ファットバイク

ファットバイク 自転車試乗・インプレッション

低価格で買えるファットクルーザーバイク Bronx4.0を解説

激安ファットバイクは多く存在するが日本で元祖と言えるのはBronxだろう。最初のBronxはスチールフレームの26インチファットのシングルスピード車だったが、今では小径ファットモデルや多段変速のアルミフレームモデルがある。 多種多様なBronxがある中、元祖BronxはBronx4.0という名前で今でもラインナップされている。Bronx4.0で注目する部分としては、従来のモデルに採用されていたWANDA製タイヤから、VEE Tire VEE 8に変更している所だ。最初に装着されていたWANDAブランドのタ ...

no image

ファットバイク

モトクロスインターナショナルFATBIKE雪上試乗会 2019年度まとめ

SALSAやMONGOOSE、SURLY等のファットバイクを輸入しているモトクロスインターナショナルは、冬季にファットバイクの試乗会を行っていることで有名だ。2012年に始まったモトクロスインターナショナルのファットバイク雪上試乗会は、2019年1月4日現在、2会場で行う発表されている。今回は2019年1月4日現在公開されているFAT BIKE雪上試乗会をまとめてみた。 国営アルプスあづみの公園内MTBパーク:2019年1月26日(土)、27日(日) 出典:http://ride2rock.jp/blog ...

no image

まとめ ファットバイク

激安ファットバイクは買うべきか?本物のファットバイクとの違いは?

高価なスポーツサイクルのスタイルだけ真似をした「ルック車」には様々な物がある。かつてはルック車と言えばマウンテンバイクルック車のことを指していたが、スポーツサイクルブームにより、様々なルック車が登場している。その中でも比較的新しいのがファットバイクルック車だ。 雪道やオフロード走行を行うファットバイクは、ファットバイク専用設計の部品を使用するため、一般的なスポーツサイクルよりも高価だ。しかし、そんな中ファットバイクのカッコを真似したファットバイクルック車が2010年代に登場した。有名なのはMongoose ...

すべての記事 ファットバイク レンタサイクル・自転車ツアー

ファットバイクで雪道等を走ることができるイベントやツアーの感想・比較をしてみた

少ないながら各地で行われているファットバイクでのスノーライドイベント。各所によってファットバイクイベントは様々な特徴がある。 ファットバイクで雪上走行を楽しめるイベント・サイクリングツアー一覧 前回、ファットバイクでスノーライドを楽しむことが出来るイベントやガイドツアーをまとめたことがあるが、今回は実際に体験したファットバイクでの雪道ライドイベントについてまとめや比較をしてみました。 八ヶ岳サイクリング ファットバイクで雪あそび(2016年) 茅野付近を走るガイドツアーが特徴の八ヶ岳サイクリング。八ヶ岳サ ...

ファットバイク

ファットバイクは豪雪地帯の実用車になるか

通常のマウンテンバイクでは難しい雪道でも走れるファットバイク。一般的にファットバイクは他のスポーツ用自転車と同じ趣味の乗り物として見られているのがほとんどだが、雪国に住んでいる人は、ファットバイクを冬の移動手段として見る人もいるようだ。 南風そよぐ、、、では、ファットバイクを雪の中を走る移動手段の1つとしての提案を行っている。KHSのファットバイク「4Season」に荷台や泥除けを装着し雪が多くある札幌の移動手段としての提案をしている記事がいくつかある。 http://oritatame.exblog.j ...

MTB すべての記事 ファットバイク

24インチホイールを採用したファットバイク KHS 4Season ATB300SF

税抜き8万円で買えるモデルが存在するKHSのファットバイク「4Season」シリーズ。そんな4Seasonシリーズの中でも独特なモデルがATB-300SF。通常のファットバイクの車輪径は26インチなのに対し、ATB-300SFは通常のファットバイクよりも車輪径が小さい24インチを採用している。子供用ファットバイクなどで24インチを採用したファットバイクや、小規模なブランドから24インチファットバイクは出ていたらしいが、マスプロダクションで大人用24インチファットバイクが買えるのは貴重だろう。 マウンテンバ ...

