MTB セミファットバイク ファットバイク 自転車試乗・インプレッション

MTBのタイヤ幅の違いで走りはどの位変わるのか 27.5インチMTB、27.5+MTB、ファットバイクを比較する

マウンテンバイクのタイヤ幅と言えば、大体2インチ(約5cm)が一般的だったが、4インチ(10cm)クラスのファットバイクが登場してから、様々なタイヤ幅が登場している。近年の特徴では2.8インチクラス(約7cm)の+規格が登場し注目されている。

今回、東京の某イベントで、27.5×2.2インチの27.5インチMTB「GT Avalance Elite」27.5×2.8インチの27.5+MTB「GT PANTERA Elite」26×4.0インチのファットバイク「Charge Cooker」に多少乗ることができたので、素人的に簡単な違いをまとめてみた。

27.5インチMTB「GT Avalance Elite」と、27.5+MTB「GT PANTERA Elite」の違い

dscn9019

写真右の自転車は、27.5+規格のGT PANTERA ELITEで27.5×2.8インチタイヤを装備している。写真左の自転車は、27.5インチMTB「GT Avalance Elite」で、27.5×2.2インチタイヤを装備している。

GT Avalance EliteとGT PANTERA Eliteのタイヤ幅の違いは、スペック上では僅か0.6インチとなっている。しかしPANTERA Eliteのほうがグリップ力が高く、空気が多く入っていてクッションの良さが明確に分かった。27.5+のPANTERAはグリップ力が高く、従来のマウンテンバイクみたいに、コーナーを普通に曲がれる扱いやすさがあると感じた。

27.5+のPANTERAに乗った後に、27.5のAvalance Eliteに乗るとハンドリングが軽く感じ、グリップ力は下がった代わりに軽快になった。タイヤのグリップ力に頼るズボラな走りはしにくくなり、PANTERA Eliteでズボラな運転でクリアできた場所が、Avalance Eliteでは、前輪がスリップする場面があった。

個人的には安心感が高いマウンテンバイクがほしいのなら27.5+のPANTERA Elite、スピードや軽快性がほしいのなら27.5インチのAvalance Eliteだと思った。

27.5+MTB「GT PANTERA Elite」と26×4.0インチファットバイク「Charge Cooker」の違い

dscn9020

写真右はファットバイクのCharge COOKERでタイヤは26×4.0インチ。左は+規格のGT PANTERA ELITEで27.5×2.8インチ。

27.5インチMTB「GT Avalance Elite」と、27.5+MTB「GT PANTERA Elite」で大きく違うのなら、27.5+MTB「GT PANTERA Elite」と26×4.0インチファットバイク「Charge Cooker」の違いは大きい。ジャンルが違うのでまったく違う自転車だろう。

GT PANTERAがグリップ力が高いマウンテンバイクなのに対して、Charge COOKERは装甲車を運転している雰囲気があるファットバイクとなっている。

27.5+のPANTERAはコーナーを曲がる時、Avalanceのように軽快というわけではないが、通常の自転車のようにコーナーを曲がれるのに対して、ファットバイクのCOOKERはコーナーリングはやや重いと感じた。一方、太いタイヤでグリップ力が高くタイヤ幅が太いので、砂地や雪道も走れる利点がある。簡単に乗った限りでは27.5+のPANTERAはファットバイクとは考えが違う自転車だと思った。

個人的には、グリップ力が高いマウンテンバイクが欲しいのならPANTERA、マウンテンバイクではなくどんな道でも走れるファットバイクが欲しいのならCOOKERだろう。

八ヶ岳サイクリングでファットバイクに乗り雪道を走ってきた

特別特集(PR)

Special【PR】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【PR】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【PR】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 



-MTB, セミファットバイク, ファットバイク, 自転車試乗・インプレッション

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.