GIANT Escape RX4

GIANT Escape RX3 GIANT Escape RX4 すべての記事 ハンドル 公道仕様 前傾姿勢を和らげる

プロムナードハンドル・トレッキングハンドルのススメ 利点と欠点・お薦めハンドルを紹介

自転車で長距離を走る時重要なのは変速機のグレードよりもハンドルの形状が遥かに重要だ。自分はフラットハンドル・ドロップハンドル・ブルホーンバー・マスタッシュバーなど様々なハンドルを購入し、最終的に長距離を走るメインマシンは、ドロップハンドルでもなくブルホーンハンドルでもなく、フラットハンドルでもなく、ヨーロッパのトレッキングバイクに装着されているプロムナードハンドル・トレッキングハンドルを採用している。 東京→直江津300kmを走行後、能登半島を走っている時の写真。このときはまだポジションに苦心している時期 ...

GIANT Escape RX3 GIANT Escape RX4 すべての記事 シクロライダーコラム

殆どのロードバイクやクロスバイクはギア比が重いという問題

世の中で売られている殆どのロードバイク・クロスバイクのギア比は普通の人が使うには重いギア比がほとんどだ。例えば一般的なロードバイクに採用されているコンパクトクランクの重いギア(50T)は、競技をしない人が使う場面はブレーキをかける場面が殆ど無いような道を高速で走るような場所だろう。このような場所では約に立つと思うが、実際にはシチュエーションはあまり無い。逆に発進やアップダウンがある場面ではギア比が重すぎてしんどい場面が多いこともある。 世の中にある一般的なロードバイクの殆どは競技用のギア比を採用しているが ...

GIANT Escape RX4 すべての記事 グリップ・バーエンド

フラットハンドルにパームレストを装着して持つ位置を増やす

通常の角度が無いフラットハンドルでは、長距離を走るのにバーエンドバーを装着するのが一般的だ。ただ、角度がついたハンドルの場合は普通にバーエンドバーを装着しても、上手く使うことが出来ない。 角度がついたハンドルにバーエンドのような物をつけるには2つの方法がある。1つはTOGSを使用する方法。2つ目はDIA-COMPEのDC138 ハンドレストを装着する方法がある。今回はハンドレストを装着してみた。 本来ハンドレストはギトネットレバーとドロップハンドルに合わせて使用するのが一般的だが、フラットハンドルにハンド ...

GIANT Escape RX4 すべての記事 ボトムブラケット 修理・メンテナンス関連

ボトムブラケットのネジを綺麗にして音を静かにする方法

エンジンがない自転車では、余分な音が発生すると不安になり漕ぎにくくなる。音の原因を解決するということは難しい。 今回は、漕いている時トルクをかけた状態では、音が発生する事例。トルクをかけないで回転のみの場合だと発生せず、立ち漕ぎでサドルに力がかかっていない状態でもトルクをかけるとカチカチとした音が発生するので、ボトムブラケット周辺が怪しいと推測した。 ボトムブラケットに砂が入り音がなる可能性もあるが、既にボトムブラケットを交換しているため、これはありえないと判断。 次にボトムブラケットが緩んでいる可能性は ...

GIANT Escape RX4 すべての記事

重量が重い自転車で1日300キロ走るとどうなるか

人力で走る自転車の世界では軽い自転車は良いと言われていて、重い自転車は走りが悪いので好まれない。この意見は自分も異論はない。ただ、多くの極端に軽い自転車や部品はカーボンだろうがスチールだろうが、非常に脆いため注意が必要だ。 逆に極端に重い自転車は走りにどの位影響が起きるのか。今年(2015年)の夏に東京~直江津300kmを行った時、300キロをやった後にさらに能登半島を走ろうと思い荷物をまとめ、荷物を局留めで送るのも面倒になり、泊まりがけの荷物を積んで1日300キロを行った。車体重量はバッグ込みで想定12 ...

