土曜日, 1月 23, 2021
ホーム News 2020年モデルの自転車まとめ

2020年モデルの自転車まとめ

モンベルの自転車ブランド「シャイデック」から電動アシストMTB「MT-E」が登場【E-Bike】

アウトドア用品を製造している事で知られている「モンベル」から、自転車ブランド「SCHEIDEGG(シャイデック)」の、電動アシストマウンテンバイク(E-MTB)「MT-E」が登場した。 「シャイデック」は、アウトドアスポーツを通じて広大な自然を楽しむ「SEA TO SUMMIT」などの活動から得た経験を元に、日本のフィールドを快適に走るために誕生した自転車シリーズ。フレーム設計からパーツの選定に至るまでフィールドテストを繰り返し、日本人の体格や起伏に富んだ日本の地形にベストフィットする自転車を特徴としている。シャイデックにはロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク、折りたたみ自転車をラインナップしている。今回登場したシャイデック MT-Eはシャイデックシリーズ初のE-Bikeだ。   シャイデックMT-Eは、シャイデック MT-Aのトレイルの走破性はそのままに、電動アシストユニットを搭載した電動アシストマウンテンバイク「E-MTB」。剛性に優れた異形断面チューブや高性能フロントフォークを採用した車体には、「SHIMANO STEPS E8080」ドライブユニットを搭載した。人力では厳しい勾配の激坂でも力強いトルクを発揮し、ロングライドではスムーズに加速をサポートを行う。電動アシスト機能のパワーと高い走破性で、MTBライドから、トレイルまでのアクセスも楽しめるE-MTB。価格は37万円(税抜)。 シャイデック MT-Eのスペック フレーム:アルミ フロントフォーク:SR SUNTOUR ZERON35 BOOST LO-R 、R15QLC32 27.5CTS 130mm 重量:21.8kg ブレーキ:SHIMANO DEORE(前180mm/後160mm) ギア(前):SHIMANO E8000 34T 165mm ...

手軽に購入できる軽量クロスバイク「NESTO VACANZE」の2020年モデルが発売

総合自転車メーカーのホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO (ネスト)」は2月18日、クロスバイク「VACANZE (バカンゼ)」シリーズの2020モデルVACANZE 1、VACANZE 2を発売した。 VACANZEシリーズはNESTOの中でも、量販店等幅広い店舗で購入できる「スタンダードモデル」にラインナップされているクロスバイク。走行性能の要となるフレーム部分には、自転車専門店で販売される「プレミアムモデル」のクロスバイク「LIMIT (リミット)」と共通のアルミフレーム・フォークを採用している。タイヤは最新のトレンドであるやや太めの「32Cタイヤ」を採用し、空気量が多く路面の凹凸や段差の衝撃を吸収する。 デザインは気軽な街乗りに似合うようシンプルでスタイリッシュな雰囲気を持たせている。また、街乗りの必需品、ベル・スタンド・ライト(VACANZE 1のみ)を標準装備。 VACANZE 1製品情報 希望小売価格       46,000円(税抜) サイズ/適応身長   400mm(150-165cm)、440mm(160-175cm)、480mm(170-185cm) カラー                  トーンブルー、マットホワイト、マットブラック、マットレッド(440、480のみ)、ライトグリーン(440、480のみ)、マットガンメタル(440、480のみ) 重量                     10.2kg (480mm) 変速                     3x7 Speed 付属品                  高輝度ライト・ベル・リフレクター・スタンド・バルブアダプター 取扱店舗              全国の自転車専門店、有名ホームセンター、家電量販店 ...

