ロードバイク

すべての記事 ミニベロ ロードバイク

気軽に楽しめるストリートサイクル サイクルベースあさひ レユニオンシリーズを解説

サイクルベースあさひのスポーツサイクルで、お洒落なストリートスタイルの雰囲気を持つのがレユニオンシリーズ。レユニオンシリーズには、フラットバーロードスタイルのレユニオンリール、マウンテンバイクスタイルのレユニオンオーラ、ミニベロスタイルのレユニオンニール、ロードバイクスタイルのレユニオンコーレルがラインナップ。どのモデルも一般的なスポーツサイクルと比較して、シンプルなデザインを採用しており、普段着にも合うスタイルとなっている。今回はレユニオンシリーズの特徴をまとめてみた。 レユニオンリル:¥39,980( ...

no image

クロスバイク・トレッキングバイク ロードバイク

サイクルベースあさひ プレシジョンシリーズのクロスバイク・ロードバイクを紹介

大手自転車チェーン店のサイクルベースあさひは、通勤・街乗り用自転車のオフィスプレスシリーズ、ストリート系の街乗りスポーツ自転車のレユニオンシリーズ、街乗り系低価格スポーツ自転車のウィークエンドバイクスシリーズと様々なシリーズがある。その中でもプレシジョンシリーズは、自転車趣味を初めるためのエントリー向けのクロスバイク・ロードバイクのシリーズだ。今回は、あさひのプレシジョンシリーズについて紹介する。 このシリーズの一番の特徴は、他社の有名ブランドのクロスバイクやロードバイクよりも安いということだろう。特にプ ...

グラベルロード ロードバイク

ファットタイヤのロードバイクという新発想のロードプラスバイク Surly Midnight Special

非競技用のスポーツサイクルやフレーム、自転車部品を長年製造しているSURLY。2018年2月に新車種として登場したMidnight Specialは、650B×47Cという太いタイヤを装着したロードプラスバイクとして、自転車ファンから注目を集めた。 出典:http://ride2rock.jp/products/103086/ Surly Midnight Specialで一番面白いのは、Midnight Specialは、嘗て存在したSURLYのロードバイク「Pacer」の後継モデルということだろう。 ...

no image

すべての記事 ロードバイク

サイクルベースあさひから登場した女性用ロードバイク プレシジョンディエナR

自転車業界は、新たな顧客を獲得するためか、女性用スポーツサイクルに力を入れている所が増えている。色々な自転車ブランドからは女性用モデルが登場しており、台湾のGIANTは女性専用ブランド「LIV」を発足させているほどだ。 今回、注目したいのは自転車チェーン店「サイクルベースあさひ」のスポーツサイクル。サイクルベースあさひのスポーツサイクル「プレシジョン」シリーズには、女性用として「プレシジョンディエナ」シリーズがあり、その中でもロードバイクのプレシジョンディエナRは、男女兼用モデルのプレシジョンRと比較する ...

ロードバイク

上位モデルのフレームと同じ6万円クラスのロードバイク NESTO FALAD-K

ホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO」には、自転車専門店で販売されるプレミアムモデルと、量販店など幅広い店舗で販売されるスタンダードモデルの2種類がある。NESTOブランドのロードバイクにはALTERNA・ALTERNA FLAT・FALADの3車種が存在するが、ALTERNAとALTERNA FLATは自転車専門店向けのプレミアムモデルで一部の店舗でしか販売されない。一方、スタンダードモデルのFALADは量販店向けのモデルのため多くの店で見ることができると思う。 http://nestobike ...

すべての記事 ロードバイク

コストパフォーマンスが高いロードバイク NESTO ALTERNA/ALTERNA FLATを解説

他のスポーツサイクルよりも、コストパフォーマンスを売りにしているスポーツサイクルブランドと言えばNESTOだろう。NESTOは日本の自転車会社「ホダカ」NESTOには、ホームセンター等のo多くの店で取扱をしている「スタンダードモデル」と、一部のスポーツサイクル店の取扱をしている「プレミアムモデル」の2種類がある。 試乗したロードバイクのALTERNAとフラットバーロードバイクのALTERNA FLATは両方共プレミアムモデルで、プレミアムディーラーでしか購入できない。今回はロードバイクのALTERNAとフ ...