GIANT Escape RX4 すべての記事 ハンドル

GIAMT Escape RX4のハンドルをGiza プロムナードローライズに戻した理由

今まで使用していた日東・B302AA ノースロードハンドルをGIZA プロムナードバー ローライズに戻した。戻した理由は2つあり、1つはアップライトな姿勢になるため後輪に荷重がかかりするということ。タイヤ幅をロードバイク並に細くすると極端に走りが悪くなり、今はCarradiceのSQR Slimを装着しているため、この状態でB302AAを使用するのは厳しい。2つ目は、マウンテンバイクの走りの特徴である、幅があるフラットハンドルで安定して下れる性能が欲しかったこと。B302AAのハンドル幅は狭くロードバイク ...

no image

GIANT Escape RX4 クロスバイク・トレッキングバイク

2016年モデル Escape RXシリーズは、GIANTらしさが出ているクロスバイクとなった

今の時代、プライベートブランドのスポーツ自転車等比較的安価で最低限のスポーツ自転車の性能を持った自転車は多く存在する。その為か有名なスポーツ自転車ブランドは安くても他の安価なスポーツ自転車の違いをアピールしているモデルが多い。SpecializedのクロスバイクはSpecializedブランドのグリップやタイヤを装備し、TREKのクロスバイクはボンドレガーブランドの部品を装備したり、サイクルコンピューターを簡単に装着機構を売りにしている。 2016年モデルでGIANTはEscape RXシリーズのモデルチ ...

GIANT Escape RX4 ホイール

Escape RX4のスポークが折れた

GIANT Escape RXで一番安いモデルのEscape RX4(現在廃盤)は、一番安いモデルでも、ハンドルバーのパイプの厚みが薄かったり、5万円クラスではあまり見ないハブが採用されていたりする。それはそれでいいけど、今回、走行中にカランカランと音がしたので見てみると、後輪のスポークが折れていたのを発見。途中でリタイアすることとなった。 自分の体重が重いのとリアバッグにかかる荷重が原因だが、今回、まともなスポーツ自転車で、ここまで早くスポークが折れたのは初めてだ。シマノの安価なホイール「WH-R500 ...

GIANT Escape RX4 Progressive RRX-110 クロスバイク・トレッキングバイク タイヤ ロードバイク 公道仕様

公道用ロードバイクタイヤ パナレーサー・ツアラープラスとグラベルキングの違い

自転車の走りを握っているタイヤは、できるだけ良い物を使いたい。特にロードバイクはタイヤが細いため、安いタイヤでは不安な場面もあるので良いタイヤを装着するのは望ましい。しかし、世の中のロードバイク用タイヤの多くは、外からの損傷に対応していない物が多く、競技用ロードバイクタイヤは沢山ある一方、公道用ロードバイクタイヤは殆ど無い状態だった。 そんな中、パナレーサー・ツアラープラスは、貴重な公道用ロードバイクのタイヤでScott Speedster S60やGIANT Escape RX4、自分の自転車ではないが ...

GIANT Escape RX4 すべての記事 ウメザワ・ランドナー

高尾山の自転車お守りを自転車に装着する

自転車お守りは、場所によって種類が色々ある。その中でも高尾山の自転車お守りは、他のお守りとは違い、自転車のフレームに装着するタイプとなっている。 写真では、クロモリフレームなどの細みな車体に装着されているが、少し伸ばせば、太いアルミフレームなどの現代的な自転車にも装着できる。両面テープで取り付けるようになっている。自動車に装着する交通安全のお守りでもあまり無い、エンブレムタイプの自転車お守りは貴重だと思う。 この高尾山のお守りは金・銀 各1,000円。お守り - 高尾山薬王院では、自転車お守りにはこのよう ...

