クロスバイク・トレッキングバイク

ルイガノからディスクブレーキクロスバイク「SETTER 9.0 DISC(セッターナインディスク)」が登場

LOUIS GARNEAU日本総販売代理権を持つあさひは5月20日、「SETTER 9.0 DISC(セッターナインディスク)」を発表。2020年5月下旬から販売開始を行う。 カラーはSKY BLUE ルイガノ「SETTER」は、アルミフレームとリジッドフォーク、細いオンロード用タイヤを組み合わせた、オンロードスポーツタイプのクロスバイク。SETTER 9.0 DISCはSETTERで初めてディスクブレーキを搭載したクロスバイクだ。ブレーキはシマノ製の油圧ディスクブレーキ。フレームは、オプションパーツが取 ...

アラヤの「マディフォックス」に5万円台のクロスバイクとマウンテンバイクが登場

新家工業の自転車ブランド「ARAYA(アラヤ)」から、5万円台でお手頃価格のクロスバイク「MFX Muddy Fox Xross」とマウンテンバイク「MFD Muddy Fox Dirt」が登場した。 MFX Muddy Fox Xross カラーはマットカーキ(出典:araya-rinkai.jp、以下同) MFX Muddy Fox Xrossは、油圧ディスクブレーキ仕様のクロスバイク。700×32Cのタイヤを装着したスタンダードな設計でセンタースタンドを装着し、街乗りからサイクリング向きの構成となっ ...

FUJIからディスクブレーキを装着したクロスバイク「RAIZ DISC」が登場

スポーツサイクルで有名な「FUJI」から、定番クロスバイク「RAIZ」のディスクブレーキモデル「RAIZ DISC」が2020年モデルとして登場した。 Matte Black Matte Lime/Black Matte Wine FUJIはロードバイクやマウンテンバイク等のレーシングモデルから、ストリートスタイルを意識したクロスバイクやE-Bikeをラインナップしている自転車ブランド。その中でもRAIZはアルミフレームを採用した定番クロスバイクとして知られている。 RAIZ DISCは、RAIZにディス ...

2020年度最新版 5万円以下のサイクリング用クロスバイク4選

サイクリングから通勤・通学まで汎用的にこなせるクロスバイクは初心者が手軽にスポーツサイクルを楽しむ自転車としてはピッタリの自転車だ。 クロスバイクに限らずスポーツ自転車を購入するときは、予算は多ければ多いほど選択肢が広がる。クロスバイクの場合、最低でも6万円は欲しい所だ。しかし、選べる数は少ないながら5万円以下でも、サイクリングができるクロスバイクを選ぶ事ができる。よくわからない3万円以下の変なクロスバイクを買うのなら、ここで紹介したクロスバイクを選んだほうが遥かに良い。 今回は、5万円以下で購入できるサ ...

ラグジュアリーな乗り味が特徴のEバイク「MERIDA ePASSPORT 400EQ」

世界有数の台湾の自転車会社「MERIDA」は、BAHRAIN MERIDA Pro Cycling Teamに供給するレーシングロードバイクだけでなく、E-Bikeもラインナップしている。日本市場でも他社と比較して数多くのE-Bikeを用意しており、スポーツライド用のフルサスペンションE-MTBから、街乗りからサイクルツーリズムまで対応するE-Bikeをラインナップしている。 今回、紹介するePASSPORT 400EQはShimano STEPS E5080を搭載したトレッキングバイクタイプのE-Bik ...

自転車販売店「サイクルスポット」のオリジナルEバイク「eVITA」

東京を中心に展開している自転車販売店「サイクルスポット」は、オリジナルブランドのE-Bike「eVITA」を販売している。eVITAは、27.5インチホイールを採用したクロスバイクタイプのE-Bike。SRサンツアー製のMTBタイプのフロントサスペンションに、太めのスリックタイヤを装着することで、街中の段差を気にしなくても走行できる。ブレーキは、軽い力で効くシマノ製油圧ディスクブレーキを搭載。   ドライブユニットは、アシスト時の静音化とスポーティな走行感を実現した「シマノ STEPS E618 ...

