「ファットバイク」 一覧

モトクロスインターナショナルFATBIKE雪上試乗会 2018年は3会場で開催

SALSAやMONGOOSE、SURLY等のファットバイクを輸入しているモトクロスインターナショナルといえば、冬季にファットバイクの試乗会を行っていることで知られている。2018年で7年目を迎えたモト ...

スノーゲレンデダウンヒルを楽しめる雪ちゃりナイター・エキサイティングダウンヒルツアーを体験した感想をまとめてみる

ファットバイクで雪道を楽しめるイベントが増えてきている。自分も八ヶ岳サイクリングや飯山の町中を走るツーリングを楽しんできたことがあるが、今回体験した「雪チャリナイター エキサイティングダウンヒルツアー ...

ファットバイクで雪道等を走ることができるイベントやツアーの感想・比較をしてみた

少ないながら各地で行われているファットバイクでのスノーライドイベント。各所によってファットバイクイベントは様々な特徴がある。 ファットバイクでスノーライドを楽しめるイベント・サイクリングツアー一覧 前 ...

ファットバイクは豪雪地帯の実用車になるか

通常のマウンテンバイクでは難しい雪道でも走れるファットバイク。一般的にファットバイクは他のスポーツ用自転車と同じ趣味の乗り物として見られているのがほとんどだが、雪国に住んでいる人は、ファットバイクを冬 ...



24インチホイールを採用したファットバイク KHS 4Season ATB300SF

税抜き8万円で買えるモデルが存在するKHSのファットバイク「4Season」シリーズ。そんな4Seasonシリーズの中でも独特なモデルがATB-300SF。通常のファットバイクの車輪径は26インチなの ...

税抜き8万円で買える本物のファットバイク KHS ATB-300

激安ファットバイク(殆どはファットバイクルック車)は、部品の価格や需要の問題か、値段は5~7万円ぐらいするモデルが殆どだ。一方、本物のファットバイクのエントリーモデルは10万円ぐらいが多く価格差はそれ ...

24インチプチファットバイクの可能性を考える

マウンテンバイクのタイヤ・車輪の世界は複雑怪奇となっている。車輪径は26/27.5/29インチと様々な車輪径があり、タイヤ幅も2インチ/3インチ/4インチ~と選り取り見取りすぎて、何を買えばいいか分か ...

MTBのタイヤ幅の違いで走りはどの位変わるのか 27.5インチMTB、27.5+MTB、ファットバイクを比較する

マウンテンバイクのタイヤ幅と言えば、大体2インチ(約5cm)が一般的だったが、4インチ(10cm)クラスのファットバイクが登場してから、様々なタイヤ幅が登場している。近年の特徴では2.8インチクラス( ...

ファットバイクスタイルを持つロングテールバイク サイクルベースあさひ・88Cycle

日本では大型スクーター並の全長を持つロングテールバイクは、使うことができる場所は少ない。そんな使いにくいロングテールバイクを日本流に使いやすくしたモデルが登場している。これらの日本流ロングテールバイク ...



ファットバイクの普及で見えた冬山登山的なリスク

ファットバイクが素晴らしいのは、雪の上を走れるという従来の自転車ではできなかったことを行えることだろう。これは実際に乗らないとわからないことで、雪の上を普通に自転車で走ることがこれだけ面白いとは思わな ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.