コンポーネント

MTB コンポーネント ニュース

シマノのマウンテンバイクコンポーネント「DEORE」がモデルチェンジ リア10速から12速まで対応

シマノは5月8日、マウンテンバイク用コンポーネント「DEORE」のモデルチェンジを行った。発売は2020年6月を予定している。 今回のDEOREは、シマノのマウンテンバイクコンポーネンツの最高峰「XTR」のコンセプトとテクノロジーを受け継いでおり、リア12速仕様は「M6100シリーズ」、リア11速仕様は「M5100シリーズ」、リア10速仕様を「M4100シリーズ」とモデルチェンジ。リア10速からリア12速までカバーする幅広いラインナップとなった。 「DEORE」M6100シリーズ 【DEORE】M6100 ...

クランク グラベルロード コンポーネント ホイール

グラベルロード用コンポ「シマノ・GRX」で注目の部品を紹介

多くのメディアから注目されている、シマノから登場したグラベルロードバイク用コンポーネント「GRX」。適合表(https://productinfo.shimano.com/#/com)では、ロードバイク用コンポーネントとの互換性が保たれているようだ。今回、GRXの中でも、筆者が注目した部品を紹介する。 フロントダブルクランク(46-30T) シマノ GRX クランクセット FC-RX600-2 46×30T 10段用8,972円(07/07 11:31時点)楽天市場 ロングライドや峠越えを行う時に必要なの ...

コンポーネント

ディレイラーハンガーを壊さない対策・直し方まとめ

スポーツサイクルに多く使われている外装変速機の欠点の1つに、転倒などにより後変速機の取付部分「ディレイラーハンガー」が曲がると、変速できなくなる等様々なトラブルが発生する。ここではディレイラーハンガーを壊さない対策や、直し方をまとめてみた。 ディレイラーハンガーが壊れる理由 後変速機の取付部分「ディレイラーハンガー」が曲がる理由は主に2つある。 転倒等によるディレイラーハンガーの変形 1つ目が転倒等による変形。多くの場合、走行時の転倒で壊れるのを思い浮かべるが、駐輪で倒れたり、輪行での失敗など様々な要因で ...

グラベルロード コンポーネント

グラベルロード/ディスクロードのスルーアクスル規格まとめ

殆どのスポーツサイクルは、工具無しで車輪の着脱を行うことができるクイックリリースレバーを採用しているのが一般的。しかし、最近ではディスクブレーキを採用した車種を中心に、クイックリリースレバーではなくスルーアクスル方式を採用したスポーツサイクルが登場している。 砂利道も走ることができるグラベルロードでは、クイックリリースレバーやスルーアクスル規格が乱立している状況となっている。今回は、グラベルロードに採用されているスルーアクスル規格についてまとめてみた。 クイックリリースレバーについて簡単に解説 スポーツサ ...

すべての記事 コンポーネント 公道仕様

アーバン用自転車コンポーネント「シマノ・METREA」を触ってみた・乗ってみた・質問してみた

シマノが新たにストリート系自転車向けコンポーネント「METREA」が発売された。METREAは、街乗り用の内装変速が中心のコンフォートタイプコンポーネント「NEXUS」、トレッキングバイクといった実用的なスポーツ自転車が中心の「DEORE XT/DEORE LX/DEORE/ALIVIO/ACERA/ALTUS Tシリーズ」などといった非競技向け自転車用コンポーネントとは違い、やや前傾姿勢で乗り、ファッショナブルなアーバン用自転車向けのコンポーネントとなっている。型番はU5000番台。 一番注目する部分は ...

no image

コンポーネント ルック車

自転車店の店員が言う自転車部品のグレードの違い シマノ・Tourney編

シマノの変速機にはロードバイク用、マウンテンバイク用、トレッキングバイク用、小径車用、シティサイクル用などの多種多様な部品があり、ロードバイク用とマウンテンバイク用、トレッキングバイク用ではグレードの違いが存在する。 ロードバイク用、マウンテンバイク用、トレッキングバイク用の部品の中で一番安いグレードがTourneyというグレード。主にエントリーモデルのスポーツ自転車やルック車、格安自転車の変速機に装着しているグレードだ。 そんなTourneyにはTourney内部のグレードの差がある。Tourneyには ...

