ミニベロ

2021年モデルの自転車まとめ ミニベロ

ARAYAから5万円台のお手頃なミニベロ「MFC Muddy Fox Compact」が登場

新家工業の自転車ブランド「ARAYA(アラヤ)」から、5万円台でお手頃価格のミニベロ「MFC Muddy Fox Compact」が登場した。8月上旬発売開始予定。 (出典:araya-rinkai.jp、以下同) ARAYAブランドの自転車には、Muddy Fox 2nd Generationというシリーズでお手頃価格のクロスバイク「MFX Muddy Fox Xross」とマウンテンバイク「MFD Muddy Fox Dirt」をラインナップしている事で有名だ。 「MFC Muddy Fox Comp ...

カーゴバイク ミニベロ

BRUNO(ブルーノ)MINIVELO TOOL ブルーノらしさを採用した小径カーゴバイク

ファッショナブルなスポーツ自転車ブランド「BRUNO(ブルーノ)」の2020年モデルに、新たにカーゴバイク「MINIVELO TOOL」が登場した。 (出典:brunobike.jp、以下同) MINIVELO TOOLは、2020年モデルのBRUNOで唯一の小径カーゴバイク。6061アルミ素材を採用したフレームには、スポーツミニベロ「VENTURE」を意識した形状となっている。フロントフォークはクロモリ製。実用性も重視しており、両脚タイプのセンタースタンドを採用し、重量物を載せた状態でも安心して自転車を ...

まとめ ミニベロ 電動アシスト自転車/E-Bike

ミニベロEバイクまとめ BESV、Ternブランド等のE-ミニベロを紹介【E-Bike】

数あるE-Bikeの中でも、E-MTBやE-クロスバイクよりも、自由なのが特徴のミニベロタイプのE-Bike(E-ミニベロ)だ。従来の人力タイプのミニベロは、車輪が小さいため段差が怖い、スピードが落ちやすい等の問題があるため、マイナーなジャンルだった。 しかし、モーターを装着したE-ミニベロの登場により、ミニベロ特有の問題が解決しつつある。段差が怖い問題は、タイヤをマウンテンバイク並みに太くしサスペンションを装着することで解決。スピードが落ちやすい問題もモーターのパワーのお陰で問題にならなくなった。この2 ...

クロスバイク・トレッキングバイク ニュース ミニベロ

トーキョーバイクから「TOKYOBIKE MONO(モノ)」「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」が登場

トーキョーバイクは、2月12日、新モデル「TOKYOBIKE MONO(モノ)」と「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」を2020年春に発売すると発表した。 トーキョーバイクは、東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車「トーキョーバイク」を2002年に発売し、現在、都内4ヶ所と海外8ヶ所でTokyobike Shopを運営し、全国200店舗以上の取扱店で展開している。また、レンタサイクルサービスを直営店舗のほか、提携する宿泊施設等で展開している。 TOKYOBIKE ...

まとめ ミニベロ 折りたたみ自転車 電動アシスト自転車/E-Bike

ブロンプトン風E-bike等で有名な自転車ブランド「Harry Quinn」まとめ

ルノーライトシリーズ等、自動車ブランドの折りたたみ自転車を製造していることで有名なGic。そんなGicの中で、貴重な自転車ブランドの1つがHarry Quinnだ。イギリスで誕生したHarry Quinnは、2016年にGicがHarry Quinn社から全てのブランド権利を取得。現在は超軽量折りたたみ自転車やブロンプトン風自転車を日本国内で販売している。今回はハリークインの自転車を紹介する。 Roller(ブロンプトン風折りたたみ自転車) HARRY QUINN(ハリー クイン) 英国ブランド 英国ST ...

ミニベロ

超軽量なスポーツミニベロ KhodaaBloom Rail20とは?

オンロード用スポーツサイクルがメインのKhodaa-Bloom。ラインナップの殆どはロードバイクだが、スポーティなクロスバイクやミニベロもラインナップしている。その中でもRail20はKhodaa-Bloomのスポーツサイクルの中では珍しいスポーツミニベロだ。 Rail20の一番の特徴は重量。税抜き62,000円と低価格ながら、車体の重さは僅か8.4kg(フレームサイズ480mm)と軽い。価格が安いからと細かい所をコストダウンしているわけでなく、ブレーキはシマノ製Vブレーキ(BR-T4000)や、ベル・ラ ...