ファットバイク

税抜き8万円で買える本物のファットバイク KHS ATB-300

激安ファットバイク(殆どはファットバイクルック車)は、部品の価格や需要の問題か、値段は5~7万円ぐらいするモデルが殆どだ。一方、本物のファットバイクのエントリーモデルは10万円ぐらいが多く価格差はそれなりにある。 2017年のKHSのファットバイクのラインナップで注目するモデルが2台あるが、その内の1台がATB-300。税抜き価格80,000円と大手ブランドのファットバイクで10万円を切ったモデルとなっている。 ブレーキはBENGAL製機械式ディスクブレーキ、ハンドルはスチール製、シフトレバーはMicro ...

MTB すべての記事 ファットバイク

24インチプチファットバイクの可能性を考える

マウンテンバイクのタイヤ・車輪の世界は複雑怪奇となっている。車輪径は26/27.5/29インチと様々な車輪径があり、タイヤ幅も2インチ/3インチ/4インチ~と選り取り見取りすぎて、何を買えばいいか分からない状況だ。 マウンテンバイクの世界では26インチ以下のタイヤやホイールはマイナーな世界となっているが、注目されるべきタイヤの規格がある。それは24インチのプチファットバイクだ。 24インチホイールに3インチ幅のタイヤを装着したプチファットバイクはマイナーな世界だが、日本ではプチファット専用のフレームが存在 ...

すべての記事 カーゴバイク ファットバイク

ファットバイクスタイルを持つロングテールバイク サイクルベースあさひ・88Cycle

日本では大型スクーター並の全長を持つロングテールバイクは、使うことができる場所は少ない。そんな使いにくいロングテールバイクを日本流に使いやすくしたモデルが登場している。これらの日本流ロングテールバイクは小径タイヤを採用し、通常の自転車に近いくらいの全長にし、日本でも扱いやすいモデルとなっている。 そんな日本流ロングテールバイクに、サイクルベースあさひが新たに88Cycleというモデルを登場させた。このモデルの特徴は、ファットバイク風味を加えたモデルで日常生活に合った設計となっていることだろう。 出展:ht ...

すべての記事 ファットバイク ライディング

ファットバイクの普及で見えた冬山登山的なリスク

ファットバイクが素晴らしいのは、雪の上を走れるという従来の自転車ではできなかったことを行えることだろう。これは実際に乗らないとわからないことで、雪の上を普通に自転車で走ることがこれだけ面白いとは思わなかった。 このようなファットバイクは比較的多くの会社から登場しており、10万円台前半で購入できる安価な有名ブランド品も登場してきた。 そんなファットバイクだが、ファットバイクが普及していくにつれて新たなリスクも出てきたようだ。 ファットバイクの普及で今までとは違う危険性が出てきました。 | Dimension ...

すべての記事 シクロライダーコラム ファットバイク レンタサイクル・自転車ツアー

八ヶ岳サイクリングでファットバイクに乗り雪道を走ってきた

3月に入り春の流れに入ってきたが、今回(2016年3月5日)は八ヶ岳サイクリングのファットバイクツアーに行き、雪道走行を行ってきました。 ファットバイクツアーは大体こんな感じ 茅野駅で待ち合わせをして車に乗り麦草峠へ。普通ならまだまだ雪がたくさんある季節なのに、今年は全国的に雪が少なく、雪の中を走るのなら相当高いところを行くしか無いとのこと。麦草峠の相当上の方まで行かないと雪は見えなく、自分が来た時はツアーができるかできないかのギリギリの時だったようだ。 レンタサイクルはKONA WO。Webカタログでは ...