no image

すべての記事 コンポーネント ツーリング用自転車 内装変速機関連

ヨーロッパ系旅する自転車に絶大な支持を得ている内装変速 Roloff Sppedrive

日本の旅する自転車と言えば、旧態化しているランドナーが有名だが、ヨーロッパ系の旅する自転車はドロップハンドルではなく、フラットハンドルを採用したトレッキングバイクが中心となっている。その中でもハイエンドモデルに採用されている変速機は、Roloff Speeddriveという内装変速機を採用しているのが多いようだ 面白自転車から本気のツーリング車までドイツで出会った自転車達 : フィールドテスト | 自転車世界一周 二人の力が一つの動力!タンデム自転車の素晴らしさ : フィールドテスト | 自転車世界一周 ...

no image

コンポーネント ワイヤー 小物関連

フロントシングルギア車を多段化するのに必要な小物部品

街乗り用自転車では、フロントギアは1枚しか無いシングルギアのモデルが多い。これらのフロントシングルギアの自転車を、ダブル(2枚)やトリプル(3枚)のフロントギアに交換する場合に必要なものは、フロントディレイラー、クランクセット、ボトムブラケット、シフトレバー、シフトワイヤー類が必要だが、一番の問題はどうやってワイヤー類をフレームに装着するかということ。一部の自転車ではフレームにアウター受けが装備されているモデルもあるが、ほとんどのフロントシングルギアの自転車には無いので、自分でどうにかしないといけない。 ...

no image

コンポーネント ルック車

ルック車に有効な部品として有名な「シマノ・リアディレイラーブラケットユニット」

ルック車の違いの1つに、外装変速機の取り付けの違いがある。通常のスポーツ自転車では、フレームにある取り付け穴を使用して装着する直付け式となっている。しかし、マウンテンバイク、クロスバイクルック車のほとんどは逆爪式という方式を採用している。この方式は、フレームに変速機の取り付け穴がないため、現代の主流となっている直付け式の変速機の装着ができない。 逆爪式のフレームでも、変速機のアップグレードがしたい人もいると思うが、そういうユーザー向けの商品がある。 シマノ リアディレイラーブラケットユニット(Y52U90 ...

no image

クロスバイク・トレッキングバイク コンポーネント

シマノのMTB用コンポ「Acera」にもトレッキングバイク用が登場した

シマノの2015年の新製品で話題になっているのはTIAGRA 4700シリーズだが、自分が注目しているのは、MTB用コンポ「Acera」にトレッキングバイク用のACERA T3000シリーズが登場したこと。 ACERA T3000は、ALIVIOのトレッキングシリーズのように、MTB用のACERA M3000シリーズとは違うシリーズになっている。ACERA M3000は、オフロードを走るマウンテンバイク用の部品ブランドのため、かつてはハイエンドモデルで採用されていたシャドーリアディレイラーや、油圧式ディス ...

no image

クランク コンポーネント シフトレバー ロードバイク

ロードバイクコンポで一番安いシマノ・Tourney A070はどうなのか

ロードバイクのコンポには上から下までグレードがあるが、一番安いので有名なのはシマノのTourney A070だろう。これより下のコンポでは台湾のSunrace R03等があるが、日本には入ってきていないので、日本で実質的にはシマノのTourneyが一番安いロードバイクコンポだろう。 Tourney A070は、主に5~7万円台のロードバイクに採用されているコンポだ。AEONBIKEのプライベートブランド「Momentum」のロードバイクに採用されていたり、海外ではORBEA・AVANT H70(日本未発売 ...

no image

すべての記事 コンポーネント 内装変速機関連

内装3段、内装5段、内装8段の違い(シマノ・ネクサスシリーズ編)

シマノの街乗り用内装変速機、Nexusシリーズは内装3段、内装5段、内装7段、内装8段とわかれている。ネクサスインター8を装着したBE-ALL BT20-8に乗ることができたので、ここで、内装3段、内装5段、内装8段の違いについて書いていこうと思う。 ・内装3段(Shimano NEXUS Inter 3) 安価なシティサイクルに装着されているのが多い内装3段変速のネクサスインター3。内装3段変速は、ギア比の間が開いているため、通常の外装変速機みたいに、少しスピードを出してシフトアップしようとすると、一気 ...

コンポーネント

ディレイラーガードを使ってフレームを守る

後ろに外装変速機がついている自転車は、構造的に変速機が出っ張っているため、転倒等をした時変速機が接触し、変速機を破壊する恐れが有る。それを防止するためにディレイラーガードというのがあるが、個人的にディレイラーガードは、変速機を守るよりもフレームを守るものだと考えている。 スポーツ自転車に多く採用されている後ろ変速機(リアディレイラー)取り付け方式は直付けタイプと言い、フレームエンドの取り付け穴に直接取り付ける方法となっている。この方法だと、転倒などで変速機が変形した場合、フレームのディレイラー取り付け部ま ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.