すべての記事 ミニベロ

サイクルベースあさひのミニベロの選び方を解説(ウイークエンドバイクス/レユニオン)

サイクルベースあさひのオリジナルスポーツサイクルは、低価格で購入でき、その辺の量販店のスポーツサイクル風ルック車よりも、軽量で性能が高い。筆者はどうしてもお金がなくスポーツサイクルが欲しい人には薦めている。サイクルベースあさひのスポーツサイクルの中でも、ミニベロは街乗り用のみとなっている。 ミニベロは、一般的には小径の車輪を採用した自転車の事を指す。一般的な自転車より車輪が小さいので、少スペースで停めることができる。特に室内に駐輪時は便利だ。走行性能は通常の自転車が安定性が高いので、ミニベロを買う時はデザ ...

すべての記事 ミニベロ ロードバイク

気軽に楽しめるストリートサイクル サイクルベースあさひ レユニオンシリーズを解説

サイクルベースあさひのスポーツサイクルで、お洒落なストリートスタイルの雰囲気を持つのがレユニオンシリーズ。レユニオンシリーズには、フラットバーロードスタイルのレユニオンリール、マウンテンバイクスタイルのレユニオンオーラ、ミニベロスタイルのレユニオンニール、ロードバイクスタイルのレユニオンコーレルがラインナップ。どのモデルも一般的なスポーツサイクルと比較して、シンプルなデザインを採用しており、普段着にも合うスタイルとなっている。今回はレユニオンシリーズの特徴をまとめてみた。 レユニオンリル:¥39,980( ...

クロスバイク・トレッキングバイク ミニベロ

サイクルベースあさひの街乗り自転車 ウィークエンドバイクスについて解説

サイクルベースあさひでメインで売られているウイークエンドバイクスは、3万円で購入できる街乗りクロスバイク・ミニベロとして知られている。ウイークエンドバイクスはサイクルベースあさひのクロスバイクの中では、気軽に街乗りを楽しくするクロスバイクという位置づけだ。近年のクロスバイクブームでインターネットやホームセンターでは、三万円以下で購入できる激安クロスバイクが売られているが、個人的にはこれらの激安クロスバイクを選ぶのなら、店舗でも購入でき、三万円ながら細かい所に拘っているウイークエンドバイクスやイオンバイクの ...

ミニベロ 折りたたみ自転車

モバイルツーリングバイク タルタルーガ Type Sportを解説する

他社とは違う独自のデザインを採用した折り畳み自転車を製造しているTartaruga。そんなTartarugaの中でも評価が高いのがType-S。前後サスペンションに20インチの高圧オンロードタイヤを装着した折り畳み自転車で、走行性能の高さで定評を受けている折り畳み自転車だ。そんなTartaruga Type-Sについてまとめてみた。 Tartaruga Type Sportのインプレッション タルタルーガType Sportの一番の特徴は設計だろう。写真は身長183cmの自分が乗車した時の場合のハンドル・ ...

no image

すべての記事 ミニベロ

折りたたまず分解してリュックで背負うようにして持ち運べるミニベロ ムサシノジテンシャ・カワセミ

折りたたみ機構がないミニベロは、車輪は小さいが折りたたむことができないため、輪行してもあまり小さくならないモデルがほとんどだが、一部のミニベロでは、フレームのトップチューブを低くし、ハンドルステムを折りたためるようにしてコンパクトにすることができるモデルが存在する。 一例を出すとするとムサシノジテンシャのカワセミだろう。似たようなデザインの自転車と言えば、KHS P-20シリーズや、GIANT IDIOMだろう。カワセミは自転車を分解してリュックサックのように背負うことができるのを売りにしているが、既にK ...

Asama BETA Tern Link N8 すべての記事 シクロライダーコラム ミニベロ 折りたたみ自転車

小径折りたたみ自転車は通常のミニベロよりも走りが劣る理由

世の中では、よく折りたたみ機構がついた折りたたみ自転車と、折りたたみ機構がない小径車と走行性能を同じに考えて論じる人がいるが、折りたたみ自転車と小径車の走行性能はまったく違う。 自分は買い物用小径車のAsama Betaを持っている。20インチ7段変速で、フレームデザインはルイガノMV1風で4万円クラスの小径車だ。 自分はAsama Betaで、伊勢神宮、焼津、静岡を走ったことがあり、1日80-100キロを走ったことがあるがギア比が低いのと乗り心地が硬いぐらいで、特に不満はなかった。 一方、折りたたみ自転 ...

