【2018年度版】10万円以下のグラベルロードをまとめてみた


近年、舗装路と砂利道を走ることができるグラベルロードが流行している。従来のレース用ロードバイクよりも乗車姿勢が穏やかな前傾姿勢で、砂利道を走行するためロードバイクよりも太いタイヤが装着できる。また、車種によっては荷台や泥除けの取り付けを想定した車種も存在する。

ロードバイクよりもオールマイティーに使えるグラベルロードは、低価格で購入できるエントリーモデルも存在する。今回は税抜き価格10万円以下で購入できるグラベルロードを紹介したい。

LIV BELIV:75,000円

出典:https://www.liv-cycling.jp/liv18/bike_datail.php?p_id=00000126

車体設計から部品まで女性専用にしたことで知られている、女性専用のスポーツサイクルブランド「Liv」。Livのグラベルロードの中で一番安いBELIVは、またぎやすいフレームデザインを採用している、小柄な人向けの一番小さいサイズば車輪径を26インチに設定しており、砂利道や峠などの長い坂を走るために、フロントクランクは46/30Tとロードバイクよりも軽いギアを採用している。

  • フレーム: ALUXX-Grade Aluminum OLD135mm
  • フロントフォーク:アルミ製
  • ギア:前 FSA TEMPO ADVENTURE 30/46T 165mm/後SHIMANO HG51 8S 11-32T
  • ブレーキ:TEKTRO LYRA 160mmローター
  • タイヤ: GIANT P-SLX2 26×1.25(XXS),700x32C(XS,S)

RITEWAY SONOMA ADVENTURE:79,800円

29×2.1インチとマウンテンバイク並に太いタイヤを採用したグラベルロード。普通のグラベルロードよりも太い、29インチ用のマウンテンバイクタイヤを採用しており、ここまで太いタイヤを装着したグラベルロードはモンスタークロスと呼ぶ人もいる。シンプルなカラーリングと太いタイヤの迫力のおかげで街乗り用オフロードマシンの雰囲気を持っている。車体重量は14キロ近くあり、歯数のラインナップが少ないリア7段変速を採用している。車体サイズも2種類しかないため、モンスタークロスのデザインを気軽に楽しみたい人向けの自転車だろう。

  • フレーム:NFデザイン スチール + クロモリST
  • フロントフォーク:スチール製
  • ギア:前 SHIMANO FC-A073 (50x39x30T)/後SHIMANO CS-HG200 (12-28T) カセットスプロケット
  • ブレーキ:TEKTRO Mira メカニカルディスク
  • タイヤ: KENDA SMALL BLOCK 8 29×2.1インチ

https://www.riteway-jp.com/bicycle/riteway/sonoma-adventure

GT GRADE ALLOY CLARIS:88,000円

エントリーモデルのグラベルロードでは、定番自転車となっているのがGT GRADE ALLOY CLARIS。GTお得意のトリプルトライアングルデザインを採用したフレームは、35ミリ幅のタイヤまで対応。部品構成は、ロードバイク並みの舗装路のスピード重視のギア比に、公道用舗装路向けタイヤのSchwalbe Road Cruiserを採用している。そのため、ストック状態で使用する場合は砂利道よりも舗装路重視で使うのがベターだろう。

  • フレーム:ハイドロフォーム (TT、DT)、テーパード 1 1/8″-1 1/4″ヘッドチューブ、スタンダード BB
  • フロントフォーク:Grade アルミニウム、1 1/4-1 1/8″アルミニウムコラム
  • ギア:前 FSA Tempo コンパクト 50/34T/後Sunrace 8スピード 12-25T
  • ブレーキ:Tektro 機械式ディスクブレーキ、 160mm ローター
  • タイヤ:Schwalbe Road Cruiser K-Guard 700C

GRADE ALLOY CLARIS

GIANT ANYROAD3:¥95,000

出典:https://www.giant.co.jp/giant18/bike_datail.php?p_id=00000050

GIANTのグラベルロード「ANYROAD」は、グラベルロードの中でも扱いやすさを重視しているのが特徴。ハンドルにはANYROAD専用の補助ブレーキレバー「GIANT ERGO-CONTROL Sub Lever」を装備し、従来の補助ブレーキレバーでは握れない部分まで握ることができる。ブレーキはTEKTRO社中でもレース仕様もラインナップしている「TRP」ブランドのSPYRE Cを採用。ワイヤー式のブレーキだが、調節や制動力が比較的高い対向式ピストンを採用しており、10万円以下のグラベルロードで採用されているのは珍しい。

  • フレーム:ALUXX-Grade Aluminum OLD135mm
  • フロントフォーク:GIANT Composite、Aluminum OverDrive コラム
  • ギア:前 FSA TEMPO 30/39/50T/後SHIMANO HG31 8S 11-32T
  • ブレーキ:TRP SPYRE C AL 160mm
  • タイヤ:GIANT P-SLX2 700x32C

FELT VR60:98,800円

 

かつて、エンデュランスロードとして知られていたZシリーズの後継モデルがVR。35ミリ幅のタイヤが装着可能で、泥除けの台座、トップチューブバッグ台座も装備している。標準ではロードバイク用のタイヤを装着している。

  • フレーム:FLite Custom バテッドアルミニウム、スレッドBB、フラットマウントディスク、internal cable routing(機械式専用)
  • フロントフォーク:UHC Advanced カーボン、アルミニウムコラム
  • ギア:前 FSA Tempo Adventure、48/32T/後Shimano、8スピード、12-32T
  • ブレーキ:Promax、フラットマウント、対向ピストン式ディスク
  • タイヤ:Vittoria Zaffiro、700c x 28c

VR60

JAMIS RENEGADE EXILE:¥98,000

グラベルロードの中でも、グラベル走行やツーリング重視の設計となっているのがRenegade Exile。アドベンチャーロードバイクを売りにしているため、フロントフォークには左右にボトルケージ台座を装備しており、ボトルケージに装着する小型荷台を付けることが可能で積載量を増やすことができる。タイヤは700×36Cのグラベル用のタイヤを装備しており、最初からグラベルライドも可能だ。対応タイヤ幅は700×40Cと、シティサイクルよりも太いタイヤを装着でき、650Bホイールなら650✕47B(ロードプラスタイヤ)の装着が可能だ。

  • フレーム:Jamis Size Specific Design frame geometry,6061 aluminum
  • フロントフォーク:Jamis Adventure 6061 air-formed aluminum
  • ギア:前 FSA Vero, 50/34T/後Shimano HG41 8-speed, 11-32T
  • ブレーキ:Tektro Lyra mechanical cable actuated disc brake
  • タイヤ:Clement X Plor MSO, 700 x 36c, 30TPI with protection belt

RENEGADE EXILE – レネゲード エグザイル / Jamis Bicycles – ジェイミスジャパン

 

関連記事一覧