レトロスポーティなデザインの電動アシスト自転車「ヤマハ PAS CITY-V」の2020年モデルが登場

ヤマハ発動機は、レトロスポーティなデザインを採用したシティタイプの24インチ電動アシスト自転車「PAS CITY-V(パス シティ ブイ)」の2020年モデルを、2月14日に発売すると発表した。 「PAS CITY-V」は、通勤や街乗りなどのシーンで使いやすさを重視しつつ、気軽にスポーティな走行感覚を楽しむことのできる24インチの電動アシスト自転車。フレームはシャープなイメージのV型フレームや砲弾型バッテリーライトの採用を行い、レトロスポーティなデザインに仕上げている。そして、「PAS」シリーズのコンパクトモデルで唯一の内装5段変速や、オンロードでの走行性を重視したタイヤを採用している。2020年モデルの「PAS CITY-V」は、新カラー「クリスタルブラック」「ダークメタリックレッド2」の2色を採用。継続色のミラーシルバーを含めて、3色展開となる。価格は117,000円(税抜) スペックは以下の通り フレーム:アルミ 重量:22.4kg ギア(後):内装5段変速 タイヤ:24×1.75 HE ドライブユニット:ヤマハ アシスト方式:ミッドドライブ バッテリー:25.5V 12.3Ah 充電時間:約3.5時間 アシストモード:3段階(オートエコ/標準/強) 航続距離:(78km/59km/45km) その他追記:3年間盗難補償あり。前かごはオプション。チャイルドシートの装着不可 リンク:ヤマハ発動機 PAS CITY-V

注目のE-ロードバイク「Specialized Turbo Creo SL」を読み解く 他とは何が違うか?【E-Bike】

2019年12月にSpecializedからE-ロードバイク「Turbo Creo SL」シリーズが発表された。 Turbo Creo SLは、日本のE-Bikeでは見られなかった数々の機能を採用したE-ロードバイク。重量わずか12.2kgと超軽量級E-Bikeを実現した最上級モデルのS-Works Turbo Creo SLの価格は1,485,000円(税込み)と、他のE-Bikeでも見られない100万円オーバーのE-Bikeだ。今回、Turbo Creo SLを読み解く事で、どのようなE-ロードバイクなのか考察する。 フレームはオンロードとグラベルに両方対応 Turbo CREO SLは、日本のE-Bike界では数少ないカーボンフレームを採用している(FACT 11r カーボンフレーム)。ステムは衝撃吸収仕様のFuture Shockを車体設計はロードバイクというよりもグラベルロードに近く、タイヤクリアランスは700Cホイールの場合、最大42mmのタイヤが装着でき、フェンダーを装着した場合でも、最大38mmのタイヤに対応している。 また、Turbo CREO SLは650Bホイールに対応しており、最大47mmのタイヤが装着可能。ラインナップも、Specializedモデルに関しては700×28ミリタイヤにカーボンシートポストを装着したE-ロードバイクの「Turbo Creo SL」と、700×38ミリタイヤに、ドロッパーシートポストを搭載した「Turbo Creo SL Evo」の2種類を用意している。(S-WORKSモデルはE-ロードバイクのみ) デュアルバッテリー化が可能なバッテリー Turbo Creo SLには、フレーム内蔵型バッテリーに加え、ボトルケージに装着するバッテリー「レンジエクステンダー」も用意されている。航続距離は内蔵バッテリーで130キロメートル。レンジエクステンダーで65キロメートル。両方使用すると195キロメートルとなる。 充電方法は、ボトムブラケット真上にあるシートチューブ上のポートに挿し込む方式を採用。内蔵バッテリーを充電のために取り外すことが不可で、フレームに取り付けたまま充電を行う必要がある。バッテリーを取り外す場合モーターを取り外す必要がある。そのため、Turbo...

ブリヂストンサイクルから通勤用電動アシストクロスバイク「TB1e」が登場

ブリヂストンサイクルは、電動アシストクロスバイク「TB1e(ティービーワンe)」を発表した。 TB1eは、通勤・通学向けクロスバイク「TB1」の電動アシスト自転車版。スポーツサイクル風のデザインを採用しながら、一般車や軽快車に使われている27インチタイヤや、リング錠、泥除け等を標準装備することで実用性も高いのが特徴だ。また、オプションでカゴも用意されているので、さらに実用性を上げることができる。ドライブユニットは、前輪インホイールモーター「BSデュアルドライブ」を採用。下り坂や平地を走行中にペダルを漕がないと自動で発電し充電する機能を搭載した。2020年2月上旬に発売予定。価格は129,800円。 フレーム:アルミフレーム フロントフォーク:不明 重量:19.8kg ブレーキ:フロント アルミVブレーキ(パワーモジュレーター付き)+リア フィン付きローラーブレーキ ギア(前):38T ギア(後):外装7段変速 フロントホイール:アルミリム+スチールスポーク リアホイール:アルミリム+スチールスポーク タイヤ:27×1-3/8 ドライブユニット:ブリヂストンサイクル BSデュアルドライブ(定格出力250W、最大トルク不明) アシスト方式:フロントインホイールモーター バッテリー:36.5V 9.9Ah 充電時間:約4.5時間 アシストモード:3段階(エコ/オート/パワー) 航続距離:(130km/90km/54km) その他:リング錠「BSロック8」、3年間盗難補償あり ブリヂストンサイクル:bscycle.co.jp

