ミニベロ

no image

ミニベロ

小径車で王滝を走る人もいるミニベロMTBとカスタマイズの一覧

マウンテンバイクの世界では、27.5インチや29インチ等、走破性向上のため車輪を大きくするのがトレンドとなっている。自転車に限らずオフロード走行を行う乗り物は、通常の舗装路向け車種よりも大きいホイールやタイヤを装備している。オートバイで言うとモトクロスバイクは車輪が大きい。また自動車では、スズキジムニー等のSUVや、オフロード走行も想定していた80年代のワンボックス4WD車(三菱・デリカスターワゴン、マツダ・ボンゴワゴン等)は、セダンなどの舗装路向け自動車と比べると、同じホイール径でもタイヤが大きいのがわ ...

no image

ミニベロ

サイクルベースあさひ限定「ルイガノ・LGS-MA」と「ルイガノ・LGS-MV1」の違い

ルイガノの小径車、MVシリーズで一番安価で有名なのがMV1。街乗り仕様のスポーツ自転車タイプの小径車のMV1は、基本的なデザインはずっと継承している小径車だ。 ルイガノ 2015 LGS-MV1 ミニベロ【自転車】【LOUIS GARNEAU】 posted with カエレバ 楽天市場で調べる Amazonで調べる Yahooショッピングで調べる ヤフオク!で調べる そんなMV1だが、サイクルベースあさひ限定モデルで、LGS-MAが登場した。LGS-MAのフレームは形状を見るとMV1と同じで、5万円以下 ...

no image

ミニベロ ロードバイク 折りたたみ自転車

アサヒサイクルの低価格系超軽量スポーツ自転車 DP780シリーズを見る

一部の量販店系の安価な自転車で採用されているフレーム素材にDP780というのがある。ネットで調べてみると、韓国の鉄鋼会社と自転車メーカーのALTONが共同研究したものらしく、アルミよりも約5倍強く、通常のスチール素材より約30%も軽いのを売りにしている。 日本では安価なモデルが殆どで、量販店系の自転車ブランドが採用しているDP780。特にアサヒサイクルは力を入れていて、シティサイクルにDP780を採用したモデル「スムースリィ26」があり、フル装備ながら公証重量16キロ以下と、日本で売られているママチャリで ...

すべての記事 ミニベロ

サイクリングにも使える内装8段変速小径車 BE-ALL BT20-8

  BE-ALL・Bonnet Noirの小径車シリーズでは、外装変速機タイプ、Bonnet Noirの20インチモデルのALIZE C・F・Rと、16インチのALIZE GR。内装変速機タイプの20インチ小径車のBS・BRS・BT20シリーズがある。その中でBT20シリーズは、スポーツ自転車用内装変速機、シマノ・アルフィーネを装着したアルミフレーム小径車BS・BRSシリーズとは違い、街乗り用内装変速機シマノ・NEXUSインター8を搭載した小径車となっている。BS・BRSと比べると安価で、税抜き ...

ミニベロ 自転車試乗・インプレッション

マインドバイクに未来はあるか? オオトモ・マインドバイク

様々な企業・個人が手を組んだプロジェクトとして知られていたマインドバイク。オオトモが販売権を手に入れて少数生産で販売するようだ。前から気になっていたマインドバイクだが、サイクルモードで試乗することができた。価格は、18インチ 完成車キットで15万円とのことだ。 ・フレーム/フロントフォーク 非常に清潔感があるデザインは、自転車というよりもデザイン家具やデジタル機器を連想させる。ジョイント機能を持つアルミ押出材フレームという、他の自転車では見られない技術を採用している。また接合方法も車体全体をボルトで分解し ...

no image

ミニベロ

自転車解説 ビアンキ ミニベロ7シリーズ

・自転車のコンセプト ビアンキの小径車シリーズで、レトロデザインを採用しているのが「Minivelo」シリーズだ。Miniveloシリーズには、7・8・10と3つのグレードがあり、8・10はアルミフレームで前ギアを装着した長距離も走れるミニベロで、部品構成が違うだけだが、7はスチールフレームの街乗り用ミニベロになっている。 ・フレーム/フロントフォーク スチールフレームに1インチのスチールフォークを採用している。フレームは昔ながらのラグを採用していて、ミニベロシリーズで、一番古典的なデザインの自転車だった ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.