スタイルとは裏腹に乗りやすいストリートフラットバーロード Tern RIP

dscn9064

Ternブランドの自転車といえば、nodeやlink、vergeといった折り畳み自転車が有名だが、折り畳みではない自転車もラインナップしている。

tern RIPは、700cよりもひと回り小さい650cホイールを採用したストリートタイプのフラットバーロードバイク。アルミフレームはストリートで流行のエアロ形状を採用している。このようなストリートモデルは、ギアが一枚しかないピストタイプが一般的だが、ripはギアは一枚しかないピストとは違い、前シングルで後ろ8段となっているので、坂道や街乗りでは多段ギアがあるので便利だろう。ただ、ストリートタイプでスタイル重視のため、荷台や泥除けを装着するための台座はない。

ブレーキは、ロードバイクタイプのキャリパーブレーキを採用している。ギア比は前は44T、後ろは11-30Tとなっており、街乗り用途なら必要十分だろう。ホイール・タイヤは650×25Cとなっているが、最大サイズのみ700Cを採用しているらしい。

見た目とは裏腹に乗りやすいTern RIP

ストリート系のフラットバーロードのTern RIPに試乗することができたので軽く試乗してみた。このようなエアロ形状を採用したフレームは乗り心地が硬いイメージがある。しかし実際は普通で、Escape RX(旧型)のほうが硬いと思った。

車体の雰囲気は前傾姿勢がきつく感じるが、個人的には前傾姿勢は、このようなストリート系統のモデルとしては、意外ときつくない前傾姿勢となっている。但し通常のクロスバイクより前傾姿勢となっている。

理由はいくつかありハンドルとサドル間が短いということ、ハンドルに¥は通常のフラットハンドルではなく、アップしたライザーバーを採用しているため、見た目の雰囲気よりも前傾姿勢ではないのもあるのだと思う。

700cよりもひと回り小さい650Cを採用した車輪は、小柄な人でも乗車しやすく、見た目を良くするために車体設計できるのを売りにしている。一方で、650Cはタイヤのラインナップが少なく、良いタイヤが少ない、チューブがその辺の自転車店で売られていない問題がある。

http://ternbicycles.blogspot.jp/2016/03/650Cvs700C.html

荷台や泥除けを装着できずタイヤも太くするのはできないが、ストリートスタイルを採用し、このような自転車としては安価で比較的実用性もあるので、コンセプトを理解すれば悪くないだろう。

http://canowalk.exblog.jp/23134756/

 

 

今、話題の記事

NESTOから身長145cmから190cmまで乗れるクロスバイク「VACANZE」登場

総合自転車メーカーのホダカは2月24日、スポーツサイクルブランド「NESTO」のクロスバイク「VACANZE (バカンゼ)」シリーズの 2021モデル「VACANZE 1」「VACANZE 2」を発売した。 新型のVACANZEシリーズは、小柄な人から大柄な人まで体格に合わせたクロスバイクに乗れるようにフレームの設計を一新。上下5cmずつ適応身長が広がり、145cmから190cmまでとなった。 また、フレームリア部には、NESTOのグラベルロードバイク・ロードバイクで採用実績がある振動吸収機構「FLEXOR(フレクサー)」を搭載。シートステーとチェーンステーを横扁平に加工することで、リア部が縦方向にしなり快適な乗り心地を生み出すのを謳っている。 タイヤは段差の衝撃を吸収するやや太めの「32Cタイヤ」を採用。他にもVACANZE1にはベル・リフレクター・スタンド・ライトが付いてくる。 Youtubeでは、NESTO サポートアスリート「安田大サーカス団長安田」がVACANZEと一般的なシティサイクルの違いを検証するスペシャルムービーを公開している。価格はVACANZE 1が4万7000円(税抜、以下同)。VACANZE 2が4万円。 VACANZE 1製品情報 希望小売価格 47,000円(税抜) 適応身長 380mm(145-162cm)、440mm(160-175cm)、500mm(173-190cm) カラー レッド、マットブラック、ホワイト、ブルー(440、500mmのみ)、 マットガンメタル(440、500mmのみ) 重量 10.1kg (500mm、付属品・保安部品除く) 付属品 ライト、ベル、リフレクター、キックスタンド、バルブアダプター、ペダル 取扱店舗...