Khodaa-BloomやNESTOのホダカから「THIRDBIKES」という新自転車ブランドが登場

ロードバイク等のオンロードスポーツサイクルブランド「Khodaa-Bloom」や、マウンテンバイク、グラベルロード等で有名な「NESTO」等のブランドを持つホダカから、新しいスポーツサイクルブランド「THIRDBIKES」が登場した。 THIRDBIKESは”「ファン」「イージー」「セーフティー」を大切に考え、「あらゆる人が気軽に楽しめるスポーツバイク」という新しい常識を作り出すスポーツサイクルブランド”とのこと。2019年12月9日現在、「FESCROSS」「FESROAD」「SURFSIDE」「SUPERSONIC」「SOON」「FACT」の6台の自転車が公開されている。 クロスバイクのFESCROSSは6061アルミフレームを採用したクロスバイク。3×7段変速と700×28Cタイヤを採用したスポーツタイプのクロスバイク。価格は32,800円(税抜)。ロードバイクのFESROADはベル、ライト、キックスタンドを採用した街乗り向けロードバイク。アルミフレームに2×7段変速の組み合わせで52,900円(税抜)。   SURFSIDEはRivendell ClemSmith Jr等を連想させるMTBタイプのアップライトスポーツサイクル。スチールフレームは、クロスバイクよりも寝かしたヘッドアングルとシートアングルに、リアセンターを採用。26×1.95と太いタイヤを装備しており、価格は29,900円(税抜)。 26インチホイールとまたぎやすいスタッカードタイプのフレームを採用したSOON。サンヨーブランドのハブダイナモライトに前カゴ、泥除け等を装着し、通勤・通学に対応した自転車となっている。価格は32,900円(税抜)。   SUPERSONICは、スチールフレームを採用したピストバイク。ブレーキはVブレーキを採用した。価格はオープン価格。 FACTは、スポーティタイプの街乗りクロスバイクに泥除けとハブダイナモを搭載した街乗りクロスバイク。価格は32,900円(税抜)。 価格はスポーツサイクルの中でも低価格の部類に入る。フレームサイズは現時点では1種類しかないようだ。 リンク THIRDBIKES:thirdbikes.com

NESTO初のグラベルロードバイク「GAVEL」フラットバーグラベルロードバイク「GAVEL FLAT」が発売

ホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO」から、ブランド初のグラベルロード「GAVEL(ガベル)」とフラットバーグラベルロード「GAVEL FLAT(ガベル フラット)」を11月27日に発売した。 6061 アルミをベースに、溶接部に手作業の研磨処理を施す「スムースウェルディング」を採用したフレームにはシートステーとチェーンステーを横扁平に加工する振動吸収機構「FLEXOR(フレクサー)」を採用。リア部が縦方向にしなり、フレーム自体が柔軟に路面に対応し、エアボリュームの多い38Cタイヤにより、振動吸収性と快適性が向上。また、前後スルーアクスルによって車体剛性が増している。ボトルケージは、フレームに4箇所、フォークに2箇所装備し、多様なスタイルのツーリングライドに対応。ドロップハンドルバージョンのGAVELでは、走行性能に直結するパーツにSHIMANO SORA を搭載。また価格帯最軽量クラスの重量を達成している。価格は105,000円(税抜) GAVEL FLATは、GAVELの特長はそのままに、ライザーバーハンドルや油圧ディスクブレーキを装備したモデル。グラベルライドだけでなく毎日の通勤や通学などの街乗りなど、タフで様々なシチュエーションにマッチした、自由なスタイルで使えるフラットバーグラベルロードバイク。価格は89,000円(税抜)。GAVEL、GAVEL FLAT はNESTO プレミアムディーラーで購入可能だ。 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/32625 https://www.cyclorider.com/archives/32312 nestobikes.com

