「Louis Garneau/Garneau」 一覧

サイクルベースあさひ体制初のルイガノ2018年モデルで気になった部分をまとめてみた

輸入代理店がサイクルベースあさひに変更することで注目されたルイガノだが、2018年モデルが公開されたようだ。 http://www.louisgarneausports.com/ ルイガノブランドは、 ...

安楽なクロスバイク「LOUIS GARNEAU TR1」と「GIANT Escape RX」を比較する

ルイガノのクロスバイクの中では長く売られているTR1。Escape RXなど現在主流となっているスピードクロスとは対象的なトレッキングバイクタイプのクロスバイクとなっている。 このようなトレッキングバ ...

不思議な感覚で乗れるキックボード形自転車 LOUIS GARNEAU SK8

ルイガノブランドの自転車は、お洒落なスポーツ自転車だけでなく、実験的な自転車をラインナップしている。LGS-SKシリーズもその一つで、キックボード風の小径自転車という変わったモデルとして知られている。 ...

クロスバイクの違いを考える ルイガノ・シャッセ編

多くの自転車ブランドからクロスバイクが売られている。人によってはクロスバイクはどの位走りが違うのか気になると思う。今回、軽井沢ポタリングでクロスバイクをレンタルして比較していた。レンタルしたクロスバイ ...



日本で買えるヨーロッパ系の旅する自転車 Louis garneau LGS-GMT V

日本でツーリング用自転車と言えばドロップハンドルがついたランドナータイプが中心で、アメリカ圏のツーリング用自転車もドロップハンドルのツーリング自転車が多い。 一方でヨーロッパ圏のツーリング用自転車は、 ...

Escape R3を意識したクロスバイク Louis Garneau CHASSEの解説と評判まとめ

ルイガノのクロスバイクはトレッキングバイクタイプのLGS-TRシリーズ、フラットバーロードバイクのRSRシリーズ等、様々なクロスバイクがある。そんな幅広いラインナップがあるルイガノのクロスバイクの中で ...

サイクルベースあさひ限定のロードバイク Louis Garneau LGS-ASR

2016年モデルのルイガノは、サイクルベースあさひ限定モデルが何種類かある。サイクルベースあさひ限定ルイガノの中で一番買い得なのは、恐らくLGS-ASRだろう。 LGS-ASRはルイガノのロードバイク ...

LGS-LCFのスタイルを受け継いた、安価なフラットバーロードバイク あさひ限定ルイガノ・LGS-LHF

ルイガノのフラットバーロードバイクの中で唯一のクロモリフレームのモデルがLGS-LCF。細身のスチールフレームながら、前上がりのスローピングフレームや、スポーク数が少ないロードバイク用ホイール等、ロー ...

小径車で王滝を走る人もいるミニベロMTBとカスタマイズの一覧

マウンテンバイクの世界では、27.5インチや29インチ等、走破性向上のため車輪を大きくするのがトレンドとなっている。自転車に限らずオフロード走行を行う乗り物は、通常の舗装路向け車種よりも大きいホイール ...



サイクルベースあさひ限定「ルイガノ・LGS-MA」と「ルイガノ・LGS-MV1」の違い

ルイガノの小径車、MVシリーズで一番安価で有名なのがMV1。街乗り仕様のスポーツ自転車タイプの小径車のMV1は、基本的なデザインはずっと継承している小径車だ。 ルイガノ 2015 LGS-MV1 ミニ ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.