「GIANT Escape RX3」 一覧

プロムナードハンドル・トレッキングハンドルのススメ 利点と欠点・お薦めハンドルを紹介

自転車で長距離を走る時重要なのは変速機のグレードよりもハンドルの形状が遥かに重要だ。自分はフラットハンドル・ドロップハンドル・ブルホーンバー・マスタッシュバーなど様々なハンドルを購入し、最終的に長距離 ...

部品のグレードの違いを実感するのはどんな所? クランク編

自分のメインメインマシンとなっているGIANT Escape RX3で不満な所の1つにギア比がある。フロントクランクはかつてロードバイクに乗っていた時のロードバイク用トリプルクランクを入れていたが、自 ...

バイクパッキングスタイルのサドルバッグの欠点を考える

荷台を装着せず自転車にバッグを装着してツーリングを行うバイクパッキングがブームとなっている。自分もバイクパッキングでは無いが、バイクパッキングに類似した方法として、Escape RX4にキャラダイスS ...

殆どのロードバイクやクロスバイクはギア比が重いという問題

世の中で売られている殆どのロードバイク・クロスバイクのギア比は普通の人が使うには重いギア比がほとんどだ。例えば一般的なロードバイクに採用されているコンパクトクランクの重いギア(50T)は、競技をしない ...



長距離も走れるスポーツ自転車用アップハンドルVeno メトロポイントハンドルバー

スポーツ自転車用のアップハンドルという貴重なハンドルの1つにVeno メトロポイントハンドルバーがある。このハンドルは実際のインプレッションがほとんど無いため、実際に購入してEscape RX3に装着 ...

クロスバイクのGIANT Escape RX3に日東B261AAを装着しエビホーン化を行う

 クロスバイクのフラットハンドルは長距離走行をするのには不向きだ。そのため、多くのクロスバイクのユーザーはハンドルを交換するのが一般的となっている。 GIANT Escape RX4は、GIZAプロム ...

トップチューブバッグには物がどの位はいるのか?モンベル・ヘッドポーチ編

フレームの上部分に装着するトップチューブバッグは、物の出し入れがし易いが、どの位の物が入るのか。今回はモンベルのトップチューブバッグ「ヘッドポーチ」でどのくらい物が入るのか試してみることにした。 [モ ...

バーエンドブルホーンバーの利点と非常にお勧めしない理由

GIANT Escape RX4では、楽をスタイルを重視しながら、走りにも力を入れたハンドルなのに対して、Escape RX3はできるだけ走りを重視したハンドルにした。 そこで、今回選択したハンドルは ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.