すべての記事 ファットバイク ライディング

初めてファットバイクで雪道を走った人の「初めてのファットバイク雪道走行ガイド」

八ヶ岳サイクリングでファットバイクでの雪上ライドをやってきました。初ファットバイクで初雪上走行は多くの収穫があり、もっと早くに行けばよかったと思っている。今回は、初めてファットバイクで雪道を走った人の「初めてのファットバイク雪道走行ガイド」をまとめてみました。 暖かい日は意外と走りにくい 今回走った時は暖かく、晴れている時に上っていると汗が出てしまうほどだった。そんな暖かい日だと雪が溶けていくのか滑りやすく、上り坂で止まり発進しようとするとスリップして発進しない場面もあった。ガイドの人によると、寒い日だと ...

no image

すべての記事 ファットバイク 動画

(動画)ファットバイクなら雪道でもジャンプやダウンヒルができる

ファットバイクと言えばXC系の走りしかできないイメージがあるが、上手い人はファットバイクでトライアルやダートジャンプやダウンヒル的な走りを行うことが出来るようだ。 この動画でファットバイク独自の雪の中でトライアルやダートジャンプやダウンヒル的な走りを行っている。タイヤの重厚さからくるイメージとは裏腹に意外と軽快な走りをするのに注目。

すべての記事 タイヤ ファットバイク

5インチオーバーの雪用ファットバイクタイヤ VEE TIRE SNOWSHOE 2XL

タイヤが太いことで有名なファットバイクは、様々なタイヤ幅がある。比較的細いのは3.8~4インチからで、ファットバイクの中でも太いサイズになると、一般的には4.8インチが太いと言われている。 そんなファットバイクの世界で、遂に5インチ超えのファットバイクタイヤが、VEETIREから登場したようだ。 スリックから雪用のファットバイクタイヤまで、様々なファットバイクタイヤがあるVEETIRE。VEETIREの中で一番太いタイヤ幅は、SNOWSHOE XLで4.8インチだ。 【VEE RUBBER ファットタイヤ ...

no image

ファットバイク 自転車イベント

栂池高原スキー場内のゲレンデをファットバイクで走れる OTARIファットバイク雪上試乗会

雪や砂地等のあらゆる場所を走ることが出来るファットバイク。一部ではスキー場でもファットバイクでの走行を行えるかテストを行ったり、レースを行う所もあったりする。 長野にある栂池高原スキー場では、場内のゲレンデの一部を使用して「OTARIファットバイク雪上試乗会」を行うようだ。ファットバイクの試乗の他に、マイファットバイクを持ってきた人限定で、スキー場の一部コースを走行することができるとのこと。今回は「OTARIファットバイク雪上試乗会」についてまとめてみた。 SURLY・SALSA・SE Bikes・Mon ...

no image

MTB すべての記事 セミファットバイク ファットバイク

セミファットバイクの走りはどういう物なのかまとめてみた

通常のマウンテンバイクは2インチ(約50mm)のタイヤ幅で、ファットバイクは4インチ(100mm)のタイヤを装備している。しかし世の中には、マウンテンバイクとファットバイクの中間のタイヤ幅を持ったセミファットバイクが登場している。 Charge COOKER Midi 2016 Movie from RPJ on Vimeo. セミファットバイクが採用しているタイヤ幅は3インチで、だいたい76mmクラスといったところだ。マウンテンバイクよりも太いタイヤ幅を採用しているファットバイクは浮遊感と砂浜や雪道など ...

no image

ファットバイク

本格的に見える安価な子供用ファットバイク Mongoose ARGUS Kids

マングースのファットバイクと言えば、アメリカでは量販店のルック車で有名なモデルがあり、子供用ファットバイクでは日本未発売のMassifがあった。Massifは恐らく世界初の子供用ファットバイクだが所謂ルック車だった。その後登場した世界初の本物の子供用ファットバイクのSpecialized FatBoy20は2016年モデルは10万円近くして高価と、子供が乗る自転車としては贅沢だろう。 参考) 世界初の子供用ファットバイク Mongoose Massif – シクロライダー 世界初の本物の子供用ファットバイ ...

すべての記事 ファットバイク

日本未発売のファットバイク Momentum iRide Rocker 1に少しだけ乗ってみた

Momentumのファットバイクと言えば、タンブラーラックが標準装備されているMomentum iJump Rocker3-Hだが、日本国内で購入できないモデルでMomentum iRide Rocker 1がある。今回のファットバイクイベントで、日本未発売のMomentum iRide Rocker 1に乗っている人がいたので、スタッフの人に聞いたら乗ることができたのでほんの少しだけ乗ることができた。 Momentum iJump Rocker3-Hとの大きな違いは、タンブラーラックが無いフレーム、フロ ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.