すべての記事 ミニベロ

カーボンフレームの小径車 タカイコーポレーション MIRACLE

タカイコーポレーション特殊ネジなどで知られている会社とのこと。そんなタカイコーポレーションはハンドメイドサイクル展ではカーボンフレームの小径車が展示されていた。 小径車でハンドルポストが長いが、車体を見た限りではハンドルポストに折り畳み機能は無いようだった。コンパクトな小径車でハンドルポストの折り畳みができないと、駐輪時にコンパクトになりにくい。このような小径車では折り畳みハンドルポストはほしい。 カーボンフレームは通常の自転車のようなトライアングルタイプではなく、独特な一体型にしたタイプ。写真のような地 ...

すべての記事 ミニベロ

不思議な感覚で乗れるキックボード形自転車 LOUIS GARNEAU SK8

ルイガノブランドの自転車は、お洒落なスポーツ自転車だけでなく、実験的な自転車をラインナップしている。LGS-SKシリーズもその一つで、キックボード風の小径自転車という変わったモデルとして知られている。 登場初期はシマノ・サイバーネクサスという自動変速機が装備されていたモデルがあったが、その後は内装変速機仕様のみ売られている。また子供用モデルもラインナップされている。 アルミ素材を採用したキックボード風の独特のフレーム形状は、非常にまたぎやすい。フレームにはステップも装備されている。 ブレーキは、前後ともテ ...

すべての記事 ミニベロ

Ternから新たに出たスポーティな20インチミニベロ「Crest・Surge」シリーズ

Ternといえば、折りたたみ自転車が有名だが最近では、折りたたみ自転車ではないタイプのスポーツ自転車もラインナップされている。今までは650Cホイールを採用した街乗り用スポーツ自転車が有名で、2017年モデルからは20インチのミニベロも登場するようだ。全車20インチの中でも車輪径が大きい451タイプを採用し、ロードバイク用のキャリパーブレーキを採用している。フレームはステムの移動量を大きくした設計となっており、前傾姿勢を容易に行えるフレーム設計となっており、タイヤは細くロードバイク的なミニベロとなっている ...

no image

すべての記事 ミニベロ

コロンバスチューブを採用したミニベロ 2017 Bianchi Minivelo 10

ビアンキのミニベロの中で、クラシックなスタイルを採用したモデルはMiniveloシリーズ、現代的なスタイルを採用したモデルはPisaシリーズと名前が分かれている。 スポーツ自転車としての性能を持つMinivelo 8以上のモデルは、スリムなパイプを採用していてクラシカルなデザインのため、フレームはクロモリ素材を採用していると思うかもしれないが、実はアルミ素材を採用している。 あれだけクラシカルなスタイルなのにアルミ製フレームとは珍しいが、2017年モデルからはMinivelo 10はコロンバス製のチューブ ...

no image

すべての記事 ミニベロ

スイングアームとフロントフォークを折りたたむ小径車 Tyrell FX/FSX

通常の折りたたみ自転車はフレームのメインチューブを折りたたむ方式を採用しているのが多く、リアスイングアームやフロントフォークを折りたたみ、車体が小さくなる自転車は少ない。 Tyrell FX/FSXはフレームのリヤスイングアームとフロントフォークを折りたたむ方式という珍しい折りたたみ自転車だ。似たような方式を採用しているモデルはいくつかあるが、Tyrell FX/FSXは、Tyrellの小径車モデルと同じスタイルとなっていて、折りたたみサイズよりも、スタイルや走行性能を重視しているようだ。 折りたたみの大 ...

すべての記事 クロスバイク・トレッキングバイク ホイール ミニベロ 折りたたみ自転車

エンド幅130mmを135mm幅にするハブアダプター

スポーツ自転車の車輪を取り付ける部分は規格が複数ある。比較的多いのが後輪取り付け部分いわゆるエンド幅の問題で特にクロスバイク関連でよく見る。 クロスバイクの後輪のエンド幅の規格は多くのロードバイク用規格の130mmとマウンテンバイク用規格の135mmの2つが多い。ここで問題になるのがエンド幅135mmのクロスバイクに幅130mmのロードバイク用車輪を入れると隙間が大きすぎてガタガタでマトモに使えない。一般的なカスタマイズではロードバイク用車輪についているハブ軸をMTB用の135mm仕様に変更するのが普通だ ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.