no image

ライトウェイからシェファードシティと自転車用ベビーカーを組み合わせた「保育園通園セット」が登場

スポーツバイクブランド「RITEWAY」の企画・製造・販売を行うライトウェイプロダクツジャパンは、RITEWAYのクロスバイク「シェファードシティ」に自転車用ベビーカー「ビー」をセットにした「保育園通園キットモデル」の販売を2020年4月3日より開始すると発表した。 「保育園通園キットモデル」は、ライトウェイブランドのクロスバイク「シェファードシティ」にバーレーブランドの自転車用ベビーカー「ビー」を組み合わせたモデル。従来のクロスバイクでは子供と一緒にサイクリングは安全上困難だったが、けん引式のベビーカー ...

日常生活を飛び出すためのハイエンドクロスバイク「NESTO LIMIT1」の2020年モデルが発売

総合自転車メーカーのホダカは3月27日、スポーツサイクルブランド「NESTO (ネスト)」のクロスバイク「LIMIT1」を発売した。 LIMITシリーズは、細めのタイヤと軽量なフレームを採用したスポーティなクロスバイク。LIMIT1はカーボンフォークや SHIMANO SORA をドライブトレインに採用したハイエンドモデルだ。 ロウポリッシュ仕上げを採用したフレームは手作業による研磨を実施 従来の約5倍明るい高輝度LEDライト マキシス・デトネイターフォルダブルタイヤ アルミフレームには、表面を丁寧に研磨 ...

2020年最新版 通勤・通学用クロスバイクまとめ カゴや泥除けが付いた街乗り向けモデルを紹介

街乗り向けのスポーツ自転車「クロスバイク」。一般的なクロスバイクは、泥除けやカゴが無いため、通勤や通学では使いにくい。しかし、一部では、クロスバイクに荷台やカゴを装着して、通勤や通学向けで売るブランドも存在する。 このような通勤・通学向けクロスバイクは、最初から前カゴや泥除け、ライト等を標準装備しているため、日常的な使い方を行う人にピッタリだ。車輪を外して専用の袋に入れる「輪行」ができない、車体が重い等、自転車を本格的な趣味として楽しむのは難しいが、通勤・通学に関してはスポーツ自転車よりも安心して使う事が ...

NESTOのクロスバイク「LIMIT2」に2020年モデルが登場

総合自転車会社のホダカは2月14日、スポーツサイクルブランド「NESTO (ネスト)」は、クロスバイク「LIMIT 2 (リミット 2)」の2020モデルを発売した。 LIMIT2は、フレームサイズ480mmで10kg下回るクラス最軽量(※国内販売中の5万5000円未満クロスバイクにおいて/2020年2月現在 ホダカ調べ)のクロスバイク。この価格帯ではワンランク上のMAXXIS DETONATOR ケブラービードタイヤにSHIMANO製ブレーキの採用により軽快な走りと安全性を実現している。また、NESTO ...

トーキョーバイクから「TOKYOBIKE MONO(モノ)」「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」が登場

トーキョーバイクは、2月12日、新モデル「TOKYOBIKE MONO(モノ)」と「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」を2020年春に発売すると発表した。 トーキョーバイクは、東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車「トーキョーバイク」を2002年に発売し、現在、都内4ヶ所と海外8ヶ所でTokyobike Shopを運営し、全国200店舗以上の取扱店で展開している。また、レンタサイクルサービスを直営店舗のほか、提携する宿泊施設等で展開している。 TOKYOBIKE ...

あさひからアウトドア向け自転車ブランド「LOG」シリーズが登場

あさひは、2020年1月下旬から、アウトドアライフがもっと楽しくなる「LOG(ログ)」シリーズを、全国のサイクルベースあさひ各店ならびにあさひ公式オンラインショップにて販売を開始すると発表した。 「LOG」ブランドは自転車を「LIFESTYLE OUTDOOR GEAR(アウトドアライフをより楽しく、便利にする道具)」と位置づけ、様々なモデルを展開する。今回発売する自転車は、荷物を積んでキャンプツーリングを楽しむことができる「LOG ADVENTURE 27.5」(ログアドベンチャー27.5)と、ジュニア ...

