Bianchi Lupoにカゴをつける その1

前カゴがあるとちょっとした物を入れるのにちょうどいいが、大半のスポーツ自転車にはカゴはついていない。しかし、どうしてもスポーツ自転車に前カゴがほしいと思う人用に、前カゴキットが存在している。

これは、Vブレーキ台座を使用した前カゴキット。これをつけると輪行が難しくなってしまう。

そこで、ワンタッチ着脱式バスケット台座を使用して、カゴを装着することにした。

今回購入したタイプは、AKI WORLDのハンドルバスケットアダプターと同じ形に見える。また、サイクルベースあさひのオリジナルブランドの部品でも、同じ形の物を見たことがある。

 

とりあえず、その辺にあったボロボロのカゴに装着した。

ハンドルにもアダプターを装着。このアダプターは角度調節が可能なのがウリ。ハンドルに取り付けするのだが、アダプターが対応しているハンドル径は25.4mm。最近多く見る31.8mmのハンドルバーは対応していない。

とりあえず、カゴをつけてみたが大きすぎる。カゴに沢山物を入れると、ハンドリングが一気に悪くなるので、こんな大きなカゴはいらない。もっと小さなカゴに交換する予定だ。

関連記事一覧