「前傾姿勢を和らげる」 一覧

プロムナードハンドル・トレッキングハンドルのススメ 利点と欠点・お薦めハンドルを紹介

自転車で長距離を走る時重要なのは変速機のグレードよりもハンドルの形状が遥かに重要だ。自分はフラットハンドル・ドロップハンドル・ブルホーンバー・マスタッシュバーなど様々なハンドルを購入し、最終的に長距離 ...

長距離も走れるスポーツ自転車用アップハンドルVeno メトロポイントハンドルバー

スポーツ自転車用のアップハンドルという貴重なハンドルの1つにVeno メトロポイントハンドルバーがある。このハンドルは実際のインプレッションがほとんど無いため、実際に購入してEscape RX3に装着 ...

スポーツ自転車用アップハンドル Veno メトロポイントハンドルバーを解説

東京サンエスが取り扱っているVenoブランドは、公道志向的な部品が数多くラインナップされている。その中でも注目する部品の1つにメトロポイントハンドルバーがある。 メトロポイントハンドルバーは横握りタイ ...

ドロップハンドル+フラット部分でのハンドレストで、アップライトポジションが増える

Escape RX4は1つのハンドルポジションだけで、長距離を楽に走れる(実際に楽に走れたので驚いた)のなら、セカンドバイクのウメザワは、ドロップハンドルの利点と言われている、ハンドルポジションの多さ ...



使いやすさを追求しすぎたドロップハンドル Veno ボーダレスカーボンハンドルバー

ドロップハンドルは公道で使用するにはあまり適切ではないハンドルだと思っている。ドロップハンドルで公道を安全に走る場合、補助ブレーキレバーを装着する方法やブルホーンハンドルに変える方法があるが、東京サン ...

多種多様なブルホーンハンドル化をまとめてみる

スポーツ自転車の世界では、ブルホーンハンドルはトライアスロンで使われるハンドルとなっているが、公道ではドロップハンドルよりも使いやすいとかんがえるユーザーは多い。一概にブルホーンハンドルと言っても、方 ...

公道仕様ロードバイク 杉村商店 PROGRESSIVE RRX-110

競技仕様の自転車の作り方を教える所は沢山ある一方、公道を長時間快適に走ることができる公道仕様の自転車を作る方法が書いてあるサイトは殆ど無いに等しい。 公道を走る自転車は本来なら、道を選ばないで快適に走 ...

ドロップハンドルよりも公道向けのブルホーンハンドルの利点

ロードバイクと言えば特徴的なドロップハンドルが装備されていて、ドロップハンドルは理想のハンドルのように言われている感じにもなっているが、勿論欠点もある。 ドロップハンドルの欠点の1つに、構造的にブレー ...

シートアングルを寝かすとどのような効果があるのか?

通常のシートポストよりもオフセット量を多くした(シートアングルを寝かした)Dixnaのアークシートポストに交換して感じたことは、少しトルク重視のゆったりとした走りに変わったことだと思う。若干の緩い上り ...



進化したドロップハンドルの補助ブレーキレバー Dixna ジェイクルー

ドロップハンドルの利点として、ハンドル位置が沢山あるので、自由なポジションを手に入れることができると言われている。しかし、ブレーキレバーをかけることができない部分は、公道で走るのは危険なため、実質的に ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.