ブレーキ

ブレーキ 未分類

補助ブレーキレバーのすべて 利点と欠点・お薦めの補助ブレーキレバーを紹介

ドロップハンドルやブルホーンハンドルのフラット部分に装着する補助ブレーキレバーは、賛否両論がある部品の一つだ。一般的にエントリーモデル用のロードバイクに標準装備されているのが多い。そのため補助ブレーキ ...

ハンドル ブレーキ 公道仕様 前傾姿勢を和らげる 未分類

ドロップハンドルよりも扱いやすいブルホーンハンドルを解説

ロードバイクやクロスバイク、ランドナーの特徴の1つであるドロップハンドル。力が入れやすく競技だけでなくスポーツ走行でも使われているが、欠点もある。それは、構造的にブレーキが効きにくいことだ。 てこの原 ...

ブレーキ ロードバイク 未分類

シマノとテクトロのロングアーチキャリパーブレーキの違いはどこにあるのか?

エントリーモデルのスポーツサイクルにはコスト削減のために、テクトロやプロマックスなど、シマノ製ではないブレーキを装着するのが一般的となっている。一般的には、テクトロやプロマックス製のブレーキはシマノ製 ...

ブレーキ 未分類

ブレーキレバーの2フィンガーと4フィンガーの違いは何か?

青春18切符を使い軽井沢でレンタサイクルのポタリングをしてきた。この時、軽井沢ライドタウンでルイガノ・シャッセを借りて走った。ルイガノ・シャッセに搭載されていたブレーキレバーはテクトロ製2フィンガーブ ...

グリップ・バーエンド サドル ブレーキ マウンテンバイクルック車 ワイヤー

MTBルック車の基礎チューンアップ

ホームセンターなどで3万円以下で売られているようなMTBルック車は、エントリー用スポーツ自転車と比べると、フレームは重く未舗装路走行を想定していない、サスペンションは街乗りレベルで本格的に使えない、ホ ...

ブレーキ

独特の形で握りやすそうなGRAN COMPE EVO Lever

ヨシガイのGranCompeブランドの自転車部品は多くあるが、個人的に興味を引いたのがGRAN COMPE EVO Lever。サイクルモード2015でブレーキレバーがハンドルに装着された状態で展示し ...

ブレーキ 未分類

安価に購入できるシマノ製Vブレーキシューの違い

シマノ製Vブレーキシューは安価なモデルでも複数の種類があり、実は違いが存在する。今回はシマノ製Vブレーキシューの違いをまとめてみた。   S65T・S70T S65T、S70Tはドライコンデ ...

ブレーキ 公道仕様 未分類

ブレーキアジャスター等のブレーキワイヤー小物関連をまとめてみた

ブレーキ対策と言うと、ブレーキレバーやブレーキ本体が取り上げられることが多いが調整用のアジャスター等の小物を採用するのもブレーキ対策だ。 このようなブレーキ用の小物は小さいながらも重要な役割を果たして ...

ブレーキ 修理・メンテナンス関連

安価なVブレーキシュー・Vブレーキ本体で補修やチューンアップする

安価ながら効果の違いがわかりやすいブレーキシュー。殆どの自転車情報サイトでは高価なものしか比較や紹介をしないが、シクロライダーでは安価なブレーキシューやブレーキ本体を紹介・比較してみた。想定条件は通常 ...

no image

ブレーキ ロードバイク 修理・メンテナンス関連 公道仕様 未分類

簡単に維持できない設計になっているハイエンドレーサーの世界 Specialized S-Works SHIV編

世の中のロードバイクの流れはエアロ形状と電動変速機、ディスクブレーキが流れになっているが、エアロ形状と電動変速機は汎用性が低くなり、公道仕様には向かないと思い今まで殆どネタにしていなかった。ディスクブ ...

no image

クロスバイク・トレッキングバイク ブレーキ 未分類

Escape Airのフレームよりも軽い、GIANT ESCAPE R3のフレーム重量

GIANTのクロスバイク「Escape R」は、既に主力車種を「Escape RX」シリーズに変え、Escape R3のみの1グレードとなっている。2016年モデルは、2015年モデルのカラーチェンジ ...

no image

ブレーキ

昔ながらの補助ブレーキ付きブレーキレバー Dia-Compe DC165-EX

補助ブレーキレバーといえば、普通はドロップハンドルのフラット部分に装着されているブレーキレバーが一般的となっている。ただ、昔のドロップハンドル用補助ブレーキには、ドロップハンドルのブレーキレバー付近に ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.