QRコードでデジタルコンテンツを提供するクロスバイク「KhodaaBloom RAIL」の2020モデルが発売

ホダカ のスポーツバイクブランド「KhodaaBloom (コーダーブルーム)」は、スポーツバイク業界初の試みとして、2020モデルよりフレームに貼付したQRコードでユーザー向けデジタルコンテンツの提供を開始する。第一弾としてクロスバイクRAIL (レイル) 700、RAIL 700Aの2020モデルを11月下旬に発売を行う。 Khodaa-BloomのRAILシリーズは10年間で3万台以上の販売実績があるクロスバイク。今回発売するのは高速系のクロスバイクとして価格帯トップクラスの性能を持つRAIL 700と安定感を重視したRAIL 700Aの2車種。ロードバイクに匹敵する重量1,350gのフレームを使用し、高輝度ライト・スタンド・ベルが付属して実用性も備わっている。 今回のQRコードは、車体にあるQRコードをスマートフォンで読み取ることで、空気入れやチェーンのお手入れといった基本的な扱い方に関する情報を知ることが可能だ。これにより、空気入れやチェーンのお手入れといった基本的な扱い方に関する情報を知ることができる。 RAIL 700製品概要 高品質なタイヤ・ハブなど厳選したパーツ構成で価格帯トップクラスの軽量性を売りにしたクロスバイク。 希望小売価格       63,000円(税抜) サイズ(適応身長) 400mm(155-170cm)、440mm(165-180cm)、480mm(170-190cm)、540mm(180-195cm) カラー                  ソリッドレッド、マットダークブルー、マットブラック、ソリッドホワイト  ※540mmはマットブラック、ソリッドホワイトのみ 重量                     9.8kg (480mm) 変速                     3x9 Speed 付属品                  高輝度ライト・キックスタンド・ベル・リフレクター・ペダル ...

SCOTTからBosch製E-Bikeユニットを搭載したE-MTBが登場

ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクの「SUB」シリーズで有名なSCOTTから、2種類のE-MTB「SCALE eRIDE JAPAN SPEC LIMITED」「GENIUS eRIDE JAPAN SPEC LIMITED」が登場した。 SCALE eRIDE JAPAN SPEC LIMITEDは本格マウンテンフィールドからアーバンユースまで。幅広く活躍可能なハードテイルE-MTB。ドライブユニットは最新型のBosch Performance Line CXを搭載。サスペンションはSR Suntour XCM34で120mmトラベル。登坂シーン等では手元のリモートレバーで瞬時にロックアウトも可能だ。変速はShimano RD-M592 9段変速。タイヤはKenda Booster 29x2.6" 30TPIを搭載している。フレームサイズはS、M、Lの3サイズを用意。価格は380,000円(税別)。 GENIUS eRIDE...

Khodaa-Bloomからクロスバイク「RAIL (レイル)」シリーズ販売台数3万台突破記念モデルが登場

KhodaaBloomは2009年に販売を開始したクロスバイク「RAIL (レイル)」シリーズ累計販売台数3万台を突破したことを記念して、特別カラーの300台限定RAIL 700Aを11月下旬に発売する。 2009年に販売を開始したRAILは、販売当初、街乗り中心の実用的な機能を付加したモデルが人気だったが、2013年にモデルチェンジを実施。スポーツバイクとして性能面に特化した軽量&高速クロスバイクに変化した。フレームは、ロードバイクに匹敵する重量1,350gの軽量フレームを採用し、超軽量クロスバイクの代表的なモデルとなった。 今回発売する300台限定のRAIL 700Aは、フレームカラーに見る角度や光の当たり方によって緑や紫に色が変化するオーロラグリーンを採用。これは時代のニーズに合わせて変化したRAILを象徴するもので、日本人のライフスタイルやニーズに合わせて柔軟に変化し続ける決意も込められているとのことだ。 希望小売価格:48,000円(税抜) サイズ(適応身長) :400mm(155-170cm)、440mm(165-180cm)、480mm(170-190cm) カラー:オーロラグリーン 重量:11.0kg (480mm) 変速:3×8 Speed 付属品:ライト・キックスタンド・ベル・リフレクター・ペダル 生産台数:300台限定 発売時期:11月下旬 取扱店舗:全国のKhodaaBloomディーラー

