• ジャンル別
    GIANTもついにE-Bikeに参入 GIANT Escape RX-Eが発売
  • ジャンル別
    グラベルロードに乗りたくなる動画5選
  • ジャンル別
    サイクリング視点で見るスルーアクスル規格の利点と欠点(グラベルロード編)
  • ジャンル別
    最新トレントを組み込んだグラベルロード Cannondale Topstone
  • ジャンル別
    グラベルロードはクロスバイクよりも色々な道を走ることができるのか
  • ジャンル別
    【2018年度版】10万円以下のグラベルロードをまとめてみた
  • ジャンル別
    650Bロードプラスタイヤのグラベルロード KONA ROVE NRB DLに乗ってみた
  • ジャンル別
    FELTのアドベンチャー/グラベルロード「BROAM」シリーズを解説。
  • まとめ
    【自転車漫画】ママチャリなカコまとめ【随時更新】
  • ジャンル別
    GTのグラベルロード「GRADE」シリーズまとめ 2019年モデルも紹介
林道も走れる少し細いMTBタイヤ「IRC・ブリロ」

マウンテンバイク用のタイヤといえば、舗装路用のスリックタイヤと、太いブロックタイヤが殆どだけど、たまに少し変わったタイヤがある。IRCのブリロは、比較的細いタイヤを装着したオフロード用タイヤだ。

IMG_1906

ブリロはセンターリッジパターンを採用して、舗装路も未舗装路も両立して走れるコンセプトになっている。26×2.0と26×1.75の2つのサイズが有り、自分が使用したタイヤサイズは、26×1.75のほう。舗装路は太いブロックタイヤよりも走りは軽いけど、1.5幅のスリックタイヤよりは落ちる。未舗装路では、スリックタイヤよりも安定して走ることができるけど、太いブロックタイヤよりは落ちる感じだ。林道は本気で走るには辛いが、スリックタイヤよりも安定して走れるので、自走で林道に行く人のためのタイヤだろう。

 

タイヤ, 未分類の関連記事
  • 自転車用スパイクタイヤの威力はどんな感じか
  • 数値で見る通常のタイヤとパンクしないタイヤの走りの違い
  • タイヤはどこで買えばいい? Be-all Bonnet noir BNF 20
  • 28ミリタイヤのススメ
  • パナレーサースーパーチューブの良さとは?
  • 公道用ロードバイクタイヤ パナレーサー・ツアラープラスとグラベルキングの違い