行う

 クロスバイクのフラットハンドルは長距離走行をするのには不向きだ。そのため、多くのクロスバイクのユーザーはハンドルを交換するのが一般的となっている。 GIANT Escape RX4は、GIZAプロム ...

縦に折りたため引いて歩ける折りたたみ自転車 5Links2に乗ってみた

折りたたみ自転車の中でも、縦折れ式折りたたみ自転車は独自の構造を採用している物が多く、個性的なモデルがほとんどだ。5Links2は16インチの縦折れ式折りたたみ自転車で、Sliding Head Sy ...

アーバン用自転車コンポーネント「シマノ・METREA」を触ってみた・乗ってみた・質問してみた

シマノが新たにストリート系自転車向けコンポーネント「METREA」が発売された。METREAは、街乗り用の内装変速が中心のコンフォートタイプコンポーネント「NEXUS」、トレッキングバイクといった実用 ...

理想主義を貫いた折りたたみ自転車 Birdy Monocoque/Birdy Classic

折りたたみ機構がフレームになく、前後サスペンションを搭載したBD-1は、理想的な折りたたみ自転車の設計だろう。しかし、初期型のBD-1は、90年代のドイツ車を彷彿とさせる理想主義を求めた欠陥車といえる ...



(電動アシスト自転車ウォッチ)ヤマハ・シマノは新たな電動アシストユニットを登場、BHの電動アシスト自転車が日本にやってくる。

原付よりも遥かに面白い電動アシスト自転車の世界の流れを見る、電動アシスト自転車ウォッチ。今回はヤマハ・シマノの新たな電動アシスト自転車ユニットと、BHの電動アシスト自転車タイプクロスバイクについてまと ...

Pacific Carry meの空気入りタイヤ仕様とノーパンクタイヤ仕様の乗り心地の違い

Pacificの超小径折りたたみ自転車「Carry me」には通常の空気入りタイヤ仕様とノーパンク仕様の2つがある。Carry meの車輪は8インチと小さく、特殊なチューブを採用しているためノーパンク ...

タルタルーガ・Type SportとPacific Reachの違いをまとめてみた

タルタルーガ Type Sportには多くの兄弟車があった。Tartaruga Type-Sの製造元であり元祖でもある「Pacific Reach」は、Tartaruga Type Sportに似たよ ...

自転車の新たな可能性が見える電動アシスト3輪セミリカンベント TOYODA TRIKE

Velo Tokyo 2016のWebサイトでTOYODA TRIKEという自転車ブランドが出展するとあった。TOYODA TRIKEは新たなモビリティを作ると言われているコンセプトモデルを出展・する ...

2016年9月に登場した2代目フリードに自転車を載せる方法を考える

ステップワゴンよりもコンパクトで、7人乗れるホンダのミニバンと言えばフリード。2016年9月に2代目が登場し、6/7人乗りのフリードと、5人乗り2列シートのフリード+の2つのモデルが登場した。 この手 ...



折り畳み自転車の部品をスチール化して耐久性を上げる方法がある

一般的に折りたたみ自転車に採用される部品は、安価なモデルでは重いスチール製を採用し高級モデルになればなるほど、軽量なアルミ製の部品を採用している。 折りたたみ自転車は折りたたんで持ち運びを行うため、ア ...

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.