並行輸入品 GIANT ATX660は買う必然性はない

GIANTは日本では自転車専門店で販売している、総合スポーツ自転車というイメージがある。しかしGIANTは国によって販売する自転車を変える、総合自転車会社だ。中国ではスポーツ自転車以外に電動アシスト自転車も売っている。

そこで目をつけた一部の会社は、新興国で販売しているGIANTの自転車を持ってきて、日本で販売しはじめた。

GIANT ATX660もその1つ。フレームはアルミだが、サスペンションの調整機能はついていない。ホイールの取付はクイックなのかナットなのかは写真を見た限りだとわからない。

かつて、同レベルのMTB、ブリヂストンが輸入元のメリダのカラハリ570が定価で29800円で買えたことを知っている自分としては、組立が必要で3万円以上するのは高すぎる。1万円なら買っているが、3万円するのなら、あさひのエキパージュを買うか、古いモデルの特価MTBを購入している。たとえば、GTのアグレッサーなら2012年モデルで27000円を切っている。正規輸入品で、フレーム保証もある。店頭で買えるし組立もしている。ちなみにGIANT JAPANは並行輸入品については一切アフターサービスはしていないとのことだ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA