News

ルイガノからミニベロE-Bike「ASCENT e-sports」が登場

LOUIS GARNEAU日本総販売代理権を持つ株式会社あさひが、2019年1月下旬より、「ASCENT e-sports」の販売を開始すると発表した。 ヨーロッパで巻き起こっているE-Bikeブーム。日本でもブームが到来し、E-MTB等、様々なE-Bikeが登場し盛り上がりを見せている。電動アシスト自転車やスポーツサイクルをラインナップするルイガノは、スポーツ性を追求し、日本の街乗りの利便性も兼ね備えたミニベロタイプのE-Bike「ASCENT e-sports」を開発、発売する。 ASCENT e-sportsはミニベロタイプのE-Bike。ルイガノの電動アシスト自転車の中では唯一のE-Bikeだ。 20×1.95インチと太めの小径タイヤや、「SHIMANO DEORE 10speed」コンポーネントを採用し、街乗りやスポーティな走行を重視したミニベロタイプのE-Bikeだ。ドライブユニットは「SHIMANO STEPS E8080」。日本国内にあるE-Bike用ドライブユニットの中では高回転重視ので、高ケイデンスで漕いで走るタイプだ。 バッテリーは11.6Ahタイプを搭載し、5時間の充電で最長115kmの航続距離を実現。ブレーキは、天候によらず制動力を発揮するシマノ社製油圧式ブレーキを搭載した。 名称:ASCENT e-sports 販売日:2019年1月下旬頃より販売開始予定 販売価格:356,400円(税込) カラー:LG WHITE,MATT LG BLACK(2019年2月~3月より販売予定) サイズ:410mm(適正身長145cm~180cm) 変速:SHIMANO DEORE(10速) 重量:18.0kg 充電時間:5時間 航続距離:115km(※ECOモード使用時) バッテリー容量:11.6Ah

宮崎と別府でジャイアントストアが2月にオープン

台湾の自転車ブランド「GIANT」「Liv」を専門に扱うことで知られているジャイアントストア。東北、関東、近畿、北陸、中国、四国、九州と幅広い地域に存在している。そんなジャイアントストアだが2019年2月1日に「ジャイアントストア宮崎」が、2019年2月9日に「ジャイアントストア別府」がオープンすると発表された。 ジャイアントストア宮崎 宮崎県宮崎市にジャイアントストアとしては全国で36店舗目、宮崎県では初めての出店となる「ジャイアントストア宮崎」を2019年2月1日(金)にオープンする。 宮崎県は温暖な気候で知られており、プロ野球やJリーグのチームキャンプやラグビー日本代表合宿に選ばれている土地。宮崎市街から少し足を伸ばせば美しいビーチや緑豊かな里山があり、宮崎和牛や魚介、野菜や果物などの豊かな食材、神話やパワースポットもありサイクリングスポットとしてのポテンシャルも持っている。 「ジャイアントストア宮崎」は、JR宮崎駅から西に徒歩で約10分ほど。店舗には、初心者向けのクロスバイクからロードバイク、マウンテンバイクなど、約30台のスポーツサイクルだけでなく、パーツやアクセサリーやアパレルまで幅広く展示する。販売やメンテナンスのみならずレンタルスポーツサイクルも取り扱い、サイクリング観光の拠点としても情報発信も行う。 [ジャイアントストア宮崎] 住所 : 宮崎県宮崎市橘通西4丁目1-32 電話番号 : 0985-72-4307 アクセス :JR宮崎駅より徒歩10分 営業時間 : 09:00~19:00 定休日 : 水曜日 店舗面積 : 約40坪 URL : https://giant-store.jp/miyazaki/(2月1日に公開予定) ジャイアントストア別府 2019年2月9日(土)、大分県別府市にジャイアントストアとしては全国で37店舗目、大分県では初めての出店となるジャイアントストア別府」がオープンする。 大分は別府や由布院など日本屈指の温泉地として有名で、国内外から多くの観光客を引き寄せている。また、豊後水道など豊かな漁場からの海の幸や、ご当地グルメの「とり天」など、食文化も注目されている。 「ジャイアントストア別府」は、大分市中心部から車で約20分、県の大動脈である国道10号線沿いに位置している。別府温泉まで自転車で20分程度、四国へのフェリー乗り場も近い。 初心者向けのクロスバイクからロードバイク、マウンテンバイクなど、約30台のスポーツサイクルだけでなく、パーツやアクセサリーやアパレルまで幅広く展示する。販売やメンテナンスのみならずレンタルスポーツサイクルも取り扱う。 [ジャイアントストア別府] 住所 : 大分県別府市餅ケ浜町7-19 電話番号 : 0977-84-7877 アクセス :JR別府駅より徒歩20分 営業時間 : 09:00~19:00 定休日 : 火曜日 店舗面積 :...

