「ジャンル別」 一覧

前2輪自転車の豊田TRIKEが運送業界からコンビニまで注目している理由とは?

介護用から宅配用まで幅広い使い方ができる前2輪電動アシスト自転車の豊田トライク。自転車の新たな可能性を切り開く1台としてシクロライダーは注目しており、定期的に豊田トライクの情報をチェックしている。 T ...

上位モデルのフレームと同じ6万円クラスのロードバイク NESTO FALAD-K

ホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO」には、自転車専門店で販売されるプレミアムモデルと、量販店など幅広い店舗で販売されるスタンダードモデルの2種類がある。NESTOブランドのロードバイクにはA ...

パナレーサー・グラベルキングにロードプラス規格のタイヤがラインナップされた

通常のロードバイクよりも小さい650Bという車輪径を採用し、マウンテンバイクに近いほど太いタイヤを履くことで、舗装路の走行性能をできるだけ犠牲にせず乗り心地や砂利道の走破性を上げたロードプラスタイヤ。 ...

グラベルロードはクロスバイクよりも色々な道を走ることができるのか

近年流行の自転車のジャンルの1つであるグラベルロードは、舗装路を比較的速く走行することができる+砂利道等の荒れた道を走ることができるのを売りにした自転車だ。近年のグラベルロードは、一般的なクロスバイク ...



ミヤタから本格電動アシストマウンテンバイク「リッジランナー」が発表

ヤマハ・YPJ-Rの登場で加熱している電動アシストスポーツサイクル業界。そんな電動アシストスポーツサイクル業界の中で予想よりも本格的に参入を行っている自転車会社と言えばミヤタサイクルだろう。 ミヤタサ ...

JAMIS RENEGADEカーボンモデルにはドロッパーポストの装着を想定している

2018/01/24   -Jamis, グラベルロード

流行のグラベルロードの面白い所の1つに、メーカーによって車体設計の考えが異なる所だろう。これはグラベルロードがレース用自転車ではないため、ブランドによって想定している使い方が違うのもあるだろう。 今回 ...

エントリーロードバイクではピカイチのコストパフォーマンス NESTO ALTERNA/ALTERNA FLAT

他のスポーツサイクルよりも、コストパフォーマンスを売りにしているスポーツサイクルブランドと言えばNESTOだろう。NESTOは日本の自転車会社「ホダカ」NESTOには、ホームセンター等のo多くの店で取 ...

なぜ、ロードバイクに乗るとスピードを出したくなるのかを解説してみる

ドロップハンドルに細いタイヤを装着したロードバイクは舗装路を高速で走るのが得意だ。 多くの人がロードバイクで颯爽と走るのを公道でよくみるが、人によっては、なぜそこまでして高速で走るのか疑問に思う人も少 ...

モトクロスインターナショナルFATBIKE雪上試乗会 2018年は3会場で開催

SALSAやMONGOOSE、SURLY等のファットバイクを輸入しているモトクロスインターナショナルといえば、冬季にファットバイクの試乗会を行っていることで知られている。2018年で7年目を迎えたモト ...



重量9.87 kgを達成した18インチ折りたたみ自転車 Pacific birdy monocoque air

自転車の世界では車体重量が軽いことは重要だが、折りたたみ自転車では車体重量は通常の自転車よりも重要になってくる。折りたたみ自転車は持ち運びを行うため、車体が軽くないと折りたたみ自転車らしい使い方ができ ...

関連コンテンツ

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.