「MTB」 一覧

ミヤタから本格電動アシストマウンテンバイク「リッジランナー」が発表

ヤマハ・YPJ-Rの登場で加熱している電動アシストスポーツサイクル業界。そんな電動アシストスポーツサイクル業界の中で予想よりも本格的に参入を行っている自転車会社と言えばミヤタサイクルだろう。 ミヤタサ ...

パナソニックの電動アシストマウンテンバイク「XM1」を発表 価格はお買い得か?

http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/07/jn170704-1/jn170704-1.html 電動アシスト自転車大手のパナソニックが本格電動アシ ...

キャノンデールらしさを融合したストリートクロスバイク Cannondale Bad Boy

日本では一般的にクロスバイクと言えば、700cのホイールを採用し、舗装路走行を中心に行うように設計された自転車だが、海外ではマウンテンバイクのようにサスペンションを搭載したモデルなど様々なモデルが存在 ...

チタンフレームMTB KONA RAIZINのバイクパッキングカスタム

2017/04/20   -Kona, MTB, 公道仕様, 未分類

ロードバイクやシクロクロスバイクなどのドロップハンドル車にディスクブレーキを装着するモデルが多く登場している。 ドロップハンドル用ディスクブレーキ車の登場により、マウンテンバイクなどのフラットハンドル ...



セミファットバイクは街乗りに向いているか

ロードバイクからマウンテンバイクまでタイヤの幅が段々と太くなっている。ロードバイクの世界では従来よりも少し太い25ミリや28ミリタイヤが注目されたり、タイヤが太くダートも走れるグラベルロードが登場して ...

MTBルック車「FINESS」は本物のマウンテンバイクと比べてどこが劣っているのかまとめてみた

自転車の世界では、一般的なスポーツ自転車よりも性能が低く、見かけだけの自転車のことを「ルック車」と呼ぶことが多い。基本的にルック車の多くはマウンテンバイクタイプが多かったが、今ではロードバイクブームの ...

24インチホイールを採用したファットバイク KHS 4Season ATB300SF

税抜き8万円で買えるモデルが存在するKHSのファットバイク「4Season」シリーズ。そんな4Seasonシリーズの中でも独特なモデルがATB-300SF。通常のファットバイクの車輪径は26インチなの ...

24インチプチファットバイクの可能性を考える

マウンテンバイクのタイヤ・車輪の世界は複雑怪奇となっている。車輪径は26/27.5/29インチと様々な車輪径があり、タイヤ幅も2インチ/3インチ/4インチ~と選り取り見取りすぎて、何を買えばいいか分か ...

MTBのタイヤ幅の違いで走りはどの位変わるのか 27.5インチMTB、27.5+MTB、ファットバイクを比較する

マウンテンバイクのタイヤ幅と言えば、大体2インチ(約5cm)が一般的だったが、4インチ(10cm)クラスのファットバイクが登場してから、様々なタイヤ幅が登場している。近年の特徴では2.8インチクラス( ...



ハンドルに小さな突起を付けてポジションを増やす「TOGS」を付けてみた

フラットハンドル車で長距離を走るには、バーエンドバー等の装着を行い、新たにポジションを増やすのが一般的だが、TOGSはハンドル内側に突起を装着することでポジションを増やすタイプとなっている。 今回、E ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.