「車輪・タイヤ関連」 一覧

パナレーサー・グラベルキングとツアラープラスの耐久性の違い

パナレーサーのグラベルキングは、ロードバイクタイプのタイヤの中では比較的道を選ばないタイヤで自分や某Y氏が愛用しているタイヤだ。そんなグラベルキングは耐久性が高いと言われているが、どのくらい高いのか。 ...

補修するのに多額のお金がかかるパンクしないタイヤ

ホームセンターでよく見るパンクしないタイヤが装着された自転車。近年多くのホームセンターなどでプッシュしている自転車で、チューブの代わりに特殊な樹脂が入るなどの、パンクしないタイヤが装着されている。 ノ ...

スリックタイヤMTBでも26インチより27.5インチ(650B)が有利な理由

26インチマウンテンバイクに細めのスリックタイヤを装着した場合、タイヤの外径は細くなる。そのため、小径車みたいに加速は良くなる一方で、スピードの落ちが700c等の大きい車輪よりも速くなる。そのため、人 ...

パナレーサーのタイヤ・チューブのあまり知られていないトリビア

日本ブランドで日本製を売りにしている自転車用タイヤで有名なパナレーサー。パナレーサーのカタログを見ると、Webでは見えてこない情報もあり、面白いものをピックアップしてみた。 同じ名前でもタイヤサイドが ...



数値でわかる、舗装路でのスリックタイヤとブロックタイヤの違い

マウンテンバイクを舗装路で走る場合、タイヤにデコボコなブロックがついた、ブロックタイヤではなく、普通のスリックタイヤのほうが抵抗が少なくて走りは軽い。舗装路仕様のMTBにする場合スリックタイヤは定番の ...

すぐわかる、使用条件解説つき自転車のタイヤ幅

自転車のタイヤの横を見ると、700×23cや26×1.95等が書いてある場合がある。これは左の数字は、タイヤの直径を表し、右の数字はタイヤの幅を表している。このタイヤ規格は多く存在していて、普通の人に ...

公道仕様クロスバイク GIANT Escape RX4

前回の日本海縦断でロードバイク(Scott Speedster S60)を使用して、長距離を楽に走るには競技志向で考えると失敗すると痛感して、ロードバイクからスピードクロス「Escape RX4」に乗 ...

多くのエントリースポーツ自転車についているタイヤ KENDA KWEST 700×28cの評価 

自動車やオートバイの世界では物にもよるらしいけどあまり良いタイヤを入れていない物が多いらしい。安い自動車では標準装備されるタイヤは安さを重視するのがあるらしく、バイクでも壊れているようなハンドリングを ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.