「Pacific Cycles」 一覧

重量9.87 kgを達成した18インチ折りたたみ自転車 Pacific birdy monocoque air

自転車の世界では車体重量が軽いことは重要だが、折りたたみ自転車では車体重量は通常の自転車よりも重要になってくる。折りたたみ自転車は持ち運びを行うため、車体が軽くないと折りたたみ自転車らしい使い方ができ ...

コインロッカーに入れることができる折りたたみ自転車一覧

自転車を長時間駐輪すると盗難の危険がある。特に自転車が役立つ都会になればなるほど盗難の危険性が上がる。そのような盗難を防止する方法の1つとして、コンパクトに折りたためる折りたたみ自転車を手に入れて、コ ...

超小径折りたたみ自転車 DAHON DOVEとPacific Carry-meを比較する

折りたたみ自転車の中でも徒歩代わりに使うのを想定した超小径折りたたみ自転車で有名なモデルと言えば、Pacific Carry-meだろう。 非常に小さい折りたたみ自転車のCarry meだが、南風自転 ...

8インチ小径折りたたみ自転車「Pacifc Carry-me」で300キロを25時間走る鉄人の世界

8インチホイールを装着した超小径自転車で有名な「Pacific Carry-me」は、メーカーサイトを見ると10キロの短距離移動用の自転車のコンセプトで作られたようだ。実際に乗った感じも10キロ程度の ...



理想主義を貫いた折りたたみ自転車 Birdy Monocoque/Birdy Classic

折りたたみ機構がフレームになく、前後サスペンションを搭載したBD-1は、理想的な折りたたみ自転車の設計だろう。しかし、初期型のBD-1は、90年代のドイツ車を彷彿とさせる理想主義を求めた欠陥車といえる ...

Pacific Carry meの空気入りタイヤ仕様とノーパンクタイヤ仕様の乗り心地の違い

Pacificの超小径折りたたみ自転車「Carry me」には通常の空気入りタイヤ仕様とノーパンク仕様の2つがある。Carry meの車輪は8インチと小さく、特殊なチューブを採用しているためノーパンク ...

タルタルーガ・Type SportとPacific Reachの違いをまとめてみた

タルタルーガ Type Sportには多くの兄弟車があった。Tartaruga Type-Sの製造元であり元祖でもある「Pacific Reach」は、Tartaruga Type Sportに似たよ ...

折りたたみ自転車の折りたたみ方法まとめ(Birdy・CarryMe・IF・REACH)

折りたたみ自転車で有名なPacific Cyclesは、Birdy・CarryMe・IF・REACHと特徴的な折りたたみ自転車を販売している。今回はそれぞれの折りたたみ自転車の折りたたみ方法の動画をま ...

Pacifi Cycles Japanで販売される自転車が公開された(IF&Reach)

2015/04/17   -Pacific Cycles

Pacific Cycles Japanの商品紹介で、IFとReachの商品紹介は無かったが、ついにIF・Reachの商品紹介が登場した。今回はIFシリーズとReachシリーズを紹介。 IF 折りたた ...



Pacifi Cycles Japanで販売される自転車が公開された(Biedy&Carry-me)

2015/03/28   -Pacific Cycles, 未分類

台湾の自転車会社「Pacific Cycles」が日本に進出するというニュースがあったが、この時は日本公式サイト(http://pacific-cycles-japan.com/)には、詳しいモデルは ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.