7万円台 Tern クロスバイク・トレッキングバイク 未分類

スタイルとは裏腹に乗りやすいストリートフラットバーロード Tern RIP

更新日:

dscn9064

Ternブランドの自転車といえば、nodeやlink、vergeといった折り畳み自転車が有名だが、折り畳みではない自転車もラインナップしている。

tern RIPは、700cよりもひと回り小さい650cホイールを採用したストリートタイプのフラットバーロードバイク。アルミフレームはストリートで流行のエアロ形状を採用している。このようなストリートモデルは、ギアが一枚しかないピストタイプが一般的だが、ripはギアは一枚しかないピストとは違い、前シングルで後ろ8段となっているので、坂道や街乗りでは多段ギアがあるので便利だろう。ただ、ストリートタイプでスタイル重視のため、荷台や泥除けを装着するための台座はない。

ブレーキは、ロードバイクタイプのキャリパーブレーキを採用している。ギア比は前は44T、後ろは11-30Tとなっており、街乗り用途なら必要十分だろう。ホイール・タイヤは650×25Cとなっているが、最大サイズのみ700Cを採用しているらしい。

見た目とは裏腹に乗りやすいTern RIP

ストリート系のフラットバーロードのTern RIPに試乗することができたので軽く試乗してみた。このようなエアロ形状を採用したフレームは乗り心地が硬いイメージがある。しかし実際は普通で、Escape RX(旧型)のほうが硬いと思った。

車体の雰囲気は前傾姿勢がきつく感じるが、個人的には前傾姿勢は、このようなストリート系統のモデルとしては、意外ときつくない前傾姿勢となっている。但し通常のクロスバイクより前傾姿勢となっている。

理由はいくつかありハンドルとサドル間が短いということ、ハンドルに¥は通常のフラットハンドルではなく、アップしたライザーバーを採用しているため、見た目の雰囲気よりも前傾姿勢ではないのもあるのだと思う。

700cよりもひと回り小さい650Cを採用した車輪は、小柄な人でも乗車しやすく、見た目を良くするために車体設計できるのを売りにしている。一方で、650Cはタイヤのラインナップが少なく、良いタイヤが少ない、チューブがその辺の自転車店で売られていない問題がある。

http://ternbicycles.blogspot.jp/2016/03/650Cvs700C.html

荷台や泥除けを装着できずタイヤも太くするのはできないが、ストリートスタイルを採用し、このような自転車としては安価で比較的実用性もあるので、コンセプトを理解すれば悪くないだろう。

http://canowalk.exblog.jp/23134756/

 

 







シクロライダーお薦めジャンル一覧



-7万円台, Tern, クロスバイク・トレッキングバイク, 未分類

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.