GIANT Escape RX4 すべての記事

長距離用のサドルバッグとしてキャラダイス・SQRを購入

長距離走行で問題になることとして、おしりの痛さと荷物を背負った時の体の痛みがある。 長距離走行でのおしりの痛みは、主にサドルに問題があり、実際にバネ付きのBrooks Flyerを装着して330キロを走行したとき、前回よりもはるかに楽に走ることができたが、さらに楽に走るためにキャラダイス・SQRを中古で購入した。 キャラダイスSQRを購入した理由は、主に3つある。 1つは荷物を背負わないことで、体の負担を減らすこと。荷物を背負うとどうしても体に負担がかかる。また、荷物を背負うと人間の体重にプラスして荷物の ...

GIANT Escape RX4 修理・メンテナンス関連

きちんと組み立てられた自転車は、どのくらい性能が良いか

基本的に自転車が店にやってくるとき、自転車が分解された状態で箱に入っているのがやってきて、自転車店が組み立てるのが普通と言われている。ただ、ホームセンターを見ると、最初から完成された状態で、傷防止用に段ボール等にまかれている物もある。一部の会社では、箱入りの状態で未組み立ての自転車を安価に販売しているのもあるが、個人的には、そのような自転車は、自転車の組み立て未経験の人には手をだすのはやめたほうがいいと思う。自転車の組み立てはそれほど甘くない。 メーカー直送、95%組立自転車にご注意 自転車 通販|サイク ...

GIANT Escape RX4 すべての記事

1日300キロ走れるクロスバイクはいくらぐらい掛かったか

今年は荷物を背負い東京~直江津~糸魚川、柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠(こっちのほうが東京~直江津~糸魚川よりもキツイ)をEscape RX4でレーサーパンツ、ビンディングペダル無しで走ることができた。勿論Escape RX4はいろいろな部分をカスタマイズ、チューンアップしているが、どのくらいお金がかかっているか計算してみることにした。因みに値段は全部税抜き価格。 自転車:GIANT Escape RX4 (2014年モデル) ¥59,000 購入したモデルはGIANTのスピードクロス、Escape R ...

GIANT Escape RX4 クロスバイク・トレッキングバイク

ロードバイクからクロスバイクに乗り換えて良かったこと、悪かったこと

ロードバイク(Scott Speedster S60)から、スピードクロスバイク(GIANT Escape RX4)に交代し、レーサーパンツなしで東京~直江津~糸魚川1日300キロ以上、柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠の獲得標高4500メートルをして、前回よりも楽に走ることができたのでロードバイクからクロスバイクに成功したといってもいいと思う。 クロスバイクにして良かったと思うのは、ロードバイクよりも前傾しにくい姿勢とホイールベースが長いため安定しやすいことと、少し太いタイヤが装着できることだと思う。前傾 ...

GIANT Escape RX4 ウメザワ・ランドナー サドル

2つの革サドル、Brooks FlyerとBrooks Professional Selectを比較してみる

自分が持っている革サドルは2つあり、1つはBrooks Flyerという、バネ付きのスポーツ自転車用サドル。   ブルックス(BROOKS) FLYER サドル ハニー posted with カエレバ ブルックス(BROOKS) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング ヤフオク! FlyerはEscape RX4に装着していて、レーサーパンツ無しで東京~直江津~糸魚川330キロ、獲得標高4500メートル柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠上りだけで合計約78キロ等の難コースを、このサドルを ...

GIANT Escape RX4 すべての記事 公道仕様

公道仕様クロスバイク GIANT Escape RX4

前回の日本海縦断でロードバイク(Scott Speedster S60)を使用して、長距離を楽に走るには競技志向で考えると失敗すると痛感して、ロードバイクからスピードクロス「Escape RX4」に乗り換えた。今回はレーサーパンツ無しでロードバイクよりも楽に300キロを走れるクロスバイクをコンセプトにして、部品を選んだ。東京~直江津~糸魚川330キロを実際に行った結果、前回の東京~新潟300キロよりも、お尻の激痛、首の痛み、精神的しんどさは少なかった。前回ではお尻の激痛、首の痛み、精神的しんどさの問題が噴 ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.