強くて軽い自転車用ロック「TiGr Lock BLUE」の小型版「TiGr Lock BLUE mini」が登場

アドベンチャーエイドは2月23日、自転車用鍵「TiGr Lock BLUE」の小型版「TiGr Lock BLUE mini」を発表。クラウドファンディングサイトで先行販売する。 タイガーロックは自転車盗難を、より頑丈でより軽量な自転車ロックで未然に防ぐことを目指し、従来までは自転車用ロックに使用されることの無かった素材で製作することに挑戦している。軽くて頑丈をコンセプトに作っており、一枚の金属板を折り曲げ加工で作られたフレームは国際デザイン賞「reddot」を受賞。 「TiGr Lock BLUE」は、素材をチタンから硬化ハイカーボンブルースチールに変え、さらに切断に強く頑丈に生まれ変わったモデル。 TiGr Lock BLUEの名前の元にもなっているブルースチールは、金属の酸化焼き入れ処理の事を表している。 使用している硬化ハイカーボンスチールは硬度50HRC以上、今までのチタン合金は30HRCとなっている。参考として身近なステンレス金属のSUS304(多くのスプーンや台所のシンクの素材に使用されています)は20HRCほど。引張強度はステンレス金属のSUS304では75,000PSIだが、硬化ハイカーボンスチールは3倍以上の230,000PSIとなっている。 また、金属の強度を上げるために、熱した金属の温度を水などで一気に下げ、金属の硬度が増し、再度低い温度で焼き戻しを行うことで調整を行う焼き入れ焼き戻し処理を実施。 これにより、ワイヤーカッターや糸鋸でも切断は難しいのを謳っている。施錠可能範囲は137ミリ×約200ミリ。価格は1万4278円(税込)で、スペックは以下の通り。 重さ:431グラム 付属品:キー2個、専用マウントホルダー 素材:硬化ハイカーボンスチール 生産国:アメリカ合衆国 予定販売価格:14,278円(税込) また、先行販売キャンペーンでクラウドファンディングサイト「マクアケ」を実施する。最大30パーセントオフでの販売や既存ユーザーに向けた割引プランも用意している。 関連リンク アドベンチャーエイド タイガーロックミニブルー 先行販売サイト

トーキョーバイクが新モデル「TOKYOBIKE LEGER (レジェ) 」登場 またがりやすいフレームと、リラックスした乗車姿勢が売りのシングルスピードバイク

トーキョーバイクは2月26日、新モデル「TOKYOBIKE LEGER(レジェ)」を2021年3月12日(金)に発売すると発表した。 TOKYOBIKEは東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車、「トーキョーバイク」を2002年に発売している事で知られている。 今回、新たに登場した「TOKYOBIKE LEGER (レジェ) 」は、「軽快に走る自転車に買い替えたいけど、ママチャリにしか乗ったことがなくどれを買ったらいいかわからない」「スポーツバイクは価格も高く、扱いも難しそう」といった層へ向けて作られた自転車。 車体はまたぎやすいスタッガードフレームで、服装を問わず乗り降りしやすく、ハンドルバーはやや手前に曲がった、アップタイプのハンドルで、リラックスして街の風景をゆったり楽しめる。ギアは変速のないシングルギアで、チェーンは錆びにくいタイプを採用している。そしてTOKYOBIKE LEGER発売に合わせて特設サイトを公開している。価格は5万2800円(税込)。 製品名:TOKYOBIKE LEGER(トーキョーバイク レジェ) 発売日:2021年3月12日(金) / 予約開始日:2021年3月1日(月) 展開店舗:全国の取扱店、直営店各店、トーキョーバイクオンラインストア 価格:52,800円(税込) カラー:全6色(ブルージェイド、アイボリー、モスグリーン、ブラック、ベージュレッド、ブルーグレー) フレームサイズ: S(42cm) M(50cm)  目安の適応身長:S(145~165cm) M(160cm~) 本体重量: 11.6kg (Mサイズ) タイヤ: 26×1.15HE ブラック/アイボリーサイド チューブ: 英式バルブ 変速: シングルギア(フロントギア44T/リア18T) フレーム/フォーク: フルクロモリ ハンドル: プロムナードハンドルバー 関連リンク TOKYOBIKE LEGER 特設サイト:https://leger.tokyobike.com/ 特設ジャーナル:https://tokyobike.com/journal/product-tokyobike-leger/

