グリップ・バーエンド

グリップ・バーエンド

クロスバイクやMTBカスタムで有名なバーエンドバーについて解説

フラットハンドルを採用しているフラットバーロードバイク・クロスバイク、マウンテンバイクのカスタムとして有名なのがバーエンドバーの装着だろう。 バーエンドバーを装着する利点は、フラットハンドル部とバーエンドバー部を交互に活用することで、手首の負担がかかりにくい事だろう。また、上り坂などで腕や上半身の力を使う場合、バーエンドバーを握ることで力が出せる特徴も持っている。欠点は、ブレーキレバーから手が離れているため、万が一、ブレーキをかけるとき、ブレーキが遅れる場合がある。バーエンドバーを使う場合、交通量が少ない ...

GIANT Escape RX4 すべての記事 グリップ・バーエンド

フラットハンドルにパームレストを装着して持つ位置を増やす

通常の角度が無いフラットハンドルでは、長距離を走るのにバーエンドバーを装着するのが一般的だ。ただ、角度がついたハンドルの場合は普通にバーエンドバーを装着しても、上手く使うことが出来ない。 角度がついたハンドルにバーエンドのような物をつけるには2つの方法がある。1つはTOGSを使用する方法。2つ目はDIA-COMPEのDC138 ハンドレストを装着する方法がある。今回はハンドレストを装着してみた。 本来ハンドレストはギトネットレバーとドロップハンドルに合わせて使用するのが一般的だが、フラットハンドルにハンド ...

グリップ・バーエンド サドル ブレーキ マウンテンバイクルック車 ワイヤー

MTBルック車の基礎チューンアップ

ホームセンターなどで3万円以下で売られているようなMTBルック車は、エントリー用スポーツ自転車と比べると、フレームは重く未舗装路走行を想定していない、サスペンションは街乗りレベルで本格的に使えない、ホイールの耐久性に不安がある、本格的なスポーツ自転車に採用されている部品が使用できない可能性があるなど、素材として良くない。MTBルック車の場合、本格的なチューンアップは行わず、部品がヘタった場合は基礎的なチューンアップにとどめておいたほうが費用対効果は高い。今回はMTBルック車で効果がある基礎的なチューンアッ ...

グリップ・バーエンド

木目のグリップが欲しい人に Bazooka ライトコルクグリップ

グリップは自転車カスタムの中では安価で比較的効果があるカスタムだ。このようなグリップは定番のカラーグリップが多いが、写真のような木目調の物もある。 Bazooka(バズーカ) ライトコルクグリップは、名前から見てコルクで作られているらしいが、見た目は明るい木目調となっている。木目調のグリップというのは少なく、むしろ本物の木を採用したグリップのほうが多かったりする。なので、このような安価な木目調グリップは価格もネット通販で600~700円クラスで貴重だ。 グリップ力は、Beamの1000円クラスのゴム製のエ ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.