B.B.BASE1周年記念特別企画 千葉県で「佐倉サイクルフェスタ」が実施

JR東日本千葉支社が運行するサイクルトレイン「B.B.BASE」の運行1周年を記念して、佐倉行き臨時列車の運行に伴い、佐倉ふるさと広場でサイクリスト向けイベント「佐倉サイクルフェスタ」を行うと発表した。 B.B.BASEとは、JR東日本千葉支社のサイクリスト向け列車。一般的に自転車を鉄道に載せる場合、分解や折りたたむ必要があるが、B.B.BASEは自転車を解体せず、そのまま車内のサイクルラックへ搭載できる。また、ビンディングシューズでも滑りにくいゴム床やコンセントを装備している。また、B.B.BASEが発着する両国駅では、スポーツバイクのレンタルを実施。自転車を持っていなくてもB.B.BASEに乗れる。 主に両国駅から千葉県内の内房、外房、佐原、銚子を運行しているが、1 月26 日(土)・27 日(日)には、B.B.BASEの運行1周年を記念し、佐倉行きの臨時列車「臨時列車B.B.BASE佐倉」が運行する。これに伴って、佐倉ふるさと広場でサイクリスト向けイベント「佐倉サイクルフェスタ」を開催する。 佐倉サイクルフェスタでは、ワットバイク体験会、バーチャルレース大会や、スポーツサイクルブランド「MULLER」やランバイク、オランダ自転車の試乗会などが行われる。1月27日(日)は人気お笑いコンビ“ドランクドラゴン 鈴木拓さん”がB.B.BASEに乗車し、佐倉市に訪れるとのことだ。 主催:佐倉市、佐倉市観光協会 イベント名:佐倉サイクルフェスタ 日時:2019年(平成31年)1月26日(土)、27日(日)10:00~15:00 場所:佐倉ふるさと広場(佐倉市臼井田2714) 入場無料 内容 ワットバイク体験会、バーチャルレース大会/日本競輪選手会千葉支部 MULLER自転車試乗会/MULLER Japan(三重県桑名市) ランバイク試乗会/DEPOT CYCLE & RECYCLE(千葉県市川市) オランダ自転車試乗会/佐倉市 パンプトラック2日間無料 観光船試乗会/佐倉市観光協会 キッチンカーの出店 ※イベント内容は変更になる場合があります。 佐倉市ホームページ http://www.city.sakura.lg.jp/0000019863.html

中国地方唯一の屋内パークでBMX体験会を2月に実施

オリンピックなど国際大会の新種目として注目されている自転車競技「BMX(バイシクルモトクロス」。しかし、日本では体験できる場所が少ないのが問題だ。そんな中、岡山県北の津山市の観光体験プログラム「つやま小旅」にBMX体験プログラムが初登場した。中国地方では津山市にしかない屋内型スケートパークで気軽にBMXを体験できるとのこと。2019年2月10日~11日に、BONDS PAMP CAFEで行われるBMX体験会は、自転車に乗り始めのお子様向けの体験会に始まり、もっとうまくなりたい子供向け教室、BMX競技の観戦の楽しみ方や実際に体験してもらう大人向け講座など様々な体験メニューが選べる。また、併設されたカフェでドリンクや名物の「パンケーキ」を味わいながら、ゆっくりと見学することもできるとのことだ。 開催地:BONDS PAMP CAFE(Facebook) 住所:岡山県津山市上河原142-2 参加費:いずれも3,600円 申込URL:http:/tsuyama-kotabi.jp/entry/search.aspx?category_no=17 ・ビギナー向けBMX体験会(3歳以上の子供向け)定員:5名 日時:2019年2月10日(日)13:00~14:00 内容:自転車に乗り始めのお子様が対象。今から始めれば、プロ選手も夢じゃない!?BMXに慣れることからやってみましょう。 ・ビギナー向けBMX体験会(小学生以上の子供向け)定員:5名 日時:2019年2月10日(日)14:30~15:30 内容:自転車には乗れるけど、BMXに初挑戦してみたいお子様向け。話題の自転車競技をお子様に体験させてみませんか。隠れた才能が目覚めるかも!? ・もっとうまくなりたい人のBMXスクール(小学生以上の子供向け)定員:5名 日時:2019年2月11日(月・祝)13:00~14:00 内容:BMXに乗ったことのあるお子様向け。熟練の講師が基礎からレクチャーし、より高度な技術を伝承します。いろんなトリックをやってみたい!と思っているお子様にぴったりです。 ・大人のためのBMX講座(大人向け)定員:5名 日時:2019年2月10日(月・祝)14:30~15:30 内容:初心者の方でも大丈夫。BMXのルールや技を知って、観戦を楽しめるようレクチャーします。また、実際に軽くBMXを体験していただけます。

