Progressive RRX-110

公道用ロードバイクタイヤ パナレーサー・ツアラープラスとグラベルキングの違い

自転車の走りを握っているタイヤは、できるだけ良い物を使いたい。特にロードバイクはタイヤが細いため、安いタイヤでは不安な場面もあるので良いタイヤを装着するのは望ましい。しかし、世の中のロードバイク用タイヤの多くは、外からの損傷に対応していない物が多く、競技用ロードバイクタイヤは沢山ある一方、公道用ロードバイクタイヤは殆ど無い状態だった。 そんな中、パナレーサー・ツアラープラスは、貴重な公道用ロードバイクのタイヤでScott Speedster S60やGIANT Escape RX4、自分の自転車ではないが ...

ミノウラ・SBH-300 ボトルケージホルダのネジの破損と対策

自転車にもよるがボトルケージの取り付け台座は1~2つ程度が殆どしかない。飲み物を入れたり、ツールボトルやツールケース等を入れる物が多いため、ボトルケージ台座は多いほうが良いが、色々な制約があるのか少ないのが殆どなので、ボトルケージ台座を増やす場合、何かしらの部品を装着することになる。 ミノウラ・SBH-300は、サドル後部に装着するボトルケージホルダーで、2つのボトルケージ台座がついている。元々はトライアスロン大会で使用するのが普通だが、Amazonのレビューでは、チェーンロック収納台座や、サドル直下への ...

デッドスペースを有効活用できる三角バッグ ドイター・トライアングルバッグのレビュー

一般的には、自転車に工具を入れる場合は、サドル下につけたサドルバッグに入れるのが一般的だけど、写真手前のロードバイク(Progressive RRX-110)のように、サドル後方にボトルケージを装着すると、サドルバッグを装着することができなくなってしまう。 そんな場合、フレームに装着する三角バッグを装着すれば、工具を入れることができる。Progressive RRX-110に装着されている三角バッグは、ドイター・トライアングルバッグ。容量は公称で1.6リットルあるらしく、けっこう容量が多い。   ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.