すべての記事 クロスバイク・トレッキングバイク シクロライダーコラム リカンベント ロードバイク

なぜ、ロードバイクに乗るとスピードを出したくなるのかを解説してみる

ドロップハンドルに細いタイヤを装着したロードバイクは舗装路を高速で走るのが得意だ。 多くの人がロードバイクで颯爽と走るのを公道でよくみるが、人によっては、なぜそこまでして高速で走るのか疑問に思う人も少なくないはずだ。 なぜロードバイクに乗るとスピードを出す人が多くなるのか? その理由は、恐らく車体特性にあると思う。 前にハイエンドロードバイクのSCOTT CR1 Limited(サイクルハーバー青梅のレンタサイクル)を借りて峠に行ったことがある。 いつも運転しているEscape RXと比較すると、前傾姿勢 ...

ロードバイク 公道仕様

公道を走る時に感じる細いタイヤの欠点を挙げてみる

細いタイヤを装着したロードバイクや、Escape RXのようなスピードクロスがスポーツサイクルの世界で主流になっていて、細いタイヤがベストのような風潮となっている。自分のメインマシンのEscape RX4は28ミリタイヤを装着して乗り心地と安定性を重視。メインセカンドマシンのEscape RX3は26ミリタイヤを装着し舗装路のスピードを重視していた。因みにタイヤはEscape RX3/Escape RX4共にパナレーサー・グラベルキングを採用している。 公道用ロードバイクタイヤ パナレーサー・ツアラープラ ...

すべての記事 クロスバイク・トレッキングバイク ロードバイク

エントリーロードバイクとクロスバイクは何処が違うか GIANT Escape RX/GIANT DEFY・CONTENDを比較する

スポーツサイクル趣味を始めるとき、ロードバイクとクロスバイクのどちらを選べば良いのか迷うのが多いと思う。 初めてスポーツサイクルを始める時、できるだけ汎用性があるモデルを買ったほうがいい。どのような方向に進むかわからないため、下手に競技用自転車を買うと合わなくてすぐ辞めてしまう場合があるからだ。 比較的手頃な価格で買えるエントリー向けの流行のスポーツサイクルといえば、ロードバイクとクロスバイクだろう。比較的安価なエントリーロードバイクとクロスバイクの価格は同じ物が多く、スポーツサイクルを選ぶときはどちらを ...

すべての記事 ブレーキ ロードバイク

シマノとテクトロのロングアーチキャリパーブレーキの違いはどこにあるのか?

エントリーモデルのスポーツサイクルにはコスト削減のために、テクトロやプロマックスなど、シマノ製ではないブレーキを装着するのが一般的となっている。一般的には、テクトロやプロマックス製のブレーキはシマノ製よりも効きが悪いと言われているが、どのような所に違いがあるのか http://inne.blog109.fc2.com/blog-entry-1181.html 上記のブログではシマノのロングアーチキャリパーブレーキとテクトロ製のキャリパーブレーキの比較を行っている。写真や記事を見て明確にわかるのがピボットか ...

no image

すべての記事 クロスバイク・トレッキングバイク ロードバイク

プレシジョントレッキングの名前がオフィスプレストレッキングに変わった理由を考える

かご付きクロスバイクで有名なプレシジョントレッキングだが、いつの間にか名前がオフィスプレストレッキングに名前が変わっていた。 只のカゴ付きクロスバイクに変化した、サイクルベースあさひ・プレジショントレッキングH 名前がプレシジョントレッキングからオフィスプレストレッキングに変わったのは、恐らくブランドイメージがあると思う。 2017年3月現在、プレシジョンシリーズはロードバイクのプレシジョンRS、プレシジョンR、スピードクロスのプレシジョンスポーツの三モデルとなっている。 [あさひ]プレシジョンRS-I ...

no image

すべての記事 グラベルロード ハンドル ロードバイク

ドロップハンドル用ブレーキレバーを使うコンフォートハンドル Sycip J.J.Bar

日本ではドロップハンドルの自転車に対する一種の神話がある。 それはドロップハンドル。日本のツーリング用自転車の世界ではドロップハンドルが広まっているが、ドロップハンドルには欠点がある。 上ハンドルでブレーキをかけると、フラットハンドルと比べた場合コントロール性能は低くブレーキの効きは悪い。下ハンドルでは前傾姿勢となり公道の走行は危ない。 そのためかなのかはわからないがヨーロッパのツーリング自転車はドロップハンドルは少数派となっている。 ドイツを中心としたヨーロッパ系ツーリング自転車を見ると、高価なハブダイ ...