大井川鐵道が自転車をそのまま載せられる特別列車「サイクルトレイン おおいがわ」を運転

SLの動態保存知られている静岡県の大井川鐵道は、列車内に手軽に自転車を持ち込める特別臨時列車「サイクルトレイン おおいがわ」を新金谷~千頭間を運行すると発表した。通常は車体を分解し輪行袋に入れて、列車内に持ち込む必要がある。しかし、この日は、自転車をそのまま押して改札口を通過し車内へ持ち込める。使用する列車は元東急電鉄7200系電車2両編成。サイクルトレインとして貸切運転を行い自由席とのこと。募集人数 は30名の予約制で、最小催行人数20名(雨天決行) 旅行日:平成31年2月23日(土) 運転時刻 【行き】新金谷8:20発→千頭9:28着【帰り】千頭15:40発→川根温泉笹間渡16:20発→家山16:30発→新金谷16:54着 募集人数 30名【予約制】 最小催行人数20名 雨天決行 乗車方法:完全予約制。 旅行日当日に新金谷駅で乗車券+サイクルトレイン利用券をお買い求めください。 料金:片道普通乗車券+500円(サイクルトレイン利用料金) 列車で行く、新サイクリングプラン 「サイクルトレイン おおいがわ」 運転!!:大井川鐵道

サイクルモード2018でサイクルトレイン「B.B.BASE」と「サイクル。」がコラボ!?

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。シクロライダーも微力ながら応援している自転車漫画の1つだ。 https://www.cyclorider.com/archives/23758 2017年7月からスタートした「サイクル。」は、WAVE ONEでサイクルウェアやサイクルキャップが発売され、有名になりつつある。サイクルモード2018のWAVE ONEブースで、「サイクル。」に登場したウェアを見ることができるようだ。   View this post on Instagram   【サイクル。】三色団子ちゃん 千葉県幕張メッセで行われるサイクルモード2018 ウエイブワンブースで ナイトロバンビサイクルウエアの展示があります。 実際にお手に取ってみることが出来るので、是非見てきてください。 イラスト展示もありますのでよろしくお願いします!^^ #イラスト #イラストレーター #イラスト #イラストレーター #漫画 #4コマ漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車...

サイクルモード2018等、千葉県幕張で行われる自転車イベントをチェック

2018年11月9日(金)から11月11日(日)に千葉県幕張メッセで行われるサイクルモード2018。この時はサイクルモード周辺は自転車イベントが行われる期間で有名だ。今回は、サイクルモード2018開催期間中に行われる自転車イベントを紹介する。 幕張メッセ CYCLE MODE international 2018 https://www.youtube.com/watch?v=_xDxpfuNrEU 出典:サイクルモード 11月9日(金)~11日(日)に行われる日本最大のスポーツ自転車イベント。会場は幕張メッセ 9~11ホール。日時は11月9日(金)( 10:00~18:00)/11月10日(土)( 10:00~18:00)11月11日(日)(10:00~17:00)の3日間行われる。近年のサイクルモードはE-Bikeに力を入れており、BoschやBafang、Yamaha等E-Bikeに力を入れているメーカーが出展するようだ。 http://www.cyclemode.net/2018/ 海浜幕張公園内特設オフロードコース 弱虫ペダル STARLIGHT CROSS https://www.youtube.com/watch?v=HgwOAAV1BAE 幕張メッセに隣接する海浜幕張公園内特設オフロードコースで行われるシクロクロスレース。シクロクロスレースの観戦から、オフロードコースの試乗まで行うことができる。開催日は 11月10日(土)・11日(日)の2日間。 http://starlightcross.com サイクルテラス幕張新都心店「サイクルテラス コレクション2019」 イオンモール幕張新都心にある自転車ショップ「サイクルテラス」では、サイクルモード開催期間に試乗会「サイクルテラスコレクション2019」を行う。日時は2018年11月10日(土)〜11日(日)11時-16時。開催場所はイオンモール幕張新都心 アクティブモール南平面駐車場。 ブランドはJAMIS、YAMAHA、DAHON、Tern、Felt、GT、Riteway、Fuji、Bianchiなど。ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、E-Bikeと幅広い自転車に乗ることができる。 サイクルテラス Blog  

