GIANT Escape RXW

自作ギトネットレバーの作り方を簡単に解説

フラットバー+バーエンドバーを使用する人や、ブルホーンバーにフラットハンドル用ブレーキレバーを使う人で問題になるのはブレーキレバーの位置だろう。ブルホーンバーやバーエンドバーといった縦に握る部分にブレーキレバーがないため、街乗りなどのとっさの場面ではブレーキレバーがないため衝突回避が非常に難しい問題がある。   昔はTEKTROからブレーキレバーに装着する補助レバーがあったようだが、今は売られていない。某Y氏もVブレーキレバー用ギトネットレバーが欲しかったが、売られていないため自作することとなっ ...

シマノから販売されているハブダイナモ用テールライト「EW-NX30」を紹介

スポーツサイクル用のテールライトで一般的なのは電池式のテールライトだろう。今のテールライトはLEDを採用しているため、長時間点灯することが可能だ。またシティサイクル系統のテールライトでは、ソーラーパネルを装備したテールライトを装着しているシティサイクルもある。 一般的な使い方をするのなら電池式テールライトで十分だが、それ以上を求めるとなるとハブダイナモから給電を行うテールライトになるだろう。スポーツサイクル用ではブッシュアンドミューラーが有名だが、シマノからもハブダイナモ用テールライトが販売されている。 ...

クロスバイクの山越えツーリング仕様のカスタムを紹介「GIANT Escape RXW」編

  某Y氏が中古で購入したEscape RXW。最初は普通のクロスバイクだったが、購入後すぐにカスタマイズを行い、現在はこのような状態になっている。 原型はほとんど無く、独特の考えで作られたツーリング仕様となっている。主な改造は以下の通り。 ・前輪はハブダイナモ仕様。ライトは前後とも点灯し、さらに自作のUSB充電仕様を搭載している。通常ではスポーツサイクル用ハブダイナモでは装着できないマグボーイを改造し、リアはシマノのハブダイナモ用テールライトを採用。フロントホイールはワールドサイクル製のオリジ ...

GIANT Escape RXWにデュアルLEDオートライトカスタムを紹介

写真左のEscape RXWは、長距離旅行用自転車として様々な部分が進化している。一番わかりやすいのがライトだろう。日本のスポーツ自転車では標準装備されいるモデルが少ないハブダイナモを装備し、オートライト化を行っている。 ライトは通常のスポーツ自転車用ハブダイナモ用ライトではない。丸善のマグボーイ(ハブダイナモ用)を採用し、デュアルヘッドライト仕様にしている。 ハブダイナモ用Mag BoyのAmazonのレビューを見ると、パナのピンスポットの8000cdのSKL129やミヤタのウルトラレーザービーム6より ...

夜間走行を長時間する時アウターワイヤーの色は黒系統の色が良い理由

自転車で夜間走行を長時間行う場合、性能が高いライトを点灯させて走らないといけない。そんな自転車のライトは自動車やオートバイのライトと違うのは、ライトを装着する場所が自由だと言うことだ。自転車のライトは、装着する場所によってアウターワイヤーにライトが当たる場合がある。 アウターワイヤーにライトが当たると反射するが、アウターワイヤーの色によって反射しやすい色と反射しにくい色がある。光が反射しやすい色の場合、点灯しているとずっと光が反射して目がつかれてしまうとのこと。反射しにくい色は黒等の光を吸収する色。一方、 ...

クロスバイクをブルホーン化することができるハンドル 日東 RB006

クロスバイクのフラットハンドルをブルホーン化する場合、一般的には既存のドロップハンドル用のブルホーンバーにDropFireを装着するのが一般的となっている。 DropFire (2個セット) posted with カエレバ Aoi Industries,Inc Amazonで調べる 楽天市場で調べる Yahooショッピングで調べる ただ、DropFireを使用しないでブルホーンバーを装着する方法もある。日東のブルホーンハンドルにはロードバイク用のドロップハンドル用レバーを使用したブルホーンバーの他に、フ ...

GIANT ESCAPE RXWがやってきた

某Y氏の新たなメインマシンとしてGIANT Escape RXWがやってきた。なんでEscape RXWがやってきたのかというと、Escape R3で下っている時、大きな落石に乗り上げて転倒してR3に不安があったため新たにRXWを購入したようだ。 人間は骨折したが、Escape R3のほうはフロントフォークがまったく曲がっていないため、実際は走れるが、今後、長距離を走る上で不安を無くしたいためメインマシンから格下げとなった。 最初は、Escape Rの中古を探していたが、ヤフオクでは5万円程度の自転車にボ ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.