no image

すべての記事 ロードバイク

外装変速機とディスクブレーキが装着された競輪練習用自転車が興味深い

競輪選手が公道で練習する時、ブレーキが装着された練習用ピストを使うのが一般的とのこと。しかし、人によっては通常の練習用ピストでは不満があり、ロードバイクをベースにして練習用の競輪用自転車を作る人もいるようだ。 http://8rinan.blogspot.jp/2017/01/road-bike-panasonic-frcd03.html 今回注目したのは八輪庵のPANASONIC FRCD03 ディスク競輪トレーニングバイク。練習用バイクのブレーキの利きに不満があり、ディスクブレーキのピストバイクみたい ...

no image

すべての記事 グラベルロード ロードバイク

10万円台で選ぶ通勤用ロードバイク/グラベルロードをシクロライダー流に解説

『ロードバイク購入計画個人的メモ投稿』 ジテツウ用自転車を考える😌 予算はペダルやなにやらこみこみでなので、本体は~130000円ぐらい💦 エントリークラスしか買えないけど、せめてSORAぐらいは付いていて欲しいし… 雨でもよく効くディスクブレーキが良さそうな気もするし… オススメあったら教えてほしいです🙇 現時点での候補 左上段 fuji feather cx+ 105000円 街乗りシクロってかんじ、フジってデザインとかカッコイイ! パンクしそうに無いと ...

ホイール ロードバイク

700Cロードバイクを650Bホイールを装着しツーリングバイク化する方法(TREK PILOT・SURLY PACER編)

近年流行している車輪サイズといえば650Bがある。今ではマウンテンバイクでは安価なエントリーモデルまで650Bを採用し、最近では一部のグラベルロードやクロスバイクにも採用する動きがある。 グラベルロードなどで650Bを採用するモデルもあるが、オンロード用650Bモデルは非常に少ない。また高価な自転車を購入したくなく、手持ちの自転車で手っ取り早く650Bホイールを体験したい人もいるだろう。 今回紹介するのは、700Cロードバイクに650Bホイールを搭載するという方法。最近流行の650Bホイールを搭載するのを ...

すべての記事 ロードバイク

新たに登場したエンデュランスロードバイク FELT・VRシリーズ

2017年のFeltのロードバイクに新たに登場したシリーズにVRシリーズがある。VRシリーズは、競技用ロードバイクのFシリーズよりもアップライトな姿勢で乗れる、エンデュランスロードバイク「Zシリーズ」の進化系となっている。 FELT VR60 出典:VR60 - FELT公式サイト | フェルト ロードバイク フレームの設計は、競技用のFRシリーズよりもアップライトな姿勢で乗れ、ヘッドアングルを寝かし、ロードバイクとしてはロングホイールベースを採用し、ロードレーサーに特有のふらつきやすさを解消しているとの ...

GIANT Escape R3 すべての記事 クロスバイク・トレッキングバイク ロードバイク

5万円以下の格安ロードバイクよりも5万円クラスのエントリーモデルのクロスバイクのほうが良い理由

ロードバイクブームのお陰で少ないながら、5万円以下で安価に買うことができるロードバイクがある。MomentumのI want R-1、Art Cycle Studio SシリーズやAシリーズが有名だ。この手の使える激安ロードバイクが買える価格で、大手スポーツ自転車ブランドは、エントリーモデルのクロスバイクを販売している。 7/16(10:00)〜7/23(9:59)PCエントリーで10倍【お店受取対象商品】【momentum モーメンタム】 iWant R-1-H 430mmサイズ ブラック 700x25 ...

すべての記事 ロードバイク 電動アシスト自転車/E-Bike

ヤマハ製ユニットを搭載したGIANTの電動アシストロードバイク「RoadE+」とYPJ-Rを比較する

電動アシストロードバイクで有名なモデルと言えばヤマハ・YPJ-Rだが、海外でも僅かながら電動アシストロードバイクが存在する。Bosch製ユニットを搭載したHaiBike・XDURO RaceやShimano製ユニットを搭載したDe Rosa Milanino E-Roadが有名だが、ヤマハ製ユニットを搭載した電動アシストロードバイク「GIANT・Road E+」が登場した。 GIANT・Road E+はYPJ-Rと同じくヤマハ製ユニットを搭載している。そこで今回はYPJ-RとGIANT・Road E+を比 ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.