ミニベロタイプのE-Bikeや街乗りスポーツサイクルが登場したルイガノ2019年モデル

サイクルベースあさひが販売代理店となったルイガノ。かつてはレース用モデルもラインナップしていたが、現在はレースモデルはGarneauに移管。2018年モデルからはこれからロードバイクを始める人に向けた「エントリーロードバイク」のラインナップが外れた。一方で、電動アシスト自転車はラインナップを拡大。主にシティサイクルタイプの電動アシスト自転車がメインだが、2019年モデルから、あらたに電動アシストスポーツサイクルが追加された。 シマノ製アシストユニットを搭載したE-Bike「ASCENT e-sports」が登場 出典:ルイガノ ルイガノ初のE-Bikeが「ASCENT e-sports」。発売前にサイクルモード等の自転車イベントで展示されていたので、知っている人も多いだろう。ドライブユニットはシマノ・STEPS E8080。日本ではシマノ製ユニットを搭載した貴重なミニベロタイプのE-Bikeだ。ブレーキはシマノ・BR-M395油圧ディスクブレーキを搭載。メインコンポーネントはシマノ・DEORE(10速)。価格は330,000円(税抜き) 街乗り向けの洒落たシティスポーツ自転車「MULTIWAY」シリーズ 出典:ルイガノ 新たに登場した「MULTIWAY」シリーズは、街乗り用に特化した洒落たシティスポーツ車。MULTIWAYシリーズは「MULTIWAY 26/27」と「MULTIWAY27.5」の2種類がある。「MULTIWAY 26/27」は泥除けやオートライト、前荷台、リング錠など、街乗りでも扱いやすい部品を装備し通勤・通学にも合う自転車。タイヤもシティサイクル/ママチャリ用のタイヤを装備し、タイヤやチューブ交換時のコスト削減にもつながる。価格は52,000円(税抜き) 出典:ルイガノ 一方、MULTIWAY27.5はマウンテンバイクやグラベルロードに採用されている27.5インチ(650B)を採用。車体のデザインはMULTIWAY26/27に似ているが、細かい所が異なっている。一般的なクロスバイクに似ているが、前後ブレーキは強力なローラーブレーキを採用し、急ブレーキをかけても車輪がロックしにくいタイプで、こちらもオートライトが装備されている。変速機は内装7段変速。価格は72,000円(税抜き) わかりやすくなった名前 2018年モデルでは、アルファベット一文字の名前で混乱していたが、今回はK(≒Kids)やJ(≒Junior)など一部を除き、名前をつけることでわかりやすくなった。 http://www.louisgarneausports.com

Latest Articles

パワーとハンドリングを両立した驚異のフルサスE-MTB ヤマハ YPJ-MT Proをインプレ

1993年、量産世界初の電動アシスト自転車を作った事でしられているヤマハ発動機。日本では電動アシスト自転車界では非常に大きいシェアを持っている会社で、近年注目されている電動アシストスポーツ自転車「E-Bike」にも力を入れている。 現在、ヤマハ発動機は、街乗り向けの電動アシスト自転車を「PAS」シリーズ、スポーツモデルのE-BikeをロードバイクタイプのYPJ-Rから、クロスバイクタイプのYPJ-TC、ハードテールタイプのYPJ-XCなど、様々なE-Bikeを展開している。 その中でも2020年7月に発表した「YPJ-MT Pro」は、ヤマハ発動機初のフルサスペンションタイプの電動アシストマウンテンバイク「E-MTB」として、各所から注目されている。今回、YPJ-MT Proの公道試乗を行うことができたのでインプレッションをお届けしよう。 筆者はTREK Rail 9.7(記事)、Specialized Turbo Levo SL(記事)、Corratec E-POWER X VERT CX(記事)、執筆時点では発売されておらずプロトタイプの「STROKE Cargo Trike T4」(記事)など、様々なE-Bikeを試乗したことがある。また、E-Bikeの所有に関しては、Specialized Turbo VADO SL 4.0(記事)を所有している。 ヤマハ YPJ MT-Proの車体をチェック YPJ-MT Proは、ひと目で見て他社のE-MTBと明らかに違う車体デザインとなっている。まるでオートバイのセミダブルクレードルを採用したフレームは、メインフレームの上下(トップチューブ/ダウンチューブ)が、それぞれ2本に分かれた構造の「YAMAHA Dual Twin...

