「 月別アーカイブ:2015年05月 」 一覧

ミヤタ独自のSSTBチューブを採用したクロスバイク TRYCROSS R

ミヤタのスポーツ自転車シリーズ「MIYATA SPORTS」の殆どのスポーツ自転車のフレーム素材はクロモリ素材を採用している。MIYATA SPORTSに採用しているフレーム素材の特徴として、スパイラ ...

WH-R501ホイール装着の税抜き価格4万円以下スピードクロス ART CYCLE STUDIO C500

ネット通販限定の福井商会の自転車ブランド「ART CYCLE STUDIO」で有名なのは安価なロードバイクや、レイノルズ853という軽量パイプを採用したクロモリロードバイクが有名だが、ロードバイクだけ ...

競技用クロモリフレームは長く持たないと考えるべきか

前に、カーボン製のフレームやカーボン製品の耐久性についてまとめてみたが、今回はクロモリ製フレームの耐久性についてまとめてみた。 よくクロモリ等のスチールフレームは、アルミ等の素材と比べると、強度が比較 ...

通常よりも幅が細い30ミリレール幅サドルの利点とは?

サドル取り付けのレール幅は、一般的には43ミリの幅で現在の主流となっている。ただ、一部のブランドでは幅が狭い30ミリのモデルが有る。東京サンエスのカタログでは、30ミリレール幅の利点が書いてある。通常 ...



自転車に装着できるスマートフォンホルダーをまとめてみた ミノウラ編

自転車に装着できるスマートフォンホルダーは色々あるが、一番購入しやすいのは恐らくミノウラのスマートフォンホルダーだろう。ミノウラのスマートフォンホルダーは工具なしで簡単に取り外しできるレバーが付いてい ...

5000円台のロードバイクフレームが登場。OTOMO C-ROADシリーズ

格安ロードバイクフレームで有名なのは、TNI 7005MK2。税別価格は38,000円と安いが、アルミフレームでサイズが多くカーボンフォーク等が標準装備されているので、比較的多くのユーザーが購入してい ...

自転車で楽に走るのなら、自分の体と自転車と対話して漕ぐ

自転車で長距離を走る場合、よくペダリングの回転数(ケイデンス)がどのくらいが良いと数字を出して言われているが、自転車の人間エンジンは一人一人違うので、だれでも同じ走りを推奨するのは間違っているだろう。 ...

サイクルトレインに乗って発見した利点と欠点

2015/05/23   -未分類, 自転車と鉄道

今回、西武秩父駅~三峰神社~大血川林道を走るサイクリングを行ったが、秩父鉄道の三峰口から御花畑までサイクルトレインを利用してみることにした。自転車を分解しないでそのまま乗れるサイクルトレインは初めてで ...

車輪径を変えられるVブレーキ関連の部品を纏めてみた

2015/05/21   -ブレーキ, 未分類

26インチMTBや小径車カスタムでは、車輪径を大きくするカスタマイズがある。今では主流になっているディスクブレーキだと、車輪の大径化は容易だが、フレームにブレーキを装着するVブレーキやキャリパーブレー ...



夏に自転車旅を行うのなら春までにしないといけない3つの理由

夏になると、夏休みなどの関係で遠くに行く機会ができる。そのため夏に自転車で旅をしたい人はいると思う。普通の人なら夏に自転車を購入して旅をしたいと思う人がいるかもしれないが、自転車で旅をしたことが無い普 ...

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.