ロードバイクとクロスバイクは何が違う? 簡単に解説

クロスバイクを購入するとき、最初からロードバイクを買ったほうが安いという話をよく聞く。しかしロードバイクとクロスバイクは全く違う自転車で、想定されている使い方も違うので、単純な比較はできない。そこで、今回はロードバイクとクロスバイクを比較して、何が違うのか簡単に解説する。 前傾姿勢で高速走行に特化したのがロードバイク 出典:giant.co.jp 一般的なロードバイクは独特な形を採用したドロップハンドルを装着している。ドロップハンドルの利点は、上半身の力がかかりやすいためスピードが出しやすい事だ。特に低い ...

オンロードを軽快に楽しめるスピードクロスバイクとは? 注目モデルも紹介

多種多様なクロスバイクの中でも舗装路を高速走行がメインのスピードクロス。通常のクロスバイクよりも舗装路を快適でスポーティに走行でき。ロードバイクよりも前傾姿勢が緩い車体設計に、一般的なロードバイクよりも太い28ミリタイヤを装着しているのが特徴だ。 舗装路を軽快に走行できる自転車と言えばロードバイクを思い浮かべるだろう。ロードバイクとスピードクロスバイクの違いは、スピードクロスバイクは安定性を重視していることだろう。ロードバイクよりも長いホイールベースは、直進安定性が高くて低速域も安定して走行できる。ハンド ...

no image

通勤・通学向けクロスバイク ブリヂストン・TB1を解説

ブリヂストンサイクルから、男子高校生に向けた通学専用クロスバイク「TB1」が発売された。TB1はクロスバイクの中でもスポーツ自転車趣味向けのモデルではなく、通勤や通学、街乗り用向けのモデルと割り切っている。本格的なスポーツ自転車ではなく、通勤・通学向けのクロスバイクだ。 [ブリヂストン]2020 TB1 (フレームサイズ:480mm) 「TB480」 27インチ クロスバイク48,400円(05/28 19:12時点)楽天市場 アルミフレームは2種類のフレームサイズをラインナップ。ブレーキは前はVブレーキ ...

ブリヂストンサイクル「Ordina」シリーズまとめ 内装変速機+ベルトドライブの街乗りスポーツサイクル

ブリヂストンサイクルの街乗り自転車シリーズ「ブリヂストングリーンレーベル」シリーズには、一般的なシティサイクルよりもお洒落な小径シティサイクル「Vegas」、子供乗せの装着が可能なカーゴバイク「Tote Box」、アルミフレームで現代的なスタイルを採用するクロスバイク・ロードバイク・スポーツ折りたたみ自転車のCYLVA、クロモリフレームで古典的なスタイルを採用したクロスバイク・ツーリングタイプ・ミニベロの「Chero」。お洒落なシティサイクル・折りたたみ自転車の「Mark Rosa」等がある。その中でもO ...

Bianchiのクロスバイク「C・Sport」「ROMA」シリーズの選び方等を解説

独特の青緑色で有名な「チェレステ」カラーで知られているビアンキ。クロスバイクのラインナップはC・SportシリーズとROMAシリーズの2種類に分けられている。 C・Sportシリーズはママチャリに近い太さのタイヤを採用したクロスバイクで、汎用性を重視したビアンキのクロスバイクが欲しい人に向いている。一方、ROMAシリーズはロードバイクに近いほどの細いタイヤを装備したスピードクロスバイク。サイクリングロードなど綺麗な舗装路をスポーティに走りたい人に向いているだろう。 C・Sportシリーズ C・Sportシ ...

ディスクブレーキが付いた650Bクロス「GIANT GRAVIER Disc」

グラベルロードブームの流れで、クロスバイクにも太いタイヤを装着したグラベルクロスバイクが増えつつある。そんなグラベルクロスバイクの先駆車と言えるのが「GIANT GRAVIER」だろう。 Escape Rより多目的に使えるクロスバイク GIANT GRAVIER/Liv GRAMME GIANT GRAVIERは軽量なフレームに、650B用のホイールとタイヤを搭載したクロスバイク。軽量フレームの軽快な走りに、太いタイヤの安定性も持っており、多目的な使い方を行う人にピッタリのクロスバイクだ。そんなGRAVI ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.