横浜で行われる自転車イベント「ヨコハマ サイクルスタイル2021」~Ride & Urban Outdoor~が5月15日(土)・16日(日)開催

ヨコハマサイクルスタイル実行委員会は2月25日、「ヨコハマサイクルスタイル2021」を5月15日、16日に開催することを発表した。ヨコハマサイクルスタイルは2014年からスタートし、7回目となるサイクリングイベントとなる。 今年のテーマは「Ride & Urban Outdoor」で、シティ感覚でアウトドアを楽しむことの提案です。充実したコンテンツを用意。 注目のグラベルロードや、e-BIKE最新モデルなど、人気ブランドの試乗会を実施。他にも人気サイクルアイテムを取り扱うセレクトショップTOKYO Life主宰の「BIKE JAM」も行う。また、今回は自転車とキャンプをテーマにした旅フェスティバル 「BIKE & CAMP」が横浜会場に初登場する。   イベントでは、横浜を象徴する観光エリア(みなとみらい~新港~山下)を巡って、もっと広く、もっと深く、新しいヨコハマをみつけるツーリングイベントや、自転車で指定のフォトスポットを探しながら走り、途中カフェで休憩をとりつつ横浜を巡るライドイベント、最新e-BIKEに乗って、横浜観光スポットを巡るツーリングイベントも実施する。 ≪ヨコハマサイクルスタイル2021 開催概要≫ 日   時 : 2021年5月15日(土)、16日(日) 10:00~17:00 会   場 : 横浜赤レンガ倉庫 (横浜市中区新港1-1)、新港7街区エリア 主   催 : ヨコハマ サイクルスタイル実行委員会 【構成:(株)ガイアプロモーション/ グローブ・スポーツコミュニケーションズ(株)/(株)東京ライフ】 後   援 : 横浜市道路局(予定) 協   力 : (株)横浜赤レンガ/一般社団法人自転車キャンプツーリズム協会/一般社団法人e-Mobility協会 入 場 費 : 無料 公式サイト : https://www.cycle- style.com/ ADRESS 横浜市中区新港1-1 ACCESS ■ JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分 ■ JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分 ■ みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分「みなとみらい駅」より徒歩約12分 関連リンク ヨコハマ・サイクルスタイル:https://www.cycle-style.com/

スポーツ自転車シェアアプリ「CycleTrip」、自転車総合パーツブランド「GORIX」とコラボを実施 抽選でサイクリングマスクをプレゼント

スポーツ自転車シェアアプリ「CycleTrip」を運営しているZuttoRide Sharingは2021年3月1日、 ごっつとのコラボレーションとして、抽選で10名様にGORIX製サイクリングマスクをプレゼントするキャンペーンを開始すると発表した。 「CycleTrip」は、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、E-Bikeといったスポーツバイクを、貸し借りできるシェアサービス。最近乗っていないスポーツバイクがある、レンタルできる店舗が身近に無いなどスポーツバイクに関わる課題を同時に解消する。 今回、GORIX×CycleTripコラボキャンペーンとして、GORIX製サイクリングマスク(カラー:グレー)を抽選で10名にプレゼント。 GORIX製サイクリングマスクは、サイクリングから、スポーツ中の使用や花粉対策として季節を問わず一年中使用できるのが特徴のスポーツマスク。濃密フィルターを通して空気を取り入れ、呼吸の排出には逆止弁バルブを利用して中に留めず排出する。 その他の便利な機能としては、アウター本体とインナーフィルターの二重構造、アウターを後頭部で固定するので顔への密着性が高い、折り曲げ自在のノーズクリップ付属で鼻周りの形状にフィット。眼鏡なやサングラスの曇りを抑える、伸縮性のあるライクラ素材で、顔にフィットするのでスポーツをしてもズレにくいマスクとのこと。 応募方法は「CycleTrip」公式アカウントの@cycletrip_share (https://twitter.com/cycletrip_share)をフォローし、対象ツイートをリツイートする事で応募可能。キャンペーン期間は2021年3月1日(月)から2021年3月7日(日)の23時59分まで。 結果発表は「CycleTrip」が当選者様のアカウントをフォローの上、ツイッターのダイレクトメッセージで連絡を行う。 関連リンク Twitter 公式アカウント「CycleTrip」:https://twitter.com/cycletrip_share CycleTrip:https://cycletrip.jp/