DAHONとTernの一部モデルで消費税増税分還元キャンペーンを実施

DAHONとTern Bicycles Japanでは、一部店舗で対象モデルを購入する時、購入金額よりさらに2%OFFとなるキャンペーンを実施している。 対象車種はDAHONの場合20インチ折りたたみ自転車のRoute、BoardWalk D7。TernはFOLDING BIKESシリーズのLink A7/C8と、ROJI BIKESシリーズのRip、Cltuchとなる。Ternの場合、FOLDING BIKESとROJI BIKESでキャンペーン実施販売店が異なるため注意が必要だ。実施期間は2019年11月1日(金)から12月22日(日)まで。対象店舗は以下の通り。 DAHON 【北海道・東北】 南風自転車店(北海道) 【関東】 オレンヂジュース(栃木県) サイクルショップ ハクセン鳩ケ谷店(埼玉県) 橋本輪業(千葉県) サイクルテラス幕張新都心店(千葉県) Y's Road 船橋(千葉県) Y's Road 新宿本館(東京都) Y's Road 渋谷本館(東京都) サイクルスタヂオ ハクセン(東京都) カルマックスタジマ(東京都) フレンド商会(東京都) Y's Road 横浜店(神奈川県) バイシクルセオトレッサ横浜(神奈川県) 【北陸・中部】 サイクランド マスナガ(石川県) ミヤジマ石油(静岡県) Y's Road 名古屋本館(愛知県) じてんしゃひろば遊(愛知県) カミハギサイクル 小牧本店(愛知県) サイクルぴっとイノウエ...

注目のグラベルロードの1つ NESTO GAVELをチェック

マルキン自転車で有名なホダカ株式会社のスポーツ自転車ブランドの1つが「NESTO」だ。2020年モデルから、マウンテンバイクの拡充やグラベルロードをラインナップを増やすなど、グラベルを重視したラインナップとなった。2020年モデルの中でも注目のモデルがグラベルロードの「GAVEL」シリーズだ。Shimano SoraコンポーネントにTEKTRO 機械式ディスクブレーキを採用した「GAVEL」と、Shimano Acera MシリーズコンポーネントにShimano MT400油圧ディスクブレーキを採用した「GAVEL FLAT」の2種類を用意。今回はドロップバージョンのNESTO GAVELをチェックした。 グラベルロードバイクには、アップライトな姿勢で長距離サイクリングを行うツーリングタイプや、マウンテンバイクにドロップハンドルを装着したオフロード中心のモデルなど、様々なタイプがある。GAVELは前傾姿勢で舗装路・グラベルを両立する一般的なスポーツタイプだ。ボトルケージ台座は、フロントフォーク左右、トップチューブ、ダウンチューブ×2、シートチューブと沢山用意している。 シートステーとチェーンステーを縦方向にしならせる振動吸収機構FLEXOR(フレクサー)を搭載していることをアピールしているが、実はプレスフィットボトムブラケットも搭載している。従来のねじ切り式のボトムブラケットよりも高い剛性が出るのが特徴で105,000円(税抜き)のグラベルロードバイクに採用されるのは珍しい。 ブレーキは、TEKTRO MD-C510。ワイヤー引きの片押しタイプの機械式ディスクブレーキ。ハンドルバーはハの字タイプのフレアドロップハンドルを装備。ハンドル幅が一般的なロードバイクよりも広いため、グラベルでも抑えが利き、舗装路でも低速走行は安定して走れる。 GAVELを購入するときの注意点は、フレームは650B×47c”ロードプラス”規格に非対応だと言うことだ。伺った所、ロードプラス規格を採用しなかった理由は、「コスト」「実際にロードプラスタイヤを履いて楽しむ人が少ない」「マウンテンバイク風味の直進安定性の増加を嫌い、自然なハンドリングを重視した」とのこと。FELT VR、GT 初代GRADE等ロードプラス規格非対応のグラベルロードバイクに乗ったことがあるが、これらグラベルロードバイクは自然なハンドリングだったので、理論的には合っている。今回、試乗したGAVELはフレームサイズが一回り小さいため、評価しない。 GAVELがFELT VRやGT 初代GRADEと違うのは、対応タイヤサイズだ。一般的にロードプラス規格非対応モデルでは700×35cまでのクリアランスしか無いのが多いが、GAVELは700×40Cまで対応している。40cまで対応できれば、ジープロード程度のグラベルライドや荷物を積んだサイクリングまで幅広い楽しみ方ができるだろう。 nestobikes.com 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/32312
- Advertisment -