「ロードバイク」 一覧

上位モデルのフレームと同じ6万円クラスのロードバイク NESTO FALAD-K

ホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO」には、自転車専門店で販売されるプレミアムモデルと、量販店など幅広い店舗で販売されるスタンダードモデルの2種類がある。NESTOブランドのロードバイクにはA ...

エントリーロードバイクではピカイチのコストパフォーマンス NESTO ALTERNA/ALTERNA FLAT

他のスポーツサイクルよりも、コストパフォーマンスを売りにしているスポーツサイクルブランドと言えばNESTOだろう。NESTOは日本の自転車会社「ホダカ」NESTOには、ホームセンター等のo多くの店で取 ...

なぜ、ロードバイクに乗るとスピードを出したくなるのかを解説してみる

ドロップハンドルに細いタイヤを装着したロードバイクは舗装路を高速で走るのが得意だ。 多くの人がロードバイクで颯爽と走るのを公道でよくみるが、人によっては、なぜそこまでして高速で走るのか疑問に思う人も少 ...

公道を走る時に感じる細いタイヤの欠点を挙げてみる

細いタイヤを装着したロードバイクや、Escape RXのようなスピードクロスがスポーツサイクルの世界で主流になっていて、細いタイヤがベストのような風潮となっている。自分のメインマシンのEscape R ...



カーボンフレームのロードバイクの積載量は2.3kgという驚愕の事実

大型のバッグを荷台を装着せず車体に直接装着する自転車ツーリングスタイル「バイクパッキング」が流行している。バイクパッキングの一番の利点は車体に直接バッグを付けるため、荷台が要らないこと。最近のロードバ ...

エントリーロードバイクとクロスバイクは何処が違うか GIANT Escape RX/GIANT DEFY・CONTENDを比較する

スポーツサイクル趣味を始めるとき、ロードバイクとクロスバイクのどちらを選べば良いのか迷うのが多いと思う。 初めてスポーツサイクルを始める時、できるだけ汎用性があるモデルを買ったほうがいい。どのような方 ...

シマノとテクトロのロングアーチキャリパーブレーキの違いはどこにあるのか?

エントリーモデルのスポーツサイクルにはコスト削減のために、テクトロやプロマックスなど、シマノ製ではないブレーキを装着するのが一般的となっている。一般的には、テクトロやプロマックス製のブレーキはシマノ製 ...

プレシジョントレッキングの名前がオフィスプレストレッキングに変わった理由を考える

かご付きクロスバイクで有名なプレシジョントレッキングだが、いつの間にか名前がオフィスプレストレッキングに名前が変わっていた。 只のカゴ付きクロスバイクに変化した、サイクルベースあさひ・プレジショントレ ...

ドロップハンドル用ブレーキレバーを使うコンフォートハンドル Sycip J.J.Bar

日本ではドロップハンドルの自転車に対する一種の神話がある。 それはドロップハンドル。日本のツーリング用自転車の世界ではドロップハンドルが広まっているが、ドロップハンドルには欠点がある。 上ハンドルでブ ...



外装変速機とディスクブレーキが装着された競輪練習用自転車が興味深い

2017/02/07   -ロードバイク, 未分類

競輪選手が公道で練習する時、ブレーキが装着された練習用ピストを使うのが一般的とのこと。しかし、人によっては通常の練習用ピストでは不満があり、ロードバイクをベースにして練習用の競輪用自転車を作る人もいる ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.