AOKIから自転車通勤にも使える高機能セットアップ「THE THIRD SUITS」が新価格で登場

AOKIは2月19日、同社が展開する「ORIHICA」の「THE THIRD SUITS®」の新価格を発表した。 「THE THIRD SUITS®」は、「ゆるすぎず、堅すぎないスーツ」をコンセプトに、2016年から販売しているワークスーツ。昨今のワークスーツ需要に答えるため新価格で、ORIHICA全店並びにORIHICAオンラインショップにて2月24日(水)から販売している。 新価格では、ジャケットが9900円(税抜、以下同)パンツ3900円の新価格で発売。加えて今季のトレンド「黒」に合わせて、「B3(ビースリー)」という名称で、黒の「THE THIRD SUITS®」の販売を実施する。 パンツは通常の「セットアップパンツ」と「シャーリングパンツ」の2種類を展開し、着用シーンや着こなしに合わせて使い分けが可能。また、自宅の洗濯機でケアできるウォッシャブル仕様に加え、ストレッチ性を重視するなど機能性でも優れているのが特徴だ。 カラーは黒以外に紺、グレージュ、カーキ(店舗限定)を展開。黒は2月24日発売予定で、紺・グレージュ・カーキは3月上旬に発売予定。 新たに登場したB3(THE BLACK THIRD SUITS®)は、昨今のトレンド傾向を踏まえて、ブラックカラーの展開を強化したワークスーツ。第1弾ではジャケット・パンツ2型の展開で、高機能素材に加え、カジュアル合わせをしやすい素材感やラペル幅にこだわり作成したと謳っている。 関連リンク ORIHIRA:https://www.orihica.com/

BESVが春のe-Bike生活応援キャンペーンを実施 対象E-Bike購入でバッテリーセットが半額以下で購入可能に

BESV JAPANは2021年3月1日、追加バッテリー+専用バッグのセットがお得に購入できるキャンペーン「Jシリーズバッテリー+1キャンペーン」を実施すると発表した。 BESV Jシリーズは、 舗装路のサイクリングを重視したE-Bikeで、E-クロスバイクの JF1とE-ロードバイクのJR1の2モデルをラインナップ。フレーム内蔵型のバッテリーとリアインホイールモーターを採用することでスッキリとしたデザインと軽さが特徴のE-Bike。 このキャンペーンでは、ロードバイクタイプ「JR1」(ジェイアールワン)とクロスバイクタイプ「JF1」(ジェイエフワン)を3月1日(月)から3月31日(水)までの対象期間中にBESV取り扱い店で購入した場合、BESV7.0Ahバッテリーと、Jシリーズ専用のバッテリーバッグのセットが通常セット価格4万2900円(税込)が、2万円(税込)で追加オプションとして購入可能なキャンペーンとなる。 平日は、252Whのバッテリー一本を使用し、週末は、+バッテリーの2本運用で、504Whの大容量で、ロングライドを楽しめるとのこと。重量は、バッテリー(1.45キログラム)+専用バッグ(0.2キログラム)で1.65キログラム。また、専用設計のバッテリーバッグは、フレームに固定可能だ。 フラットバーハンドルを採用したクロスバイクタイプのE-Bike「JF1」の価格は23万円(税抜、以下同)。ドロップハンドルバージョンのロードバイクタイプのE-Bike「JR1」の価格は27万6000円。 (参考)BESV JF1のスペック フレーム:アルミ フロントフォーク:アルミ 重量:16.1kg ブレーキ:シマノDEORE機械式ディスクブレーキ ギア(前):44T ギア(後):11-34t 10段段変速 フロントホイール:700C リアホイール:700C、インホイールモーター タイヤ:DURO 700×35C ドライブユニット:BESV インホイールモーター(定格出力250W、最大トルク不明) アシスト方式:リアインホイールモーター バッテリー:36V 7Ah(252wh) 充電時間:約3.5時間 アシストモード:2段階 航続距離:115/58km (参考)BESV...