自転車漫画関連

【自転車漫画】サイクル。/ナイトロバンビまとめ【随時更新】

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」をまとめた記事のまとめです。 Part1~ https://www.cyclorider.com/archives/23348 https://www.cyclorider.com/archives/23443 https://www.cyclorider.com/archives/23575 https://www.cyclorider.com/archives/23692 https://www.cyclorider.com/archives/23744 https://www.cyclorider.com/archives/23837 https://www.cyclorider.com/archives/23997 https://www.cyclorider.com/archives/24082 https://www.cyclorider.com/archives/24178 Part10~ https://www.cyclorider.com/archives/24416 https://www.cyclorider.com/archives/24522 https://www.cyclorider.com/archives/24739 https://www.cyclorider.com/archives/24974 https://www.cyclorider.com/archives/25088 https://www.cyclorider.com/archives/25183 https://www.cyclorider.com/archives/25323 https://www.cyclorider.com/archives/25454 https://www.cyclorider.com/archives/25585 https://www.cyclorider.com/archives/25658 Part20~ https://www.cyclorider.com/archives/25756 https://www.cyclorider.com/archives/25866 https://www.cyclorider.com/archives/25927 https://www.cyclorider.com/archives/26048 https://www.cyclorider.com/archives/26272 https://www.cyclorider.com/archives/26565 https://www.cyclorider.com/archives/26940 https://www.cyclorider.com/archives/27437 https://www.cyclorider.com/archives/30164 https://www.cyclorider.com/archives/30415 Part30~ https://www.cyclorider.com/archives/30858 https://www.cyclorider.com/archives/31113 https://www.cyclorider.com/archives/31248 https://www.cyclorider.com/archives/31927 https://www.cyclorider.com/archives/32059 https://www.cyclorider.com/archives/32431 https://www.cyclorider.com/archives/32609 https://www.cyclorider.com/archives/32801 https://www.cyclorider.com/archives/32950 https://www.cyclorider.com/archives/33294   Part40~ https://www.cyclorider.com/archives/33629 https://www.cyclorider.com/archives/35310 https://www.cyclorider.com/archives/35437 https://www.cyclorider.com/archives/36649 https://www.cyclorider.com/archives/37362 https://www.cyclorider.com/archives/38221 https://www.cyclorider.com/archives/38998 https://www.cyclorider.com/archives/39522 https://www.cyclorider.com/archives/39839 https://www.cyclorider.com/archives/41086 Part50~ https://www.cyclorider.com/archives/41480 https://www.cyclorider.com/archives/41986 https://www.cyclorider.com/archives/42571 https://www.cyclorider.com/archives/43650 「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」   https://www.cyclorider.com/archives/26996 スペシャル版   https://www.cyclorider.com/archives/24846 https://www.cyclorider.com/archives/32217 ナイトロバンビで分かるシリーズ https://www.cyclorider.com/archives/24058 https://www.cyclorider.com/archives/31583 Amazon Kindle版 https://www.cyclorider.com/archives/34214

【自転車漫画】千と千尋の神隠しのモデルへGO!四万温泉のせちゃり旅(#チャリと来た)

旅行するのなら、観光地や地域の特産品等、何かしらの目的を決めて行くと面白い。目的は人によって様々で、筆者の場合はサイクリングコースや峠などの道をメインに決めてサイクリングを楽しんでいる。さえこ🚴輪行女子(@rinkosaeco)さんは、Twitterで自転車旅行漫画を公開しており、様々な地域を自転車旅行している。今回は千と千尋の神隠しの舞台となったと言われている、群馬県四万温泉を目的地にした日帰り自転車旅行「四万温泉のせちゃり旅」を紹介。 今回の目的地は、群馬県にある四万温泉。千と千尋の神隠しのモデルになったと言われている積善館に行く日帰り自転車旅行だ。東京からJR高崎線に乗り、終点の高崎では、からは吾妻線に乗り換えだ。このときの吾妻線はオレンジと緑色の2色に塗り分けられた懐かしの湘南色の列車。ドアは手で開ける非常に珍しい方法を採用していたようだ。 中之条駅ではSuicaに対応していなく(現在はSuica対応とのこと)田舎の洗礼に合ったようだ。そして、四万温泉まで折り畳み自転車(Brompton)で行こうとするが、四万温泉までは殆ど上り坂で道も狭く、店は無くて非常に大変とのこと。 しかし、実際に走ってみると、多少のアップダウンはあるが殆ど平坦なので、楽に走ることができたようだ。 四万温泉まで行く途中には、ダムや四万の甌穴群があったが、千と千尋の神隠しと関係する物と言えばメロディーロードだ。これは、道路に凹凸がついており、自動車がその上を走ると、タイヤの摩擦音が音楽のように聞こえる道路のこと。このメロディーロードは千と千尋の神隠しのテーマ曲となった「いつも何度でも」が聞こえるようだ。場所についてはhttp://www.kirara.ne.jp/melody-line/で見ることができる。 道が良く特にトラブルも無かったため、予想よりも早く四万温泉に到着。そこで、お目当ての温泉に行く前に「柏屋カフェ」でお茶をすることに。昭和レトロの民家を改装したカフェの名物は温泉マークカプチーノで少しビターな味のようだ。公式サイトを見ると、二つの味が楽しめる柏屋カレーや日替わりパスタ、サンドイッチプレート、手作りスイーツもあるようだ。 柏屋カフェでお茶をした後は、お目当てである積善館へ。積善館の中や四万温泉街、奥四万湖などの詳しい内容はチャリと来た。の四万温泉・聖地巡礼のせちゃり旅からどうぞ。 四万温泉を気軽に回るためのヒント 今回の折り畳み自転車+公共交通機関を使う「のせちゃり旅」を行う場合、輪行できる高速バスが無いため鉄道を使うのがベストだ。特急列車に関しては上野⇔長野原草津口を走る「草津」があり、中之条駅まで約2時間で走るとのこと。 自転車を持っていない、持ち運ぶのが面倒な場合、四万温泉でレンタサイクルを借りるのも1つだ。四万温泉にある「レンタ四万の駅」では電動アシスト自転車がレンタルできる。料金は1時間500円。1泊なら3000円。 住所: 群馬県吾妻郡中之条町四万4237-48 営業時間:9:00~18:00 不定休 URL:https://www.facebook.com/shimaonsenlove/ 四万温泉・聖地巡礼のせちゃり旅で登場した場所まとめ 中之条ダム 住所:群馬県吾妻郡中之条町 URL:http://www.pref.gunma.jp/06/q1300021.html 国道353号線「メロディーライン」 URL:https://www.kirara.ne.jp/melody-line/ 四万の甌穴郡 住所:群馬県吾妻郡中之条町四万3520 URL:http://www.ouketsu.net/ 四万温泉 柏屋カフェ Kashiwaya Cafe 住所: 群馬県吾妻郡中之条町四万4237-45 営業時間:10:00-17:00(16:30ラストオーダー)定休日 なし(※ 臨時休業となる場合があり) URL:https://www.onsen-cafe.com/ 積善館 住所: 群馬県吾妻郡中之条町四万温泉 営業時間(日帰り入浴):11:00~16:00(17:00まで入浴可能) URL:http://www.sekizenkan.co.jp/ 奥四万湖 住所:群馬県吾妻郡中之条町四万 ...

【自転車漫画】赤い水玉ジャージは可愛いだけじゃない「サイクル。」Part36

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は赤い水玉ジャージなどの内容となります。   この投稿をInstagramで見る   【サイクル。】赤い水玉 〔1/2〕 すんません、1ページ入れ忘れで再投稿です #イラスト #イラストレーター #漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #サイクリング #サイクリング女子 #サイクリング日和 #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク漫画 #ロードバイク乗り #illustration #illustrations #コミック...